• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > SPECIAL > バーゼルワールド2019注目の新作時計 【KUDOKE(クドケ)】

バーゼルワールド2019注目の新作時計 【KUDOKE(クドケ)】

クドケ2

 

KUDOKE

クドケ

 


バーゼル2019で自社ムーヴを発表したKUDOKE(クドケ)
AHCI、通称アカデミーの準メンバーに選出!


 
 今回、バーゼルワールド2019に出展を果たしたKUDOKE(クドケ)。自社ムーヴメントを搭載した初のコレクションとして2018年8月に発表したKUDOKE1(クドケワン、以降クドケ1)とともに最新作のKUDOKE 2(クドケツー、以降クドケ2)がお披露目となった。
 
ステファン・クドケ

 
 そして今回のバーゼルワールドでは、もうひとつ注目すべき発表があった。それは、同ブランドの設立者であり、時計師であると同時に彫金師でもあるステファン・クドケ氏(上の写真)が、独立時計師創作家協会(AHCI、通称アカデミー)から、その創造性と技術力が認められ準メンバーに選出されたというのである。つまり、今回発表されたクドケ1と 2が同アカデミーに高く評価されたことを意味している。
 
 そこでまずは、昨年発表されているものの、今回のバーゼルでは実質的な初お披露目となったクドケ1からあらためて簡単に触れたいと思う。
 
 クドケ1の最大の魅力は何と言っても、クドケ氏が満を持して完成させた初の自社製手巻きムーヴメント、カリバー1(Kaliber 1)に尽きる。アイデアの源泉となったのは、クドケ氏自身が購入したものの長い間引き出しのなかで眠っていたという19世紀のイギリス製懐中時計用ムーヴメント。
 
クドケのカリバー1

 
 最大の特徴は、それに倣ってテンプを支えるブリッジを中央寄りに配置(上の写真で装飾が施されている部分)するというかなり斬新な設計スタイルにある。しかも、プレート表面の独特な光沢感を持つ梨地仕上げは、サンドブラスト仕上げなどの機械で行われたものではなく、独自の手法によってすべて手作業で施されている。この独特な輝きも他にはないもうひとつの大きな魅力と言えるだろう。
 
 筆者は、2018年8月にクドケ氏本人が初来日した際に、このムーヴメントの魅力についてインタビューをしている。詳しくはそちらの記事も参照いただきたい。
 
クドケ1

デザインも19世紀の懐中時計のようにリューズの対角となる文字盤9時位置にスモールセコンドを配した、クラシカルなレイアウトが採用された。とりわけ特徴的なのは、昔のハーフハンターケースの懐中時計によく使用されていたダブルスペードハンドを現代流にアレンジした針。その個性的なフォルムから無限大を意味する“インフィニティ―ハンド”と名付けられた。クドケ 1。SS(39㎜径/厚み10㎜)。5気圧防水。手巻き(Kaliber1)。108万円



 
 
 そして、クドケ1の派生モデルとして今回新たにバーゼルで発表されたのがクドケ2である。違いは、クドケ1をベースに“ナイト&デイ”が描かれた24時間計が12時位置に追加されている点だ。
 
クドケ2

“ナイト&デイ”をモチーフに手彫りで太陽と月、星が描かれたドーム状のスカイディスクは、ゴールドの▲マークが現在時刻を表し、時分針と連動して24時間で1週する

 
 このナイト&デイ、彫金師でもあるクドケ氏ならではのハンドエングレービングによって夜空と昼間の太陽がドーム状のディスクに表現され、しかも2種類のメッキ処理が施されるなどかなり手の込んだ作りだ。
 
 最初のモデル、クドケ1はまったく新しい方向性を示したのに対して、クドケ2は、その方向性を踏襲しつつも、これまでのスケルトンウオッチに通じるアーティスティックな一面ものぞかせる、まさにクドケらしい遊び心とアートが融合した作品に仕上がっているというわけである。
 
 

INFORMATION


モデル名 クドケ 2
ケース素材 ステンレススチール
ベルト素材 レザーベルト
サイズ 39㎜/厚み10㎜
防水性 5気圧防水
ムーヴメント 手巻き(自社製ムーヴメントKaliber 1 in version 24H)
税込み価格 118万8000円(近日発売予定)
クドケ2の正面

 
(文◎菊地吉正)
 
 

問い合わせ:シェルマン TEL.03-5568-1234
www.shellman-online.jp

 

2019.04.02 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

高品質な仕上がりながら価格を抑えたチュチマの戦略モデルがすごい

2008年に創業地であるグラスヒュッテへと帰還を果たしたチュチマ・グラスヒュッテは、これを機に自社ムーヴメントの開発に乗り出した。

NEW MODEL  

グラスヒュッテ・オリジナルの2019年新作を見てきた。

グラスヒュッテ・オリジナルの2019年新作が一部入荷したとのことで、早速実機を拝見させていただいた。

TOPICS  

クラシックカーイベントのアワード受賞者にランゲ特別モデルを贈呈

A.ランゲ&ゾーネが2012年から協賛しているクラシックカーイベント、“コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ”。アワード受賞者にはA.ランゲ&ゾーネから特別モデルが贈呈されている。

TOPICS  

コスモポリタンに捧げるアニバーサリーコレクション第5作

A.ランゲ&ゾーネから、ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第5作が発表された。ホワイトゴールドケースに収めブルースチール針を添えて、25本限定で製作されるランゲ1・タイムゾーンだ。

NEW MODEL