• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > TOPICS > ドイツ時計の魅力を再考する<ノモス>

ドイツ時計の魅力を再考する<ノモス>

アホイ ネオマティック シグナルブルー

アクアシリーズ アホイ ネオマティック シグナルブルー

既存モデルをベースにスモールセコンドにネオンオレンジを採用、インデックスにスーパールミノバを盛るなど、アクアシリーズではディテールに手が加えらた。また、文字盤はアクアホワイト、アトランティックブルーに加え、それまでノモスになかったシグナルレッド、シグナルブルーというカラーも登場した。
■Ref.AH130011SB2。SS(36.3㎜径)。20気圧防水。自動巻き(Cal.DUW3001)。48万6000円

 

NOMOS GLASHÜTTE

ノモス・グラスヒュッテ

 

使い勝手を突き詰めた
ノモス流スポーツウオッチ


 
 2015年に自社製の高精度薄型自動巻きムーヴメント、DUW3001を発表、以降その搭載モデルの充実に注力しているノモス。そして17年にはコレクション自体の充実が図られた。それが新しいアクアシリーズだ。
 新コレクションと言っても顔ぶれは以前からあるモデル。ノモスで唯一リューズガードを持つアホイ、そしてエントリーラインたるクラブをベースに新たに高い耐久性を持つテキスタイルストラップが与えられ、高い防水性を打ち出すスポーツウオッチとして仕立てられたコレクションだ。アホイはもともと20気圧防水だが、クラブはアクアシリーズのみ従来モデルより防水性がアップしている。
 
 使い勝手に優れる新しいアクアシリーズ。“キレイで機能的でリーズナブル”がモットーのいかにもノモスらしいコレクションだ。
 
Cal.DUW3001”

Cal.DUW3001
約3年の開発期間と250万ユーロの費用を投じて開発された自動巻きが、DUW3001である。薄さと高い巻き上げ効率を両立したほか、ガンギ車からヒゲゼンマイに至るまで自社生産したスウィングシステムは優れた精度をもたらした。なお左はテンプに安定性をもたらす両持ちの受け。自動巻き。直径28.8㎜、厚さ3.2㎜。27石。パワーリザーブ約42時間。毎時2万1600振動

 

クラブ 38 キャンパス ナイト

こちらは最も購入しやすいエントリーラインとしてリリースされた、リーズナブルな価格が魅力のクラブ 38 キャンパス。アラビア数字とローマ数字の2種を使用したインデックスやブルースーパールミノバ夜光、そしてベロアレザーストラップなど、こなれた価格とは裏腹に細部にまで、こだわりが貫かれている。
■Ref.CL1A1BL238CP。SS(38.5㎜径)。10気圧防水。手巻き(Cal.α)。19万4400円



 

問い合わせ:大沢商会 TEL.03-3527-2682 nomos-glashuette.com

 

2018.07.03 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

ランゲのスタッフが着けているモデルは?

今回は少し趣向を変えて、A.ランゲ&ゾーネの本社スタッフが実際に着用している時計を紹介。

TOPICS  

ノモスがバウハウス100周年の特別モデルを発表

来年2019年は、バウハウスの誕生100周年というアニバーサリーイヤーだ。これを記念し、ノモスからタンジェントをベースにしたバウハウス100周年のスペシャルエディションが発表された。

NEW MODEL  

独立系ドイツ時計、ステファン・クドケ氏のKaliber 1への想い

クドケと言えば、文字盤全面に繊細なエングレーブを施したスケルトンウオッチがコレクションの大半を占める、ドイツ時計メーカーのなかでもかなり個性的な独立系ブランドである。そんなクドケのオーナーであるステファン・クドケ氏が、去る8月24日に初来日を果たした。

NEW MODEL  

A.ランゲ&ゾーネがイギリスのクラシックカーイベントに初協賛

イギリスで年1回行われている“コンクール・オブ・エレガンス”というイベントをご存じだろうか。これは、希少な名車を愛する人々およびコレクターが世界中から集う、クラシックカーの一大イベントである。

TOPICS