• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > BLOG > @kikuchiのドイツ時計見聞記 > 表紙のコラージュという演出にビックリ!

表紙のコラージュという演出にビックリ!

 
 A.ランゲ&ゾーネは、1994年に復活を果たしてから今年でちょうど25周年を迎えたことを祝して、旗艦モデルであるランゲ1をベースにした25本限定アニバーサリーモデルを10月までの期間、毎月発表する。そしてその第4弾“ランゲ1・トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダー(詳細はコチラ)”の実機が昨日(4月24日)日本でのお披露目となった。
 
 そして、その夜にはA.ランゲ&ゾーネ本社のCEOであるウィルヘルム・シュミット氏主催の日本の主要メディアだけを呼んでのプレゼンテーション兼夕食会が開催されるということで、参加させていただいた。
 
 場所は九段ハウス。ご存じの方もおられるだろう。大正時代に建造された旧山口萬吉邸である。
 

門のところに立てかけられていた25周年のシンボルマーク。歴史的な建物に加えて夜ということもあって厳かな雰囲気

 

門から入って中ほどにあった車庫をリノベーションしてギャラリーにした空間には時計が展示され、そのガラスにはブランドのロゴが配されていた

 
 そして驚いたのが、玄関を入ってすぐのエントランスの壁一面を埋めた表紙の数々。これは、A.ランゲ&ゾーネの時計が表紙を飾った、これまで刊行された雑誌を集めてコラージュしたものだ。つまりこれまで支援してくれたメディアへの感謝を込めた演出だったのである。
 

嬉しいことに、弊社刊行のドイツ腕時計4誌と機械式腕時計年鑑の計5誌の表紙がしっかりと飾られていた。なんともうれしい限りである

 
 会場の雰囲気といい、エントランスの表紙の演出といい、なかなか凝った演出に加えて出された料理はなんと銀座久兵衛のお寿司。酒好きの私にとってはまさにこのうえない心地よい時間となったのである。
 

銀座久兵衛のお寿司とワインを堪能

 

同じテーブルとなった、左から時計ビギンの島津さん、銀座ブティックの池田さん、筆者、銀座ブティックのチカさん、そしてMen’s Exの金森さん

 
 
 

菊地 吉正

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

 
時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」、近年では女性向けウオッチマガジン「ワッタイム」と、時計関連の雑誌を次々に生み出す。また、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のプロデューサーとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。GERMAN WATCH.jp編集長。

2019.04.25 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

コスモポリタンに捧げるアニバーサリーコレクション第5作

A.ランゲ&ゾーネから、ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第5作が発表された。ホワイトゴールドケースに収めブルースチール針を添えて、25本限定で製作されるランゲ1・タイムゾーンだ。

NEW MODEL  

A.ランゲ&ゾーネとヴェンペの事業提携25周年記念モデルが発表

A.ランゲ&ゾーネがヴェンペとの事業提携25周年を記念して特別モデルを発表した。この特別モデルの詳細ならびに両社の深い繋がりに関する公式リリースを以下に転載する。

NEW MODEL  

ユンハンス・話題の新作を見てきた!

以前、本サイトにて先行公開したマックス・ビル バイ ユンハンスのバウハウスアニバーサリーモデルのサンプルが日本に届いた、という連絡をいただいたので早速実機を拝見してきた。

NEW MODELNEW MODEL  

ジン バーゼルワールド2019発表モデル Part2

  SINN ジン    ジンのバーゼルワールド2019発表の新作のなかから、5月にローンチを控えるリミテッドモデルを紹介。     特別感あるカラーリングが 特徴となったリミテッ […]

NEW MODEL