• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > ノモスがバウハウス100周年の特別モデルを発表

ノモスがバウハウス100周年の特別モデルを発表

バウハウス・センチュリーのイメージ

 

NOMOS GLASHÜTTE

ノモス グラスヒュッテ

 

ミッドセンチュリーと融合したスペシャルエディション


 
 来年2019年は、バウハウスの誕生100周年というアニバーサリーイヤーだ。
 そもそもこのバウハウスとはどのようなものなのか、簡単におらさいすると、1919年にドイツ、ワイマールに設立された建築と美術に関する国立総合芸術学校で掲げていたデザインにおける教育理念を指す。詳しくは“HISTORY”でも取り上げているので、そちらをご覧いただきたい。
 バウハウスの精神は後に世界中のデザイナーに影響を与えたと言われる。後にアメリカで流行するミッドセンチュリーデザインなどは、まさにそれで、バウハウスで学んだデザイナーたちがアメリカに渡り広まったものである。
 
 いまもこの精神が受け継がれた腕時計は数多くあり、ドイツ時計を象徴するデザインコードのひとつだ。好例が、ノモスのタンジェントで、しばしば“バウハウス時計”とも呼ばれ、日本でも人気の高いコレクションだ。
 
 そんなノモスから、このアニバーサリーを記念し、タンジェントをベースにしたバウハウス100周年のスペシャルエディションが発表された。
 
バウハウス・センチュリー

バウハウス・センチュリー

 
 ホワイトの文字盤で洗練された雰囲気を強調した既存のタンジェントとは異なり、スペシャルエディションでは文字盤にベージュカラーを採用。さらにミニッツサークルに淡い差し色を加え、ミッドセンチュリーの雰囲気が演出された。ミニッツサークルのカラーはレッド、ブルー、イエローの3色で、3サイズ(33㎜、35㎜、38㎜)展開。各100本限定で販売される。絶妙なカラーリングもさることながら、小振りな3サイズ展開という点も見逃せない。
 非常に魅力的なモデルが残念なことにヨーロッパのみの取り扱いで、日本への入荷予定はないとのことである。
 
バウハウス・センチュリーの文字盤ベージュ文字盤の外周には、ミッドセンチュリーデザインを思わせるパステル系のカラーサークルを採用

 
バウハウス・センチュリーの裏

各100本の限定生産で裏ブタにシリアルを刻印。搭載ムーヴメントは自社製ではなく、手巻きCal.アルファである

 

2018.09.05 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

ランゲのスタッフが着けているモデルは?

今回は少し趣向を変えて、A.ランゲ&ゾーネの本社スタッフが実際に着用している時計を紹介。

TOPICS  

ノモスがバウハウス100周年の特別モデルを発表

来年2019年は、バウハウスの誕生100周年というアニバーサリーイヤーだ。これを記念し、ノモスからタンジェントをベースにしたバウハウス100周年のスペシャルエディションが発表された。

NEW MODEL  

独立系ドイツ時計、ステファン・クドケ氏のKaliber 1への想い

クドケと言えば、文字盤全面に繊細なエングレーブを施したスケルトンウオッチがコレクションの大半を占める、ドイツ時計メーカーのなかでもかなり個性的な独立系ブランドである。そんなクドケのオーナーであるステファン・クドケ氏が、去る8月24日に初来日を果たした。

NEW MODEL  

A.ランゲ&ゾーネがイギリスのクラシックカーイベントに初協賛

イギリスで年1回行われている“コンクール・オブ・エレガンス”というイベントをご存じだろうか。これは、希少な名車を愛する人々およびコレクターが世界中から集う、クラシックカーの一大イベントである。

TOPICS