• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > TOPICS > ドイツ時計の魅力を再考する<ミューレ グラスヒュッテ>

ドイツ時計の魅力を再考する<ミューレ グラスヒュッテ>

M29 クラシック クライネセクンデ

M29 クラシック クライネセクンデ

1800年代のXC精密計測機器をモチーフにしたM29クラシック。グラスヒュッテ産業を支えた精密計測機器メーカーらしく、実用性を重視した機能的な意匠に仕上がっている。
■SS(42.4㎜径)。10気圧防水。自動巻き(SW290-1ベース)。27万円

 
 

MÜHLE GLASHÜTTE

ミューレ グラスヒュッテ

 

実用性を追求した力作


 
 もともとは精密計測機器の製造メーカーに端を発するミューレ グラスヒュッテ。“時計はあくまで計測器である”という基本コンセプトのもと行われる、ドイツ時計らしい質実剛健な作りは、2014年に発表されたM29 クラシック クライネセクンデにも継承されている。
 
 13年発表のM29 クラシックのスモールセコンド仕様として登場したクライネセクンデは、1800年代に製作された精密計測機器がモチーフとなっており、実用を第一に、視認性や堅牢性が追求された精密計測機器ならではのディテールが腕時計に上手く落とし込まれている。
 

ミューレが精密機器の製造をはじめたのは1869年。そこで培った技術やノウハウをもとに、1995年から腕時計の製造が開始された



 
 細く丁寧に仕上げられた時分針は、精緻に描かれたインデックスにきっちりとリーチ。5分置きに設置されたレッドポイントや9時位置の赤い秒針、そしてマットな質感に仕上げられた文字盤といった、これらすべては視認性を追求した造形だ。さらにこうした精密計測機器らしいディテールはケースにも宿る。独特のシリンダー構造は、ケースフォルムに取り入れられ、優れた堅牢性を発揮。リューズガードも高さをもたせた設計で見た目にも頼もしい。加えてケースから伸びるラグは長く、手首を沿うように緩やかなカーブが付けられているため、装着感にも優れている。
 
 また、ミューレはムーヴメントにもこだわりをもった作り込みがなされているブランドとして知られている。クライネセクンデではセリタ社のSW290-1を、手作業によって徹底的にモディファイ。ローターやプレートの受けなどに自社製のパーツを用いて機能性と耐久性を高めている。
 

M29クラシックのムーヴメント
シースルーバック仕様とはなっているが、堅牢性を維持するためムーヴメントが見える部分は少なく、しっかりとネジ留めがされている
ミューレの作業風景
ミューレでは、汎用ムーヴメントに手作業によって大幅なモディファイを施し、機能性を強化

 

問い合わせ:SPINDLE新丸ビル店 TEL.03-3211-5117
www.neuve-a.net/TiCTAC

 

2018.07.08 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

「ドイツウォッチフェア 2018」がイセタンメンズ レジデンスで開催中

現在、ドイツ時計ブランドが伊勢丹メンズ館8階のメンズウオッチコーナーに集結。メンズ館ならではの独立時計師による少量生産のメーカーや、強いデザイン性を備えたメーカーの個性あふれる新作など、様々なドイツ時計の魅力を紹介している。

INFORMATION  

ジンから秋の新作情報(2モデル)が到着

プロユースな軍用パイロットウオッチや本格ダイバーズウオッチで知られるジンから、日本限定仕様となった秋の新作2モデルの情報が到着した。

NEW MODEL  

速報!“ルーメン”シリーズに最新作が登場

“暗がりでも表示を読み取れる”という明瞭なデザインコンセプトで生まれたA.ランゲ&ゾーネの“ルーメン”シリーズに、ダトグラフ・アップ/ダウンをベースにした新作が登場した。

NEW MODEL  

WATCH MEDIA ONLINEとの共同オフ会を実施

時計情報サイトWATCH MEDIA ONLINEとGERMAN WATCH.jpが合同でオフ会を開催することになりました。

INFORMATION