• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > ジンの注目作がいよいよ発売開始!

ジンの注目作がいよいよ発売開始!

103.SA.B.E

 

日本入荷は100本以下。
争奪戦必至のジン新作

 
 ジン2018年新作のハイライトが、伝統的なパイロットウオッチをベースに、文字盤とベゼルにクラシックブルーを与えた103.SA.B.Eである。
 
 新作は、文字盤とベゼルの両方に印象的なブルーを採用したジン史上初となるカラーリングという話題性もさることながら、モダンなテイストとヴィンテージ感が絶妙に融合した魅力的な仕上がりとなっており、発売前から大きな注目を集めていた。
過去紹介記事はこちら
 
 さて、今回改めてこの103.SA.B.Eにフィチャーしたのは、本作がいよいよ日本で発売されるとのニュースが届いたからだ(初回分は少し前に入荷しているが、ごく少量だったそう)。
 
 世界500本限定で、すでにドイツ国内分は完売。日本でも入荷すのは100本にも満たないとのことである。
 購入を検討されていた人はぜひお早めにご決断を。
 

INFORMATION


ブランド名 Sinn/ジン
モデル名 103.SA.B.E
ケース素材 ステンレススチール
ベルト素材 レザーまたはブレス
サイズ 41㎜(16㎜厚)
防水性 20気圧防水
ムーヴメント 自動巻き(Cal.ETA7750)
税込み価格 49万6800円(カウレザー仕様)
      52万9200円(ブレス仕様)
103.SA.B.Eの正面

 

問い合わせ:ホッタ TEL.03-6226-4715 sinn-japan.jp

2018.07.30 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

クドケ初の自社ムーヴメント搭載モデル“クドケ 1”が完成

クドケが2018年に完成させた初の自社ムーヴメント、カリバー1。このムーヴメントを搭載した新作“クドケ 1”がいよいよ発売される。

WHAT’S NEW  

マルコ・ラング氏が来日。国内の正規取り扱い店への巡業も

ノーブルスタイリングがラング&ハイネ(LANG & HEYNE)の取り扱いを開始してから、まもなく1年を迎えるにあたり、ラング&ハイネ総帥のマルコ・ラング氏が1年ぶりに来日し、取り扱い各店を巡回するトランクショーの開催が決定した。

TOPICS  

ドイツ時計の伝統と革新を探る<3/4プレート>

グラスヒュッテ時計の個性として知られる、通称3/4プレート。これはムーヴメントの4分の3を覆う、一体型の受けのことだ。ではなぜ、こういう形になったのか、疑問に感じたことはないだろうか。今回は、このグラスヒュッテ時計の象徴するディテールである、3/4プレートにスポットを当てる。

TOPICS  

ジンの注目作がいよいよ発売開始!

ジン2018年新作のハイライトである103.SA.B.Eが発売開始

WHAT’S NEW