• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > DUFAの希少な日本未発売モデルを期間限定で特別販売

DUFAの希少な日本未発売モデルを期間限定で特別販売

DUFA日本未発売モデル

 
 

ドイツを代表するクロックメーカーの
腕時計コレクション

 
 150年以上の歴史を持ち、1920年代にはクロックの製造で世界的にも名を馳せたドイツを代表するクロックメーカー、“DUFA(ドゥッファ)”。昨今は、老舗クロックメーカーのDNAを受け継ぎながらも、ドイツ近代のプロダクトデザインを語るうえで欠かせない存在であるデザイン教育機関“バウハウス”のデザイン哲学を取り入れた腕時計コレクションを展開し、存在感を増している。
 ただし、同社が展開するコレクションは、単にバウハウススタイルのミニマルで機能的なデザインなのではなく、近代デザインの発展に貢献した先人たちへのオマージュを込め、彼らにオマージュを捧げたデザインに仕上げているのが特徴だ。
 

日本未発売のレアモデルを、各10本限定で特別販売

 
 今回取り上げたのは、そんな“DUFA(ドゥッファ)”が時計専門クラウドファンディングサイト“WATCH Makers”で発売を開始した特別なモデル。
 モダニズムに影響を与えた、北欧の近代建築家“アルヴァ・アールト”に捧ぐパワーリザーブインジケーターを搭載した自動巻きモデルなのだが、なんとこのモデル。通常の時計流通では発売されていない、日本未発売のレアモデルなのだ。
 最大の特徴といえるのが、その独特な表示機構だろう。
 
ウオッチメーカーズ

 
 バウハウスの影響を感じさせるシンプルで見やすく無駄のないデザインをベースにしているのだが、12時位置にパワーリザーブインジケーター、3時位置に月表示、6時位置に日付け表示、9時位置に曜日表示と、文字盤の上下左右に小窓を設けてカレンダーやパワーリザーブを表示しているのだ
 
DUFA日本未発売モデル1

時計のラインナップは、バウハウスが唱えた “色彩論(色の三原色)”に敬意を表しイエロー・シアン・マゼンタの3つのカラーバリエーションを製作

 
DUFA日本未発売モデル2

12時位置のパワーリザーブインジケーターと中央にセッティングした秒針のカラーリングを統一したことで、無駄を一切省いたシンプルな文字盤に、ビビットなカラーがアクセントを加えている

 
 ムーヴメントは日本を代表する時計メーカー、シチズン傘下のミヨタ社製の自動巻きキャリバーを採用。そのなかでも上位機種にあたるCal.9100を搭載しており、様々な機能を搭載していながら高い信頼性を誇る。また時計の裏ブタはシースルーバック仕様になっており、ブランドロゴをデザインしたオリジナルのローターの動きや、規則的に駆動するテンプの動きを楽しむことができる。
 
DUFA日本未発売モデル3

 
 製造数の少ない日本未入荷モデルのため、現在この時計を手に入れることができるのは“ウオッチメーカーズ”のみ。ぜひこの機会にチェックしてみてはいかがだろうか。
 

アールト オートマチック
パワーリザーブ
NAVY BLUE×VCAMEL

■Ref.9024-02。ステンレススチールケース、レザーストラップ。ケース径42mm、厚さ13.5mm。3気圧防水。自動巻き(Cal. 9100)。8万1000円



 

アールト オートマチック
パワーリザーブ
GREY × BElGE

■Ref.9024-03。ステンレススチールケース、レザーストラップ。ケース径42mm、厚さ13.5mm。3気圧防水。自動巻き(Cal. 9100)。8万1000円



 

アールト オートマチック
パワーリザーブ
BLACK×BLACK

■Ref.9024-04。ステンレススチール(ローズゴールドIP)、レザーストラップ。ケース径42mm、厚さ13.5mm。3気圧防水。自動巻き(Cal.9100)。8万4240円



 
 
》バウハウスとは
1919年にドイツで設立された工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築の総合教育学校。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術、デザインを指す。1933年に閉校されるまでのわずか14年間と実働期間は短いが、建築、美術など幅広い分野で理論、理念を創造し、近代デザインの基礎を作り出した史上最も重要なデザイン研究所と位置付けられている。学校はアートや技術を大胆なモダニズム構想と結合させた創立者ヴァルター・グロピウスにより進められ、今なお、多くのデザイナーや建築家にその技術や思想が受け継がれている。
 

【<ドゥッファ>の販売サイトへ】へ

 
 

問い合わせ:ウエニ貿易 TEL.03-5815-3277
https://deutsche-uhrenfabrik.jp

 

2019.02.20 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

バウハウス100周年を記念したストーヴァの日本限定モデル第2弾が発売

ストーヴァが2018年末に第1弾を発売し大好評だったバウハウス100周年記念・日本限定モデルの第2弾を発表した。

NEW MODEL  

25周年アニバーサリーコレクション第8作はランゲ1の自動巻きモデル

8月2日、A.ランゲ&ゾーネが後援しているドイツ郊外の古城で開催されるクラシックカーショーで、ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第8作が発表された。

NEW MODEL  

ランゲ1よりも大きくて薄い、25周年アニバーサリーコレクション第7作

アニバーサリーモデルの第7作は、独特のダイアルデザインそのままに、サイズアップさせたグランド・ランゲ1がベースだ。

NEW MODEL  

ランゲ1の25周年アニバーサリーコレクション第6作

ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第6作は、実用的なムーンフェイズ機構を搭載したランゲ1・ムーンフェイズを、ホワイトゴールドケースに収めブルースチール針を添えた、25本限定モデルだ

NEW MODEL