• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > トーマス・ニンクリッツの伊勢丹メンズ館限定モデルが登場

トーマス・ニンクリッツの伊勢丹メンズ館限定モデルが登場

上質なオーダーストラップを組み合わせた特別仕様

 
 ドイツ発の本格機械式時計ブランド、トーマス・ニンクリッツのフラグシップモデルである“グランドセコンド”。
 なかでも日本特別注文モデルは、ブレゲ数字や玉ネギ型のリューズなど、通常モデルに比べより古典的な意匠を感じさせる仕上がりとなっており、好評を博している。

 今回、この日本特別注文モデルのストラップに、ハンドメイドのオーダーストラップ専門店アーネストギャラリーの、しなやかで装着感の高いグラマラスシェイプのアリゲーターを採用した伊勢丹メンズ館限定モデルが登場する。ストラップのカラーはブラックを基調に伊勢丹メンズ館の象徴ともいえるブラックウオッチ柄をモチーフに、グリーン、レッド、ブルーを取り入れたオーダーならではの仕様。6月20日(水)より発売が開始される。

 

グランドセコンド 伊勢丹メンズ館限定モデル
グランドセコンド 伊勢丹メンズ館限定モデル

 

グランドセコンド 伊勢丹メンズ館限定モデルのサイド
ストラップは手首に沿うように大きくカーブさせている
ストラップの拡大画像
裏面と遊革には英国クレイトン社のブリティッシュグリーンのブライドルレザーを使用

 
 ドイツと日本の職人技のコラボレーションをぜひこの機会にお楽しみいただきたい。
 

【EARNEST GALLERY/アーネストギャラリーとは】

下北沢に工房を構えるハンドメイドのオーダーストラップ専門店。オーナーである職人の金森氏は、独学でストラップ製作を学び、独自の手法を織り交ぜてストラップを製作している。彼が生み出す腕のカーブに沿ったストラップは“グラマラスシェイプ”と呼ばれ、素材自体が持つ生命を感じさせる仕上がりと高い装着感が魅力となっている。また、入手困難なエキゾチックレザーなど、素材、色を豊富に取り揃えている。
 
住所/東京都世田谷区北沢3-17-3-101 Tel.050-1406-7883
開店時間/11:30〜19:00(火曜・祭日定休)

 

グランドセコンド スペシャルエディション
<伊勢丹メンズ館限定モデル>

SS(42mm径)。日常生活防水。手巻き(Cal.TN200/UNITAS ETA 6498-1ベース)。48万6000円


 
 

問い合わせ:新宿・伊勢丹メンズ館店 TEL.03-5369-2323

2018.06.19 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

ランゲ1の25周年アニバーサリーコレクション第6作

ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第6作は、実用的なムーンフェイズ機構を搭載したランゲ1・ムーンフェイズを、ホワイトゴールドケースに収めブルースチール針を添えた、25本限定モデルだ

NEW MODEL  

ノモス・グラスヒュッテ社副社長が日本限定モデルを引っさげて来日

去る6月6日、GINZA SIX(ギンザシックス)にある銀座蔦屋書店において、ノモス・グラスヒュッテ2019年新作モデルの発表会が開催された。それに合わせて、本国ノモス・グラスヒュッテ社から副社長であるメルリン・シュベルトナー氏が来日。筆者はドイツ取材時に会って以来4年振りだったこともあって、今回は単独取材の時間を取ってもらい、新作について直接話を聞いた。

NEW MODEL  

【2019年新作】豊富な意匠で展開される個性的な1針ウオッチ

古い日時計のようにゆったりとした時間の流れを表現するため、シングルハンドにこだわった機械式モデルを展開するマイスタージンガー。

NEW MODEL  

高品質な仕上がりながら価格を抑えたチュチマの戦略モデルがすごい

2008年に創業地であるグラスヒュッテへと帰還を果たしたチュチマ・グラスヒュッテは、これを機に自社ムーヴメントの開発に乗り出した。

NEW MODEL