• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > BLOG > @kikuchiのドイツ時計見聞記 > ドイツ時計散歩② グラスヒュッテ

ドイツ時計散歩② グラスヒュッテ

 

ドイツ時計散歩

グラスヒュッテ

GLASHÜTTE

 

グラスヒュッテ駅前の交差点

グラスヒュッテ駅前の交差点。左の旧駅舎だった建物がノモス。反対側交差点角の古い建物がA.ランゲ&ゾーネだ。その後ろのモダンな建物がグラスヒュッテ・オリジナル。隠れて見えないがその真ん前にはチュチマもある

 

アドルフ・ランゲが興したドイツ時計産業の要衝“グラスヒュッテ”。最先端の時計製造技術を有する名だたる高級時計メーカーが立ち並ぶイメージとはうらはらに、その街は、かつて銀鉱山で栄えたという、四方を山々に囲まれた場所にひっそりとある。

 

グラスヒュッテ・ドイツ時計博物館

❶グラスヒュッテ・ドイツ時計博物館。かつてモリッツ・グロスマンが校長を務めていたドイツ時計学校だった建物だ

 

 グラスヒュッテを訪れたのは今回が2度目。1度目はもちろん本誌1号の取材のために出向いた昨年のことだ。前回のこのドイツ時計散歩で取り上げた“ドレスデン”は世界的にも有名な観光地のため訪れたことがある人も多いだろう。しかし、そのドレスデンからクルマで50分ぐらいの距離にあるここグラスュッテは、よっぽどの時計愛好家でなければ、まず来ることはないのではないか。それほど山深い場所にある小さな街である。
 
 グラスヒュッテについては仕事柄、A.ランゲ&ゾーネやグラスヒュッテ・オリジナル、そしてノモスと、日本でもよく知られるドイツメーカーの本拠がある街として以前から知ってはいた。しかも、5分も歩かないところにそれらの建物が存在するということも話としては聞いてはいたが、日本の感覚からしてイマイチ想像できないでいた。それが実際に訪れてみて、その言葉そのものだったことにまず驚かされた。
 
 次の写真をご覧いただきたい。これはいわゆるグラスヒュッテの駅前交差点の写真である。さすがに時計産業の街というだけあって、仕事中のためだろうか、日中はほとんど人の気配がない。そして、その中央を走る道路を境に左の建物がノモスだ。実はかつてのグラスヒュッテ駅の駅舎だった建物だというからスゴイ。日本ではぜったいに考えられないことである。その道路を挟んだ向かい側の交差点角に位置するのがA.ランゲ&ゾーネのかつての母屋(シュテムハウス)を復元した本社。現在の製造拠点は中央の道に沿ってさらに奥へと7〜8分歩けば右側に見えてくる。また、その後ろにあるモダンな建物がグラスヒュッテ・オリジナルである。つまり、実祭には5分どころではなかったのだ。しかも、この3社以外にもミューレ、ヴェンペ、チュチマ、ブルーノ・ゾンレー、ウニオン、ヘメス、そしてモリッツ・グロスマンとこの交差点を中心に計10メーカーが点在している。前号の本誌に掲載している配置図を参照してもらうとよりわかりやすいだろう。

 

グラスヒュッテ駅のホームから見たノモスの社屋

❷現在は無人駅となっているグラスヒュッテ駅のホームから見たノモスの社屋(右の建物)。もともとは駅舎だったためこのホームへは建物中央の通路を経由する
列車内の写真

❸ノモスの取材後、念願だった列車に乗ることができた。ドレスデンまでは7ユーロ80セント。直通はなく1度乗り換えるが、所要時間は約50分
グラスヒュッテで見つけたアンティークショップ

❹博物館横にあるアンティークショップ。グラスヒュッテにまつわる時計が多いのが特徴
A.ランゲ&ゾーネ製マリンクロノメーター

❺そのなかのひとつA.ランゲ&ゾーネ製マリンクロノメーター。6500ユーロで販売されていた

 

 その交差点を右折するとすぐ中央に見えてくるのがドイツ時計博物館(写真❶)。かつてのドイツ時計学校の校舎である。第2次世界大戦で一度は衰退した激動のグラスヒュッテ時計産業の歴史が時系列に展示されているのでとてもわかりやすい。ちなみにグッズのほか文献も販売されており、今回は日本ではなかなか手に入らない軍用時計の本を購入。
 
 さて、この博物館横(左の道沿い)にアンティークショップ(写真❹❺)があるのをご存じだろうか。実は昨年、偶然見つけたもののクローズドで入れず悔しい思いをしたため、このショップへの取材は今回のグラスヒュッテ訪問の目的のひとつでもあった。しかも今回アポなしの突撃取材だったが快く応じてくれた。昨年この地にオープンしたとのこと。やたらと声がでかくザクセン訛りがきつい(通訳さん談)店主だったが、結構気さくでグラスヒュッテらしい品揃えもなかなか魅力だった(詳細は10月刊行のロービート6号に掲載)。当地へ訪問の際はぜひ訪れてもらいたい。
 
 さて、グラスヒュッテの象徴のひとつとして忘れてはならないのが天文台(写真❻)である。かつてグラスヒュッテ時計産業の高い品質を支えるうえでなくてはならない存在だったが、第2次大戦後に東ドイツ圏となったことで状況は一変。その存在自体が忘れ去られ一度は朽ち果ててしまった。それをヴェンペが買い取り2006年に再建。現在はその建物のなかにはヴェンペの高級ラインの工房も併設されている。海抜410m、眼下にはグラスヒュッテの町並みを望み、その景観たるや実に美しく絵のようだ。クルマだと駅から10分もかからないぐらい。しかし、かなり勾配はきついので徒歩の場合はそれなりの覚悟が必要かもしれない。
 
 今回、3日間の取材だったが、うれしいことにグラスヒュッテ駅から念願だった列車(写真❸)に乗ることができた。便利なクルマもいいが、ときには列車の車窓からその地域の人々や生活を垣間見るのもやっぱり良いものだ。

 

グラスヒュッテ天文台

❻2006年に再建された現在のグラスヒュッテ天文台。海抜410mにあり眼下にはグラスヒュッテの街並み(写真左側)を見ることができる。天文台のドームは普段は閉まっているが特別に開けてくれたものだ

 

グラスヒュッテの街並み

❼旧グラスヒュッテ駅舎にあるノモスの本社とは別に、山側に建つムーヴメントの組み立て部門が入る建物から見たグラスヒュッテの街並み。山々の谷間に沿って広がっているのがわかるだろう
ツァイス製の天体望遠鏡

❽グラスヒュッテ天文台のドーム内に納められているツァイス製の天体望遠鏡
グラスヒュッテの紋章が配された標識

❾グラスヒュッテの紋章が配された標識。かつて銀鉱山だったことを表すハンマーとその下には時計産業を表す日時計が表現されている

 

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

 
時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」、近年では女性向けウオッチマガジン「ワッタイム」と、時計関連の雑誌を次々に生み出す。また、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のプロデューサーとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。GERMAN WATCH.jp編集長。

2018.04.01 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

「ドイツウォッチフェア 2018」がイセタンメンズ レジデンスで開催中

現在、ドイツ時計ブランドが伊勢丹メンズ館8階のメンズウオッチコーナーに集結。メンズ館ならではの独立時計師による少量生産のメーカーや、強いデザイン性を備えたメーカーの個性あふれる新作など、様々なドイツ時計の魅力を紹介している。

INFORMATION  

ジンから秋の新作情報(2モデル)が到着

プロユースな軍用パイロットウオッチや本格ダイバーズウオッチで知られるジンから、日本限定仕様となった秋の新作2モデルの情報が到着した。

NEW MODEL  

速報!“ルーメン”シリーズに最新作が登場

“暗がりでも表示を読み取れる”という明瞭なデザインコンセプトで生まれたA.ランゲ&ゾーネの“ルーメン”シリーズに、ダトグラフ・アップ/ダウンをベースにした新作が登場した。

NEW MODEL  

WATCH MEDIA ONLINEとの共同オフ会を実施

時計情報サイトWATCH MEDIA ONLINEとGERMAN WATCH.jpが合同でオフ会を開催することになりました。

INFORMATION