• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > ドイツを代表するライカ社が腕時計を発表

ドイツを代表するライカ社が腕時計を発表

ライカカメラ

 

ジャーマンメイドにこだわった“L”コレクション

 
 6月13日、カメラの製造で有名なライカ社が腕時計市場に参入するとの発表がなされた。
 発表されたのはデイト表示とパワーリザーブ表示を備えるベーシックモデル“L1”と、これに第2時間表示を加えた“L2”の2作。今回のタイミングでは、時計の写真をお見せできないのは残念だが、デザインは、長年ライカカメラの設計に携わったAchim Heine教授によるもの。部品などはシュヴァルツヴァルト地方のサプライヤーから提供を受け、“メイド・イン・ジャーマニー”にこだわったモデルになるという。
 
 特筆すべきは、レーマン・プレシジョンウーレン社と共同開発した手巻きの自社製ムーヴメントを搭載している点である。ちなみにこのレーマン・プレシジョンウーレン社は、先日、ドイツ時計の気鋭ブランドとして当サイトでも取り上げたばかりなので、気になる人はこちらもチェックしてもらいたい。
 
“自社製ムーヴメント”という点だけでもすごいが、さらにユニークな操作機構も与えられているというから驚きだ。
 そのユニークな機構とは、時間合わせを行う際にリューズを押して、巻き上げ機構と切り離した状態で行うというもの。設定後、もう1度リューズを押すと、秒針が12時位置に戻るゼロリセット機構も搭載するため、つまりより正確な時刻合わせが可能になっているというわけだ。また2時位置のプッシュボタン操作で日付けの早送り機能も備える。
 
 なお本作のローンチは年内で、日本上陸も予定されているとのこと。
 その他については詳細がわかり次第、続報をお届けしたい。

 

2018.06.20 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

ランゲのスタッフが着けているモデルは?

今回は少し趣向を変えて、A.ランゲ&ゾーネの本社スタッフが実際に着用している時計を紹介。

TOPICS  

ノモスがバウハウス100周年の特別モデルを発表

来年2019年は、バウハウスの誕生100周年というアニバーサリーイヤーだ。これを記念し、ノモスからタンジェントをベースにしたバウハウス100周年のスペシャルエディションが発表された。

NEW MODEL  

独立系ドイツ時計、ステファン・クドケ氏のKaliber 1への想い

クドケと言えば、文字盤全面に繊細なエングレーブを施したスケルトンウオッチがコレクションの大半を占める、ドイツ時計メーカーのなかでもかなり個性的な独立系ブランドである。そんなクドケのオーナーであるステファン・クドケ氏が、去る8月24日に初来日を果たした。

NEW MODEL  

A.ランゲ&ゾーネがイギリスのクラシックカーイベントに初協賛

イギリスで年1回行われている“コンクール・オブ・エレガンス”というイベントをご存じだろうか。これは、希少な名車を愛する人々およびコレクターが世界中から集う、クラシックカーの一大イベントである。

TOPICS