• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > SPECIAL > スグレモノなGMT機能を備えたポルシェデザインの新作

スグレモノなGMT機能を備えたポルシェデザインの新作

 

Porsche Design

ポルシェデザイン

 
1919グローブタイマー UTC1



 

ボタンを押すだけで簡単セット。
セカンドタイムゾーンを瞬時に表示するスグレモノ

 
 ポルシェデザインの1919コレクションといえば、ラグ部分が大きく空洞になった独特のスタイルを持ち、まるで高い空力特性を備えたポルシェ911に通ずる非常に洗練されたデザインの人気のコレクションだ。そんな同コレクションの最新作として、9月に発売されるという“1919グローブタイマー UTC”が実におもしろい。
 
 名前に“UTC”とあることからもおわかりのように、このモデルは二つの時刻を同時に表示するGMT機能に加えて、ポインター式のデイト表示を備えた多機能モデルである。しかも注目なのが、ケースサイド右側のリューズの上下にプッシュボタンを備えている点だ。一見するとクロノグラフかと思ってしまう独創的なスタイルを持つ。
 
1919グローブタイマー UTC2

プッシュボタンのトップにはプラスとマイナスの記号が刻印されている。プラスボタンが1度押すごとに1時間ずつ時針を進め(右回り)、マイナスボタンが1時間ずつ時針を戻す。とても簡単で便利な仕組みだ



 実はこれが時針だけを単独で動かすことができる操作ボタンなのである。上が時差分の時間を進めるとき、下が時間を戻すときに使う。つまり、通常のGMTウオッチと違い、リューズを引いてから操作する煩わしさがないうえに、着けたままでも設定を行える、なかなかのスグレモノなのだ。
 
 先端がブルーの副時針(GMT針とも呼ぶ)が24時間で1周。常にホームタイム(本拠とする国の時刻)の現在の時間帯を文字盤外周に配された1〜24の目盛りを指し示して知らせる。また、9時位置中央寄りにある小さな丸窓はデイ&ナイト表示。時分針が指し示すセカンドタイムゾーン(現地時刻)の現在時刻が昼なのか夜なのかをこれで確認することができる。ちなみに、昼が白で夜になると黒に変わる。
 
1919グローブタイマー UTC 3

裏ブタにはロンドンを基準にした主要24都市の時差がひと目でわかるようにUTC表示が刻印されている



 搭載するのは、スイス・セリタ社のSW200をベースに独自に改良を加えた新型キャリバー、Werk 04.110。COSCクロノメーター認定の高精度な自動巻きムーヴメントだ。タイムゾーン機能にはポルシェデザインが設計し、デュボア・デプラ社が開発したという特殊なモジュールが使われている。
 
 文字盤は写真のブラックのほかに、ブルーとブラウンの3色、素材はチタンケースと18金イエローゴールド(ブラック文字盤のみ)がラインナップする。
 
文◎菊地吉正(編集部)
 
 

INFORMATION


モデル名:1919グローブタイマー UTC
ケース素材:チタニウム
ベルト素材:カーフスキン
サイズ:ケース径42mm、ケース厚14.90mm
防水性:10気圧防水
ムーヴメント:自動巻き(Cal. Werk 04.110/セリタ200ベース/毎時2万8800振動/パワーリザーブ38時間)
機能:時・分表示、ポインター式日付け表示、デイ&ナイト表示、セカンドタイム表示
税抜き価格:88万円
1919グローブタイマー UTCの正面

 
 

問い合わせ:ノーブルスタイリング TEL.03-6277-1604 
noblestyling.com

2019.08.29 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

ドイツ最強(!?)、衝撃・磁気・水に強い腕時計“DAMASKO(ダマスコ)”の実力を探る

金属加工会社を母体に、先進技術を取り入れた時計作りを展開するドイツ屈指の技術系時計ブランド、ダマスコ。まだまだ知名度は低いが、その強靭で実用性に優れた時計が目の肥えた時計好きから支持を集めている。今回はその実力を探っていこう。

TOPICS  

軍用も手がけたチュチマが20万円台のエントリーラインを投入

近年は自社製ムーヴメントの開発にも乗り出し、これを搭載したドレス系モデルが愛好家から高い評価を得るなど高級時計ブランドとしてのイメージを定着させているチュチマ・グラスヒュッテ。しかし、その根底にある時計作りに対する考え方はいまも昔も変わらない。実際、2018年末に同社のディター・デレケイトCEOが来日した際に行ったインタビューでも次のように語っている。

NEW MODEL  

11/23・24の両日。GPHGで受賞を果たしたドイツの独立時計師、ステファン・クドケ氏の来日イベントを開催!

ドイツの独立系時計ブランド“KUDOKE”の創始者、ステファン・クドケ氏が来日する。そして今週末には11月23日(土)に日本橋三越本店 本館6階 ウォッチギャラリー、24日(日)は伊勢丹新宿店 本館5階 ウォッチ シェルマンにて、その来日を記念したトークイベントが開催される。

TOPICS  

1億円のハイブリッド車、ポルシェ918スパイダーに採用されたアシッドグリーンがアクセント!

ポルシェデザインから、11月に発売が開始された注目の最新作を紹介しよう。クロノタイマー フライバックとモノブロック アクチュエータークロノタイマー フライバックの2種類のフライバック機能付きクロノグラフがベースの派生モデルである。

NEW MODEL