• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > バウハウス100周年を記念したストーヴァの日本限定モデル第2弾が発売

バウハウス100周年を記念したストーヴァの日本限定モデル第2弾が発売

 

STOWA

ストーヴァ

 

多くの要望を受け第2弾の発売が実現


 
 ストーヴァが2018年末に第1弾を発売し大好評だったバウハウス100周年記念・日本限定モデルの第2弾を発表した。
 

 
 レギュラーコレクションのアンテアをベースに、1930年代に製造された”バウハウス・スタイル”と称されるいくつかの文字盤デザインからインスピレーションを得てデザインされた本作。
 その第1弾モデルはローマンインデックス仕様で、バウハウスデザインらしい洗練された雰囲気のなかに古典的なエッセンスを融合させた意匠が好評を博した。
 

2018年末に発売されたバウハウス100周年記念モデル第1弾

 
 この際、ファンから“アラビアインデックス仕様が欲しい”という要望が多くあった。今回の第2弾モデルはこの要望に応える形で実現したのだ。
 

ミニマルな文字盤デザインとストーヴァの真骨頂であるブルースチール仕上げの針のバランスが絶妙な雰囲気を醸し出し、洗練された表情を演出。着用シーンだけでなく、男女問わずに楽しめる美しいデザインが魅力だ

 

シースルーバックから見えるハンドメイドのローターには、ドイツ語で“バウハウス 100周年ストーヴァ限定第2弾”と記され、シリアルナンバーも刻印

 

ストーヴァのオーナー兼デザイナーであるヨルク・シャウアー氏は数百点に及ぶ同社のアーカイブ・コレクションを所有。100周年記念モデルは、これらアーカイブモデルの文字盤デザインからインスピレーションを得てデザインされている

 
 この魅力的モデルは今回も30本限定とのこと。気になる人は早めにチェックしてもらいたい。
 
 

<ストーヴァとは?>

 1927年、ドイツ・フォルツハイムに創業し、第2次世界大戦時にはラコやA.ランゲ&ゾーネなどとともに、 旧ドイツ空軍にパイロット用ウオッチを納入していた老舗の時計ブランド、ストーヴァ。
 同社はクォーツ時計普及の影響を受け1970年代以降、長らく休眠状態となっていたが、ドイツの独立時計師ヨルク・シャウアー氏が権利を買い取り、2004年より販売を再開。以降は シャウアー氏の美意識が行き届いた、ドイツ製品ならではの普遍的で美しいデザインと高い機能性を兼ね備えたコレクションを展開している。
 

ストーヴァ本社

 

ストーヴァのオーナー兼デザイナーであるヨルク・シャウアー氏

 
 

INFORMATION


モデル名 アンテア バウハウス100周年記念モデル 第2弾
ケース素材 ステンレススチール
ベルト素材 カーフレザーベルト
サイズ 36.5㎜
防水性 5気圧防水
ムーヴメント 手巻き(Cal.ETA 2824-2, top version with blued screws)
備考 30本限定
税込み価格 19万4400円

アンテア バウハウス100周年記念モデル2の正面

 
 

問い合わせ:スピンドル新丸ビル店 TEL.03-3211-5117
http://www.tictac-web.com/brandlist/detail/?bid=60&/

 

2019.08.20 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【希少な最新作を見れるチャンス!】A.ランゲ&ゾーネが新作巡回展示&塗り絵コンテストを開催中

4月25日に全世界でオンライン発表され、A.ランゲ&ゾーネ初のアクティブ・エレガンス ウオッチのさらなる1ページを切り開く話題作となったオデュッセウスのホワイトゴールドモデル。通常、店頭に並ぶことがない希少なこの最新作が日本国内のブティック3店舗で巡回展示される。

INFORMATION  

全11ブランドが一堂に揃う「ドイツ時計フェア2020」を、銀座三越 6階 GINZA ステージにて開催!

東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日。2020年はそれからちょうど30年目という節目の年を迎えるアニバーサリーイヤーだ。そこで銀座三越 6階 GINZA ステージでは、それを記念した催しとして「ドイツ時計フェア2020」を本日7月15日(水)~7月28日(火)までの14日間の日程で開催する。

INFORMATION  

【動画】GERMAN WATCH.jpの編集長が語る!「ドイツ時計産業の意外な歴史」について

現在、日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリーにて開催中の“ドイツ時計フェア2020”。東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日からちょうど30年目になったことを記念して、17ものドイツブランドが参加。腕時計からクロックに至るまでドイツ時計が一気に見られるという、まさに時計好きには見逃せない催しだ。

INFORMATION  

ジェットセッター必見。35のタイムゾーンに対応するワールドタイムモデル

時差を計算することなく、2つのタイムゾーンの時刻を読み取ることができるグラスヒュッテ・オリジナルのワールドタイムモデル、セネタ・コスモポリト。2018年に発表され好評を得た本モデルに、今年の新作としてスタイリッシュなミッドナイトブルー文字盤を採用したニューモデルが登場した。

NEW MODEL