• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > INFORMATION > 〈ジン〉フェア& 新作受注会が開催

〈ジン〉フェア& 新作受注会が開催

ジン 新作と日本限定モデル

 

856をベースにした
日本限定モデルも初披露

 
 毎年恒例となっているジンのフェア&新作受注会が、新宿伊勢丹本館4階=ジュエリー&ウォッチのプロモーションスペースで、5月23日(水)より開催される。
 

 ここでは、スイスのバーゼルワールド2018においてジンが発表した新作はもちろん、50本のみの日本限定モデル856.BLUEも初披露。7月の発売に先駆けて、このフェアで受注を受け付ける。
 さらに、アフターサービスを担当する技術者によるジン テクノロジーの実演講座も必見だ。
 なおフェア期間中にジンの時計を購入したお客様には、4月に発売された世界で初めてのジンのマニュアルブック『MISSION TIMER 世界計測機器 Sinn』がプレゼントされるとのこと。
856.BLUE
サテン仕上げのケースと青墨を表現した文字盤を備える856の日本限定モデル。限定50本。37万8000円(7月発売)

 
 ジンのテクノロジーを実際に体感できるチャンスなので、興味がある人はぜひ足を運んでみよう。
 

<ジン テクノロジー実演講座>

2017年のフェアでも博した、ジンのアフターサービスを担当する技術者によるジン テクノロジーの実演講座が今回も行われる。時計を磁界にさらしたり、-45℃まで冷却したり、水に沈めたり、テギメント加工を施した時計ケースをひっかいたりと、ジンの独自技術の効果を時計を使って実際に体感できる。
ジンのテクノロジー
実施日:5月26日(土)・27日(日)・6月2日(土)の3日間
開始時間:各日14時〜

 

「〈ジン〉フェア& 新作受注会」

■開催期間/2018年5月23日(水)~6月5日(火)
■開場時間/10:30~20:00
■開催場所/伊勢丹新宿店 本館4階=ジュエリー&ウォッチ プロモーションスペース
東京都新宿区新宿3-14-1 TEL.03-3352-1111(大代表)
 

問い合わせ:ホッタ TEL.03-6226-4715 sinn-japan.jp

2018.05.22 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

“ウォルター・ランゲ・ウォッチメイキング・エクセレンス・アワード”優勝作品が決定

優れた時計師の育成を目的に、A.ランゲ&ゾーネが2010年より主催するコンテスト”ウォルター・ランゲ・ウォッチメイキング・エクセレンス・アワード”の2018年度優勝作品が決定した。

TOPICS  

DUFAの希少な日本未発売モデルを期間限定で特別販売

ドイツ時計“DUFA(ドゥッファ)”が日本未発売モデルを、時計専門クラウドファンディングサイト、“WATCH Makers”で発売開始した。

NEW MODEL  

BRAUNクロックに新型含め計6型の新色が登場

1921年にマックス・ブラウンによって、古き良き伝統を受け継ぐ街クロンベルグにラジオ部品の製造会社として誕生したBRAUN(ブラウン)。

NEW MODEL  

ジンの人気モデルに新色が追加

2013年の発表以来、ジンのパイロットウオッチの伝統的なスタイルを持ったコレクションとして人気を博している104シリーズに、2種類の文字盤カラーが追加された。

NEW MODEL