• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > 【2019年新作】豊富な意匠で展開される個性的な1針ウオッチ

【2019年新作】豊富な意匠で展開される個性的な1針ウオッチ

 

MEISTERSINGER

マイスタージンガー


 
 古い日時計のようにゆったりとした時間の流れを表現するため、シングルハンドにこだわった機械式モデルを展開するマイスタージンガー。
 そのコレクションは、“時針のみ”というシンプルな表示方法を一貫しながらも、付加機能や配色などによって様々な変化をつけ、実に多彩なバリエーションを展開。2019年も魅力的なモデルが発表された。
 
 

New Model 01

ヴィンテージ感を加えた新コレクション

 
ヴィンタゴ

ヴィンタゴ ■Ref.VT903。SS(38㎜径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.Sellita 200-1)。27万円

 
 2019年、新たに発表された新シリーズは、1960年代のヴィンテージテイストを取り入れた“VINTAGO(ヴィンタゴ)”だ。このモデル名からもわかるとおり、ヴィンテージウオッチの趣を再現したコレクションである。
 
 ヴィンタゴの特徴が、ストレートラグやドーム型風防、そして根元を絞ったリューズなど古典的なディテールを備え、ヴンティージモデルの雰囲気を醸し出す一方、中央に段差を付けた文字盤や5日分まで日付けを表示させるデイト表示窓などコンテンポラリーな要素を加え、個性を与えている点だ。
 また比較的40㎜オーバーの多い同社のコレクションのなかで、38㎜径と絶妙なサイズ感を与えている点も魅力と言えよう。手首になじむカーフスキンベルトと相まって装着感は良好だ。
 
ヴィンタゴのバリエーション

ケースにつや消し処理を施すほか、シックなカラーリングをチョイスし、落ち着いた雰囲気に仕上げられたヴィンタゴのバリエーション。(左から)Ref.VT908。Ref.VT901。Ref.VT902。各27万円

 
 

New Model 02

リアルな月が楽しめるルナスコープの最新作

 
ルナスコープ・ゴールデンムーン

ルナスコープ・ゴールデンムーン ■Ref.LS908G。SS(40㎜径)。5気圧防水。自動巻き(ETA2836に自社製モジュールを搭載)。53万7840円

 
 続いて紹介するのは、2018年に発表されたブランド初のムーンフェイズモデル“ルナスコープ”に新たに追加されたゴールドカラーのバリエーションだ。
 
 文字盤に大きく切り取られた三日月状の窓からのぞくのは、陰影までも忠実に再現された“リアルな月”。新色ではこのムーン表示にゴールドカラーが用いられて、より幻想的な雰囲気が強調された。
 またETA社製ムーヴメントをベースに独自開発のムーンフェイズモジュールを加え、約128年に1日の誤差という高精度を実現している点も見逃せないだろう。
 
 
 

New Model 03

判読性の高い2トーン文字盤を与えた新色

 
パンゲア・デイデイト

パンゲア・デイデイト ■Ref.PDD9Z17S。SS(40㎜径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.ETA2836-2またはSW 220-1)。31万3200円

 
 文字盤中央にディスク式のデイデイト表示を備えるパンゲア・デイデイトの新色。従来モデルと大きく違いのは、その独特な配色でこれまでなかった2トーンの文字盤を採用する。さらに針の先端にレッドペイントが施されたことで判読性が高められるとともに、スポーティな雰囲気がプラスされている。
 
(文◎堀内大輔)
 
 

問い合わせ:モントレックス TEL.03-3668-8550
http://www.montrex.co.jp/meistersinger.html

 

2019.06.26 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

ドイツ最強(!?)、衝撃・磁気・水に強い腕時計“DAMASKO(ダマスコ)”の実力を探る

金属加工会社を母体に、先進技術を取り入れた時計作りを展開するドイツ屈指の技術系時計ブランド、ダマスコ。まだまだ知名度は低いが、その強靭で実用性に優れた時計が目の肥えた時計好きから支持を集めている。今回はその実力を探っていこう。

TOPICS  

軍用も手がけたチュチマが20万円台のエントリーラインを投入

近年は自社製ムーヴメントの開発にも乗り出し、これを搭載したドレス系モデルが愛好家から高い評価を得るなど高級時計ブランドとしてのイメージを定着させているチュチマ・グラスヒュッテ。しかし、その根底にある時計作りに対する考え方はいまも昔も変わらない。実際、2018年末に同社のディター・デレケイトCEOが来日した際に行ったインタビューでも次のように語っている。

NEW MODEL  

11/23・24の両日。GPHGで受賞を果たしたドイツの独立時計師、ステファン・クドケ氏の来日イベントを開催!

ドイツの独立系時計ブランド“KUDOKE”の創始者、ステファン・クドケ氏が来日する。そして今週末には11月23日(土)に日本橋三越本店 本館6階 ウォッチギャラリー、24日(日)は伊勢丹新宿店 本館5階 ウォッチ シェルマンにて、その来日を記念したトークイベントが開催される。

TOPICS  

1億円のハイブリッド車、ポルシェ918スパイダーに採用されたアシッドグリーンがアクセント!

ポルシェデザインから、11月に発売が開始された注目の最新作を紹介しよう。クロノタイマー フライバックとモノブロック アクチュエータークロノタイマー フライバックの2種類のフライバック機能付きクロノグラフがベースの派生モデルである。

NEW MODEL