• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > BLOG > 新潟発! あなたが知らないドイツ時計 > 新潟発! あなたが知らないドイツ時計の普及に挑む!! 【2回】

新潟発! あなたが知らないドイツ時計の普及に挑む!! 【2回】

 
 

ドイツ人が知る、
ドイツの時計メーカー

 
こんにちは。
 
新潟県でドイツ時計をメインに扱っている
南雲時計店、店主の南雲達也です。
 
突然ですが、
ブログを読んでくださっている
皆様にクイズです!
 

『ドイツの国民ならだれでも知っている
時計メーカーはどこでしょうか?』


 
例えば・・・
日本に住む日本人の大人に、
日本で誰でも知っている時計メーカーを
教えてください。と
質問をしたら
どの時計メーカーが
多いと思いますか?
 
 
そうですね。
セイコーかシチズンが
2強で多いと思います。
 
最初のクイズ、
このGERMAN WATCH.jpの
僕、南雲達也のブログまで読む
ドイツ時計好きのあなたなら
知っているかも知れません。
 
ドイツに住むドイツ人に
ドイツの時計メーカーを
教えてください。と
質問をしたら
どんな時計メーカーが
多いと思いますか?
 
 
 
 
僕は毎年仕事で訪れるドイツで
そこに住むドイツ人に実際に聞いてみました。
 
ドイツの駅

 
それではクイズの答えです!
 
とても多かったのは

ユンハンス ロゴ
ドゥゲナロゴ

ユンハンス (JUNGHANS)
ドゥゲナ (DUGENA)
 
この2強でした。
 
あなたはユンハンスとドゥゲナを
知っていましたか?
 
2メーカーとも知っていたなら
さすが!あなたはかなりのドイツ通です。
 
何を隠そう、このドゥゲナ、
僕が5年かけて口説き落として日本に連れてきました。
ユンハンスもドゥゲナもドイツらしいシンプルさと
品質の高さで飽きの来ないスマートな大人の時計です。
 
知らなかった人はぜひ
ホームページを見て、
時計を見たり、その背景を知って
さらにドイツ通に磨きをかけて
いただきたいです。
 
今回は、現地のドイツ人に馴染みの
時計メーカーってどこなのか?
をご紹介しました。
 
これを知ることで、
皆さんのドイツ時計への関心を
より深めていただけたら嬉しいです。
 
 
 
 
さて次回はフランクフルトの
時計マニアが足しげく通う
時計メーカーを2つ
ご紹介いたします。
お楽しみに!
 
 

南雲達也

南雲 達也 – NAGUMO TATSUYA

 
ドイツ専門・南雲時計店 代表取締役
南雲時計店公式ホームページ
ドゥゲナ公式ホームページ
ギナーン公式ホームページ

2018.11.02 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

ランゲ1の25周年アニバーサリーコレクション第6作

ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第6作は、実用的なムーンフェイズ機構を搭載したランゲ1・ムーンフェイズを、ホワイトゴールドケースに収めブルースチール針を添えた、25本限定モデルだ

NEW MODEL  

ノモス・グラスヒュッテ社副社長が日本限定モデルを引っさげて来日

去る6月6日、GINZA SIX(ギンザシックス)にある銀座蔦屋書店において、ノモス・グラスヒュッテ2019年新作モデルの発表会が開催された。それに合わせて、本国ノモス・グラスヒュッテ社から副社長であるメルリン・シュベルトナー氏が来日。筆者はドイツ取材時に会って以来4年振りだったこともあって、今回は単独取材の時間を取ってもらい、新作について直接話を聞いた。

NEW MODEL  

【2019年新作】豊富な意匠で展開される個性的な1針ウオッチ

古い日時計のようにゆったりとした時間の流れを表現するため、シングルハンドにこだわった機械式モデルを展開するマイスタージンガー。

NEW MODEL  

高品質な仕上がりながら価格を抑えたチュチマの戦略モデルがすごい

2008年に創業地であるグラスヒュッテへと帰還を果たしたチュチマ・グラスヒュッテは、これを機に自社ムーヴメントの開発に乗り出した。

NEW MODEL