• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > ジンから秋の新作情報(2モデル)が到着

ジンから秋の新作情報(2モデル)が到着

 
 

日本限定販売の本格ウオッチ

 
 プロユースな軍用パイロットウオッチや本格ダイバーズウオッチで知られるジンから秋の新作情報が到着。
 ジンは、ドイツ空軍のパイロットだったヘルムート・ジンがその経験を生かし、ドイツで時計づくりを始めたのが創業のきっかけ。“使うためだけの時計”という哲学のもと過酷な状況下での使用を想定し開発、製作されたジンの時計には、独自のテクノロジーが詰め込まれている。
 

【NEW MODEL 1】
海上自衛隊潜水艦隊に向けた50本限定の本格ダイバーズウオッチ

 
U2.J-SBF

 
 U2.J-SBFは、海上自衛隊潜水艦隊に向けて制作されたダイバーズウオッチで、ドイツ最新鋭の潜水艦“Uボート”に使われている鋼鉄をケースに採用した既存モデルU2.SDRをベースに開発された。黒を背景に赤や白を配し、深い海に潜った際に目立たない機能的なデザインを採用している。
 また、ケース素材のUボート・スチールは海水耐性の強さだけではなく、表面硬度が非常に高い。特殊結合方法で固定された回転ベゼルは、強い衝撃を受けても外れることはなく海中でも安心だ。さらに、ジン独自のドライテクノロジーによって突然の急激な温度変化に見舞われてもサファイアクリスタル風防が曇らないように作られている。防水性も高く、実際に2000メートルの耐圧テストをクリアしている実力を持つ。
 
U2.J-SBFの文字盤

3時位置にはドライテクノロジーのArマーク、6時位置には潜水艦隊のドルフィンマーク、9時位置には海上自衛隊と潜水艦隊の略号JMSDFとSBFが印字されている

 
 

【NEW MODEL 2】
ジンの856シリーズの日本限定の新作

 
856.BLUE

 
 856.BLUEは、2017年に誕生したサテン仕上げケースを採用した856シリーズの日本限定カラーだ。
 コックピット内のパイロットが時間を確認する際に使用するコックピットクロックのデザインを踏襲し、3・6・9・12のインデックスが強調されている。これは、空の上での極限状態で時間を確認する際の視認性を考慮したもの。また、高い防磁性能や放電腐食防止機能、ドライテクノロジーなど、ジンならではの本格機能もふんだんに盛り込まれている。
 そして、最大の特徴は日本限定デザインであること。856シリーズの基本モデルは、ステンレススチール製ケースがコックピット内で強い光を浴びた際に反射を抑えるため文字盤にサンドマット仕上げが施されるが、17年発表の限定仕様としてケースにヘアライン加工が施されたモデルが登場している。今作はそれに、書道や水墨画など日本の伝統芸術の世界でも人気があるダークブルーの文字盤が採用されている。
 
 どちらも日本限定、各50本限定販売なので、気になった方はお早目にお問い合わせを。
 
 

INFORMATION


モデル名 U2. J-SBF
ケース素材 Uボート・スチール
ベルト素材 シリコンストラップ
サイズ 直径44㎜×厚さ15.5mm
防水性 200気圧防水
ムーヴメント 自動巻き(Cal.SW300-1)
税込み価格 51万8400円

U2. J-SBFの正面

 

INFORMATION


モデル名 856.BLUE
ケース素材 ステンレススチール
ベルト素材 ステンレススチール
サイズ 直径40㎜×厚さ11mm
防水性 20気圧防水
ムーヴメント 自動巻き(Cal.SW300-1)
税込み価格 37万8000円

856.BLUEの正面

 
 

問い合わせ:ホッタ TEL.03-6226-4715
https://sinn-japan.jp

 

2018.10.26 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

「ドイツウォッチフェア 2018」がイセタンメンズ レジデンスで開催中

現在、ドイツ時計ブランドが伊勢丹メンズ館8階のメンズウオッチコーナーに集結。メンズ館ならではの独立時計師による少量生産のメーカーや、強いデザイン性を備えたメーカーの個性あふれる新作など、様々なドイツ時計の魅力を紹介している。

INFORMATION  

ジンから秋の新作情報(2モデル)が到着

プロユースな軍用パイロットウオッチや本格ダイバーズウオッチで知られるジンから、日本限定仕様となった秋の新作2モデルの情報が到着した。

NEW MODEL  

速報!“ルーメン”シリーズに最新作が登場

“暗がりでも表示を読み取れる”という明瞭なデザインコンセプトで生まれたA.ランゲ&ゾーネの“ルーメン”シリーズに、ダトグラフ・アップ/ダウンをベースにした新作が登場した。

NEW MODEL  

WATCH MEDIA ONLINEとの共同オフ会を実施

時計情報サイトWATCH MEDIA ONLINEとGERMAN WATCH.jpが合同でオフ会を開催することになりました。

INFORMATION