• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > SPECIAL > トーマス・ニンクリッツから日本限定スペシャルが登場

トーマス・ニンクリッツから日本限定スペシャルが登場

 
 

THOMAS NINCHRITZ

トーマス・ニンクリッツ

 

往年の名作を彷彿とさせる
ドイツ生まれの
日本限定スペシャル


 
 時計づくりの家系に生まれ、歴史的なアンティークウオッチや置時計、柱時計の修復からパーツの製造まで行ってきた時計修復のエキスパート、トーマス・ニンクリッツ。往年の機械式時計本来の魅力とスタイルを貫き、徹底してハンドメイドにこだわる。そのため生産数は年間約100本ほどとかなり少ない。
 
ヴァイスヴァーサ

 
 そんな彼の代表作がムーヴメントの表裏を逆にセットし、ムーヴメントのプレートとテンプ周りを文字盤としてしまった実にユニークな“ヴァイスヴァーサ(上 の写真)”である。これについては以前に筆者が書いたレビュー記事を見ていただくとして、今回は日本限定として特別に製作された2種類の“グランドセコンド・スペシャルエデショション”を紹介したい。
 
 このグランドセコンドの特別仕様、実はトーマス・ニンクリッツの日本総代理店を務めるシェルマンからの提案で実現したものだ。シェルマンと言えばアンティークファンならその名を知らない人はほとんどいないのではないだろうか。高級ブランドの現行品のほかに、1960年代以前のアンティークのメンズウオッチやレディースウオッチを数多く取り扱っている。そのため、このグランドセコンド・スペシャルエデショションもそんなアンティークウオッチを熟知したシェルマンらしいものに仕上がっている。
 
 
グランドセコンド・スペシャルエデショション1

 その第1弾は、既存のローマンインデックスに変えて特徴的なブレゲ数字を採用。もともとブレゲ針ということもあって、グッと古典的で魅力的な顔になった。さらには通常スタイルだったリューズも玉ねぎ型リューズに変更、アンティークな雰囲気にかなりこだわった作りにしている。
 
 
グランドセコンド・スペシャルエデショション2

 もう一方の第2弾は、1930年代の一時期だけに存在し、いまやアンティークウオッチ愛好家の間で高い人気を誇る文字盤デザイン“セクターダイアル”を再現。直線と曲線をうまく組み合わされた王道のデザインに、ブルースチールの繊細なバトン針のセレクトというところに往年の名作を意識した作りが感じられる。
 
グランドセコンド・スペシャルエデショションの裏

 
 さらに、ユニタスの手巻きムーヴメントCal.6498-1をベースにトーマス・ニンクリッツ自らが、クラスヒュッテ様式に改良し、同ブランドのトレードマークとなっているスワンネック緩急針にのみあえてブルーカラーを採用。同氏ならではの遊び心あふれるアクセントが加えられている点にも注目したい。
 
 この日本限定仕様、ハンドメイドながら価格は40万円台とこのコストパフォーマンスの高さも大きな魅力となっている。ぜひ実機を実際に着けてみてほしい。単体で見るのとは違い、クラシカルな味わいながら、それなりの存在感もあってファッション的にもいい感じで決まるに違いない。
 
トーステン・ハーマン氏

 
 なお、トーマス・ニンクリッツは現在は引退し、グラスヒュッテの職業訓練校の講師であり、旧友でもあるウォッチメーカーのトーステン・ハーマン氏が、ニンクリッツの意志を引き継ぎ、2017年から従来のコレクションを発表している。
 
(文◎菊地吉正)
 

INFORMATION


ブランド名 THOMAS NINCHRITZ/トーマス・ニンクリッツ
モデル名 グランドセコンド(日本限定モデル)
ケース素材 ステンレススチール
ベルト素材 レザー
サイズ 42㎜
防水性 日常生活防水
ムーヴメント 手巻き(Cal.TN200/ユニタスETA 6498-1ベース)
税込み価格 各45万3500円
グランドセコンドの正面

 
 

問い合わせ:シェルマン TEL.03-5568-1234
www.shellman-online.jp/

 

2019.03.05 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【25周年アニバーサリー第9作】リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ

2019年9月5日(現地時間)からロンドン近郊のハンプトンコート宮殿の広大な庭園で開催される、クラシックカーの祭典“コンクール・オブ・エレガンス”。同祭典でメインスポンサーを務めるA.ランゲ&ゾーネが、オープニング当日キュー宮殿で催した晩餐会でランゲ1誕生25周年を記念した“25thアニバーサリー”コレクション第9作目を発表した。

NEW MODEL  

バウハウス100周年を記念したストーヴァの日本限定モデル第2弾が発売

ストーヴァが2018年末に第1弾を発売し大好評だったバウハウス100周年記念・日本限定モデルの第2弾を発表した。

NEW MODEL  

25周年アニバーサリーコレクション第8作はランゲ1の自動巻きモデル

8月2日、A.ランゲ&ゾーネが後援しているドイツ郊外の古城で開催されるクラシックカーショーで、ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第8作が発表された。

NEW MODEL  

ランゲ1よりも大きくて薄い、25周年アニバーサリーコレクション第7作

アニバーサリーモデルの第7作は、独特のダイアルデザインそのままに、サイズアップさせたグランド・ランゲ1がベースだ。

NEW MODEL