• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > INFORMATION > ヨルク・シャウアー氏の来日が決定!

ヨルク・シャウアー氏の来日が決定!

ヨルク・シャウアー

 

ウオッチビルダーに直接会える

 
“ハンドメイドは自分のアイデンティティである”という確固たる信念のもと立ち上げた自らのブランド“シャウアー”。
 そして、長らく休眠状態にあった老舗ブランドを復活させ、過去のモデルをベースにデザインを再構築したラインナップを展開する“ストーヴァ“の2ブランドでオーナー兼デザイナーを務めるヨルク・シャウアー氏が、6月8日(金)・9日(土)に来日することが決定した。
 
 今回の来日では、完成したばかりのストーヴァの新作お披露目に加え、東京の新丸ビル4階の時計店スピンドルでお客様をお迎えするというスペシャルな企画も予定。さらに同店でシャウアーまたはストーヴァの腕時計の購入者にはプレゼントも用意されているという。
 
 だが、一方でファンにとって残念なお知らせもある。なんとシャウアーの既存モデルの生産終了が決定したとのことである。今回の来日に合わせ、Edition 10、Edition 12、Klineといった代表作が限定数用意されるとのことだ。
 
Kline

Kline(レザーベルト仕様/23万7600円)、Kline(ミラネーゼブレス仕様/27万円)、各5点の限定

 
 シャウアー氏本人と直接触れあえ、そしてシャウアーブランドの時計を入れられる最後のチャンスとなるかもしれない、この機会をぜひ見逃さないでほしい。
 
<SCHAUER>(シャウアー)
1990年、ヨルク・シャウアー氏がオーダーメイドの時計工房としてスタート。自らを“ウォッチビルダー”と称し、彫金の技術を生かしハンドメイドにこだわって、製造工程の多くを手作業で行なっている。そうして生み出される腕時計は一見シャープなように見えて肌理の細かい、温かみのある質感が特徴である。
 
<STOWA>(ストーヴァ)
1927年ドイツ・フォルツハイムに創業。第2次世界大戦時にはラコやA.ランゲ&ゾーネなどとともに、旧ドイツ空軍にパイロット用ウオッチを納入していた老舗時計ブランド。70年代以降長らく休眠状態となっていたが、ヨルク・シャウアー氏がブランドを買収。8年の研究の末、2004年に販売を再開した。

 

■日時/2018年6月8日(金)・9日(土)
※シャウアー氏の滞在時間は公式ホームページにてお知らせします。
 
■場所/スピンドル新丸ビル店
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング4F
TEL.03-3211-5117
スピンドル新丸ビル店

 

問い合わせ:チックタック http://www.tictac-web.com/news/detail/?nid=390

2018.06.04 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

ランゲのスタッフが着けているモデルは?

今回は少し趣向を変えて、A.ランゲ&ゾーネの本社スタッフが実際に着用している時計を紹介。

TOPICS  

ノモスがバウハウス100周年の特別モデルを発表

来年2019年は、バウハウスの誕生100周年というアニバーサリーイヤーだ。これを記念し、ノモスからタンジェントをベースにしたバウハウス100周年のスペシャルエディションが発表された。

NEW MODEL  

独立系ドイツ時計、ステファン・クドケ氏のKaliber 1への想い

クドケと言えば、文字盤全面に繊細なエングレーブを施したスケルトンウオッチがコレクションの大半を占める、ドイツ時計メーカーのなかでもかなり個性的な独立系ブランドである。そんなクドケのオーナーであるステファン・クドケ氏が、去る8月24日に初来日を果たした。

NEW MODEL  

A.ランゲ&ゾーネがイギリスのクラシックカーイベントに初協賛

イギリスで年1回行われている“コンクール・オブ・エレガンス”というイベントをご存じだろうか。これは、希少な名車を愛する人々およびコレクターが世界中から集う、クラシックカーの一大イベントである。

TOPICS