• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > INFORMATION > WATCH MEDIA ONLINEとの共同オフ会を実施

WATCH MEDIA ONLINEとの共同オフ会を実施

 


ドイツ時計を語りながら
本格セットで撮影もできる


 
 来たる11月1日(木)に、、時計ユーザーによって運営される時計ユーザーのための情報サイト“WATCH MEDIA ONLINE”と本GERMAN WATCH.jpが、合同でオフ会を開催することになりました。
 今回は通常のオフ会とは一味違った趣向を凝らしています。
「時計オフ会と写真撮影は表裏一体」ということで、開催場所にプロフェショナルな物撮り用セットを組んで、ラグ周りへの映り込みや影などのかからない、美麗な時計写真撮影を満喫していただけるようにしました。
 ご自分の時計を心ゆくまで撮影してください!
もちろん参加無料です。
 
 合同オフ会となりますので、ドイツ時計についての座談などもできたら楽しいと考えておりますが、もちろん、ドイツ時計をお持ちでなくとも時計好きであればどなたでも大歓迎です。
 

日時:11月1日(木) 18:30〜
場所:赤坂近辺(会場の場所は個別にご連絡します)
予定人数:10名前後

 
 当日の流れとしては、18:30に会場に集合してご歓談&撮影(参加費用はかかりません)。
 予定では20時頃に中締めをして、その後は希望者による2次会(参加費用は人数割りとなります。また未成年は参加できませんことを、ご了承ください)に行ったりと考えております。
 
 

◆参加エントリー方法

参加をご希望の方は、10月26日(木)までに、WATCH MEDIA ONLINEの公式オフ会のツイッターアカウント(@WMO53125711)に参加希望の旨と撮影したいお手持ちの時計のモデル名をダイレクトメッセージで送信してください。
(※申し込みのご人数が予定数を超えた場合、抽選もしくは審査をする場合がございますことをご了承ください)。
26日(木)より順次ご連絡し、遅くとも29日(月)までにはすべてのお声がけを完了する予定です。

 

2018.10.21 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

ランゲ1の25周年アニバーサリーコレクション第6作

ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第6作は、実用的なムーンフェイズ機構を搭載したランゲ1・ムーンフェイズを、ホワイトゴールドケースに収めブルースチール針を添えた、25本限定モデルだ

NEW MODEL  

ノモス・グラスヒュッテ社副社長が日本限定モデルを引っさげて来日

去る6月6日、GINZA SIX(ギンザシックス)にある銀座蔦屋書店において、ノモス・グラスヒュッテ2019年新作モデルの発表会が開催された。それに合わせて、本国ノモス・グラスヒュッテ社から副社長であるメルリン・シュベルトナー氏が来日。筆者はドイツ取材時に会って以来4年振りだったこともあって、今回は単独取材の時間を取ってもらい、新作について直接話を聞いた。

NEW MODEL  

【2019年新作】豊富な意匠で展開される個性的な1針ウオッチ

古い日時計のようにゆったりとした時間の流れを表現するため、シングルハンドにこだわった機械式モデルを展開するマイスタージンガー。

NEW MODEL  

高品質な仕上がりながら価格を抑えたチュチマの戦略モデルがすごい

2008年に創業地であるグラスヒュッテへと帰還を果たしたチュチマ・グラスヒュッテは、これを機に自社ムーヴメントの開発に乗り出した。

NEW MODEL