• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > 高品質な仕上がりながら価格を抑えたチュチマの戦略モデルがすごい

高品質な仕上がりながら価格を抑えたチュチマの戦略モデルがすごい

 

TUTIMA GLASHÜTTE

チュチマ・グラスヒュッテ

 
チュチマ 本社

2008年に北ドイツから移転し、旧グラスヒュッテ駅の建物を買い取ったと言う現在のチュチマ・グラスヒュッテ本社。(写真◎神戸シュン)

 

高級ライン“パトリア”に初のスチール仕様が登場

 
 
 2008年に創業地であるグラスヒュッテへと帰還を果たしたチュチマ・グラスヒュッテは、これを機に自社ムーヴメントの開発に乗り出した。
 こうして13年に完成したキャリバー617を搭載し、現在チュチマの高級ラインとして展開されているのが、日本語で“故郷”を意味する“パトリア”の名を冠したコレクションである。
 
パトリア

パトリア ■Ref.6600-02。K18RG(43㎜径)。5気圧防水。手巻き(Cal.617)。193万7520円

 
 これまで18金仕様のみしか展開されていなかったこのパトリアに、19年の新作として待望のスチール仕様が発表。これがいま時計好きの間で大きな注目を集めているのだ。
 
パトリアスチール

パトリア アドミラル ブルー ■Ref.6610-01。SS(43㎜径)。5気圧防水。手巻き(Cal.617)。75万3840円(2019年7月発売)

Cal.617

 
 従来のゴールド仕様が持つ古典的な雰囲気に対して、ぐっと現代的な雰囲気が高められたスチール仕様。とりわけ注目は、“チュチマ(かつては最高グレードを示す名称だった)”の名にふさわしいハイクオリティな仕上がりだろう。
 
 本作では丁寧に鏡面仕上げを施したケースや高品質のブルーエナメル文字盤を与えることで、スチール仕様とは思えぬ気品を醸し出しているのである。
 また搭載する自社製のキャリバー617は、メッキ処理した受けに伝統的なグラスヒュッテ・ストライプを丁寧に施されている。青焼きネジこそ使われていないが、その見た目は時計好きにもしっかりと刺さる秀逸な仕上がりだ。フリースプラングや巻き上げヒゲなど精度を追求した高級機にふさわしい機構を装備する点も見逃せない。
 
 なりより驚きだったのが、その戦略的な価格だ。
 ムーヴメントの仕上げなど既存の18金仕様とまったく同じであるにもかかわらず、価格は70万円台とかなり控えめなのである。その完成度の高さを考えれば驚異的なコストパフォーマンスと言えるだろう。
 
 これだけの完成度と魅力的な価格設定ならば、今後同社の主力になっていくに違いない。
 
(文◎堀内大輔)
 
 

パトリア以外の2019年新作をチェック

 

フリーガー スカイ

フリーガー スカイ

1970年代に見られた印象的なグラデーションカラーを文字盤に採用した新シリーズ。実用的なデイデイト表示を備える一方、チュチマ・グラスヒュッテのエントリーモデルとして、リーズナブルな価格を実現した。約38時間のパワーリザーブを備えるCal.330を搭載する。
■(左)Ref.6105-26。(中)Ref.6105-24。(右)Ref.6105-22。SS(41㎜径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.330)。各20万5200円(8月発売)

 
 

フリーガー オートマティック

フリーガー オートマティック

2018年発表のフリーガー オートマティックに新色のグリーン文字盤が登場。文字盤の中央から外周に向かって濃くなるグラデーションを採用することで、5分刻み表示のレッドペイントが明瞭となり、デザインのアクセントとしても効いている。
■Ref.6105-30。SS(41㎜径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.330)。24万6240円(7月発売)

 
 

関連記事

チュチマ・グラスヒュッテCEOインタビュー(2018)
 
 

問い合わせ:モントレックス TEL.03-3668-8550
http://www.montrex.co.jp/tutima.html

 

2019.06.12 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

バウハウス100周年を記念したストーヴァの日本限定モデル第2弾が発売

ストーヴァが2018年末に第1弾を発売し大好評だったバウハウス100周年記念・日本限定モデルの第2弾を発表した。

NEW MODEL  

25周年アニバーサリーコレクション第8作はランゲ1の自動巻きモデル

8月2日、A.ランゲ&ゾーネが後援しているドイツ郊外の古城で開催されるクラシックカーショーで、ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第8作が発表された。

NEW MODEL  

ランゲ1よりも大きくて薄い、25周年アニバーサリーコレクション第7作

アニバーサリーモデルの第7作は、独特のダイアルデザインそのままに、サイズアップさせたグランド・ランゲ1がベースだ。

NEW MODEL  

ランゲ1の25周年アニバーサリーコレクション第6作

ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第6作は、実用的なムーンフェイズ機構を搭載したランゲ1・ムーンフェイズを、ホワイトゴールドケースに収めブルースチール針を添えた、25本限定モデルだ

NEW MODEL