• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > SPECIAL > 彫金師ならではの魅力が凝縮されたクドケの日本限定モデル

彫金師ならではの魅力が凝縮されたクドケの日本限定モデル

クドケの日本限定1

 

KUDOKE

クドケ

 


日本限定モデルで
広がるクドケの世界


 
 時計師であると同時に優れた彫金師でもあるステファン・クドケ氏自らが立ち上げたドイツの独立系ブランド「クドケ(KUDOKE)」。スケルトンウオッチを得意とし、徹底して手作りにこだわった独創的なクリエイションで知られる。今回は、以前に紹介したスケルトンダイアルとはまたひと味違う、クドケ氏の彫金師ならではの魅力が凝縮された作品、セクターダイアルコレクションを紹介したい。
 
セクターダイアル

写真❶ セクターダイアルとは1930年代の短い期間にだけ見られた文字盤デザインの通称。中央に描かれた円から放射状に伸びるようにバーインデックスを設けたデザインを指す。アンティーク愛好家の間では東京都旗にも似ていることから別名“東京都ダイアル”とも呼ばれるなど人気は高い



 
 これは、かつて1930年代の短期間だけに存在した文字盤のデザインモチーフ(写真❶)で、アンティークウオッチ愛好家の間では、その希少性から高い人気を誇る、通称“セクターダイアル”をデザインとして採用したコレクションである。しかも、クドケの日本での輸入元であるシェルマンは、アンティークウオッチを長年取り扱い、愛好家からも高い信頼を得ている名店でもある。実はそのシェルマンから提案されたものなのだ。現在、バックオーダーを抱えるほどのクドケ氏だが「日本のユーザーのために」と快く引き受けてくれたという。そんなクドケ氏の特別な想いと優しい人柄が詰まった作品とも言えるだろう。
 
クドケの日本限定2

 
 クドケ氏はセクターダイアルを浮き彫りによって表現、マイクロスコープをのぞき込みながら、文字盤の素材である銀盤にデザイン要素を自らが手作業で一つひとつ直接彫り込んでいく、まさに失敗は許されない一発勝負。高い技術力と集中力が求められるうえ、とても時間と手間のかかる作業だ。そして、手作業ゆえに個体差が微妙に現れることから、厳密に言えばひとつとして同じものが存在しない。1点ものというこの特別感も大きな魅力のひとつなのである。そんなシェルマンだけでしか買えない希少な限定コレクション、ぜひ実機を見てその繊細な作り込みを実感してみてほしい。
 
(文◎菊地吉正)
 
 
セクターダイアル

セクターダイアル

クドケが最初に手掛けたセクターダイアル。デザイン要素を銀盤に直接彫りこんでいく様は、彫金師であるクドケ氏だからこそ成せる技。同じものが二つと存在しない、まさに美術工芸品だ。SS(42㎜径)。5気圧防水。手巻き(ユニタス6498ベース)。91万8000円

 
セクターダイアルスケルトン

セクターダイアルスケルトン

セクターダイアルの2ndバージョン。6時位置から9時位置にかけて部分スケルトン化されているのが特徴。繊細なエングレーブと全体をピンクゴールドメッキしたムーヴメントが独特の存在感を放つ。SS(42㎜径)。5気圧防水。手巻き(ユニタス6498ベース)。102万6000円

 
 

問い合わせ:シェルマン TEL.03-5568-1234
www.shellman-online.jp

 

2018.11.09 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

激レアな限定モデル。松本零士氏の生誕80年記念モデルが誕生

機械式時計愛好家としても知られる日本漫画界の重鎮・松本零士氏。同氏が80歳を迎えた記念に、栃木の時計店カマシマからの提案で記念モデルが製作された。

NEW MODEL  

ノモスが2018年度のジュネーブ時計グランプリ「チャレンジ」部門賞を受賞

2018年度のジュネーブ時計グランプリ「チャレンジ」部門でノモスのタンジェントが受賞した。

INFORMATION  

A.ランゲ&ゾーネを象徴する第1号ブティックがリニューアル

A.ランゲ&ゾーネを象徴する第1号ブティックが、ノイマルクト広場に新築されたパレ・シティ・ワンに移し、売場面積176平米のゆったりとした空間と新しいデザインコンセプトで生まれ変わった。

TOPICS  

「ドイツウォッチフェア 2018」がイセタンメンズ レジデンスで開催中

現在、ドイツ時計ブランドが伊勢丹メンズ館8階のメンズウオッチコーナーに集結。メンズ館ならではの独立時計師による少量生産のメーカーや、強いデザイン性を備えたメーカーの個性あふれる新作など、様々なドイツ時計の魅力を紹介している。

INFORMATION