• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > BRAUNクロックに新型含め計6型の新色が登場

BRAUNクロックに新型含め計6型の新色が登場

 
 

定番として愛されるクロックの新色

 
 1921年にマックス・ブラウンによって、古き良き伝統を受け継ぐ街クロンベルグにラジオ部品の製造会社として誕生したBRAUN(ブラウン)。
 モダンデザインが世に産声を上げた1950年代に、創業家2代目当主のエルヴィン・ブラウンは「デザインは古き良きイギリス執事のように控えめだが、必要な時にはいつもそばにいる家庭機器が我々の理想だ」と述べ、家電デザインに革命を起こした。以降、ブラウン社の家電製品は、すべてのデザインは機能から優先される“機能主義”を一貫している。
 
 そんな同社のデザインチームを1950年代〜90年代にかけて牽引したのが、巨匠ディーター・ラムスである。彼が生み出した500を超える作品のなかで、クロックの代表作と言えるのが、1990年に登場したアラームクロックAB5である。
 この意匠を忠実に再現し、今日、定番として愛されているBC01に白黒反転カラーを採用した新色が追加される。
 
BC01

ホワイトフェイス×ブラックケースは、パンダのような見た目でかわいらしい印象であり、他方ブラックフェイス×ホワイトケースは、白の柔らかい雰囲気をフェイスのブラックがきりっと引き締めている。
(左)Ref.BC01BW。(右)Ref.BC01WB。ともにプラスチック(幅69㎜×高さ69㎜×奥行37㎜)。クォーツ。各5184円(4月以降発売)

BC01の上部

 
 
 さらにもうひとつ、視認性を高めるために配置された秒針のイエローとアラーム針のグリーンの定番カラーリングは踏襲しつつも、輪切りしたようなころっとしたフォルムがユニークな新作BC12も登場。こちらはホワイトとブラックの単色、そして反転カラーの計4色で展開される。
 
BC12

(上左)Ref.BC12B。(上右)Ref.BC12BW。(下左)Ref.BC12W。(下右)Ref.BC12WB。ともにプラスチック(幅75㎜×高さ75㎜×奥行35㎜)。クォーツ。各5184円(4月以降発売)

BC12の上部

 
 

問い合わせ:アイ・ネクストジーイー TEL.03-5496-4317
http://www.br-time.jp

 

2019.02.05 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

バウハウス100周年を記念したストーヴァの日本限定モデル第2弾が発売

ストーヴァが2018年末に第1弾を発売し大好評だったバウハウス100周年記念・日本限定モデルの第2弾を発表した。

NEW MODEL  

25周年アニバーサリーコレクション第8作はランゲ1の自動巻きモデル

8月2日、A.ランゲ&ゾーネが後援しているドイツ郊外の古城で開催されるクラシックカーショーで、ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第8作が発表された。

NEW MODEL  

ランゲ1よりも大きくて薄い、25周年アニバーサリーコレクション第7作

アニバーサリーモデルの第7作は、独特のダイアルデザインそのままに、サイズアップさせたグランド・ランゲ1がベースだ。

NEW MODEL  

ランゲ1の25周年アニバーサリーコレクション第6作

ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第6作は、実用的なムーンフェイズ機構を搭載したランゲ1・ムーンフェイズを、ホワイトゴールドケースに収めブルースチール針を添えた、25本限定モデルだ

NEW MODEL