• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > BLOG > 新潟発! あなたが知らないドイツ時計 > 新潟発! あなたが知らないドイツ時計の普及に挑む!! 【11回】

新潟発! あなたが知らないドイツ時計の普及に挑む!! 【11回】

 

ギナーンの新しいビックモデル

 
 
こんにちは。
新潟県でドイツ時計をメインに扱っている
南雲時計店、店主の南雲達也です。
 
ドイツ、ギナーン社の新しい
ビックモデルです。
 

 
上の写真の左の文字盤だけの物が
1960年代にドイツ軍に正式採用された
ホイヤー.1550 SG
時計の径は43mmの
パイロット・クロノグラフです。
 
右がギナーン社の新しいモデル
品名:Starfighter Pilot Chronograph
(スターファイター パイロット クロノグラフ)
直径・42.5mm
 

 
ギナーン社は2016年に
本格的な復活を遂げてから
精力的に新しいモデルを
出しています。
 
その多くが40シリーズと呼ばれる
直径約40mmのクロノグラフでした。
 
 
2019年、新しいモデルは
Sinn氏が1960年代にドイツ軍に納めた
Sinn.155 (ホイヤー.1550SG)の復刻版の
大型モデルを積極的に出してきました。
 

 
上記の
Starfighter Pilot Chronographのほかに
『Pilot Chrono 42』も出してきました。
 
アラビア数字に二つ目の
Starfighter Pilot Chronograph
に対して、Pilot Chrono 42は
バーインデックスに三つ目の
シンプルなクロノグラフ。
 

 
同じ直径42.5mmですが
互いに個性的で魅力的な
42mmモデルの登場で
ますますギナーンから
目が離せない。
 
 

南雲達也

南雲 達也 – NAGUMO TATSUYA

 
ドイツ専門・南雲時計店 代表取締役
南雲時計店公式ホームページ
ドゥゲナ公式ホームページ
ギナーン公式ホームページ

2019.05.08 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【25周年アニバーサリー第9作】リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ

2019年9月5日(現地時間)からロンドン近郊のハンプトンコート宮殿の広大な庭園で開催される、クラシックカーの祭典“コンクール・オブ・エレガンス”。同祭典でメインスポンサーを務めるA.ランゲ&ゾーネが、オープニング当日キュー宮殿で催した晩餐会でランゲ1誕生25周年を記念した“25thアニバーサリー”コレクション第9作目を発表した。

NEW MODEL  

バウハウス100周年を記念したストーヴァの日本限定モデル第2弾が発売

ストーヴァが2018年末に第1弾を発売し大好評だったバウハウス100周年記念・日本限定モデルの第2弾を発表した。

NEW MODEL  

25周年アニバーサリーコレクション第8作はランゲ1の自動巻きモデル

8月2日、A.ランゲ&ゾーネが後援しているドイツ郊外の古城で開催されるクラシックカーショーで、ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第8作が発表された。

NEW MODEL  

ランゲ1よりも大きくて薄い、25周年アニバーサリーコレクション第7作

アニバーサリーモデルの第7作は、独特のダイアルデザインそのままに、サイズアップさせたグランド・ランゲ1がベースだ。

NEW MODEL