• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > シャウボーグの真骨頂が発揮されたウニカトリウムシリーズ最新作

シャウボーグの真骨頂が発揮されたウニカトリウムシリーズ最新作

 
 

SCHAUMBURG WATCH

シャウボーグウォッチ

 
 熱狂的な機械式愛好家でもあるフランク・ディルバコフスキー氏によって1998年に設立されたシャウボーグウォッチ。“愛好家視点に立ったモノ作り”を掲げる同社のコレクションは、熟練職人の丹念な手作業により1本1本情熱を込めて仕上げられている一方、良心的な価格で提供されており、多くの機械式愛好家に支持されている。
 
 そのなかでも丹念なハンドクラフトにより、芸術的な意匠を生み出した“ウニカトリウム”は、ツウの間でも評判の人気シリーズだ。
 
 

熟練職人の手作業によって文字盤に“蜘蛛の巣”を表現

アラネア

Ref.ARANEA。SS(42mm径)。5気圧防水。手巻き(Cal.SW-07)。39万円(税抜)

 
 ウニカトリウム最新作のアラネアは、複雑なスケルトナイズド技巧を用いて、文字盤上に“蜘蛛の巣”を表現したユニークなモデルだ。
 
 搭載しているCal.SW-07はETA社製の手巻きCal.6498をベースにしているが、ご覧のようにまったくの別モノと言っていいほどに手が加えられている。一般的な時計でいう文字盤はなく、ムーヴメントの地板や受けを加工することで、スケルトナイズしつつも、芸術性を併せ持たせたというわけである。なお本作で用いた精巧なスケルトナイズド技術は、同社がこれまでに制作したなかでもトップクラスの水準を誇ると言う。
 
 シャウボーグウォッチの真骨頂とも言える、精緻なハンドクラフトと芸術性を楽しめる1本だ。
 
アラネアの裏

裏ブタはシースルーバック仕様。角穴車と丸穴車は焼き入れを行い、ユニークな色味に仕上げている点もポイントだ

 
 

“スチームパンク”をテーマにした人気モデル第2弾

スチームパンク2

Ref.STEAMPUNK2。SS(42mm径)。5気圧防水。手巻き(Cal.SW-08)。29万5000円(税抜)

 
 もうひとつウニカトリウムの人気モデルを紹介したい。
 
 小説家ジュール・ヴェルヌに代表されるスチームパンクの世界観を、熟練職人のハンドメイド仕上げで表現した“スチームパンク”の第2弾モデルは、ブルーIP加工を施したケースに、表面に緑青加工を施したムーヴメントや針を納めたユニークモデルである。
 
 さらに個性的なのは質感だけでなく、“レンチ”を模した時針、“ドライバー”を模した分針といった針の造形なども凝っていておもしろい。
 
スチームパンク2の裏

 
 また、前出のCal.SW-07と同じくETA社製の手巻きムーヴメントをベースにしたSW-08では、受けを独自で製作した3/4プレートに改めている。仕上げはグラスヒュッテ流のサンバーストかと思いきや、そうではなく、あえてダメージ加工を施してスチームパンクの世界観を追求するあたり、強いこだわりが垣間見える。
 
 ハンドクラフトによる本格的な作りを楽しめつつも、遊び心のある意匠がマニア心をくすぐる1本と言えよう。
 
 
(文◎堀内大輔)
 

問い合わせ:ユーロパッション TEL.03-5295-0411 
www.europassion.co.jp/schaumburg/

 

2019.09.26 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

軍用も手がけたチュチマが20万円台のエントリーラインを投入

近年は自社製ムーヴメントの開発にも乗り出し、これを搭載したドレス系モデルが愛好家から高い評価を得るなど高級時計ブランドとしてのイメージを定着させているチュチマ・グラスヒュッテ。しかし、その根底にある時計作りに対する考え方はいまも昔も変わらない。実際、2018年末に同社のディター・デレケイトCEOが来日した際に行ったインタビューでも次のように語っている。

NEW MODEL  

11/23・24の両日。GPHGで受賞を果たしたドイツの独立時計師、ステファン・クドケ氏の来日イベントを開催!

ドイツの独立系時計ブランド“KUDOKE”の創始者、ステファン・クドケ氏が来日する。そして今週末には11月23日(土)に日本橋三越本店 本館6階 ウォッチギャラリー、24日(日)は伊勢丹新宿店 本館5階 ウォッチ シェルマンにて、その来日を記念したトークイベントが開催される。

TOPICS  

1億円のハイブリッド車、ポルシェ918スパイダーに採用されたアシッドグリーンがアクセント!

ポルシェデザインから、11月に発売が開始された注目の最新作を紹介しよう。クロノタイマー フライバックとモノブロック アクチュエータークロノタイマー フライバックの2種類のフライバック機能付きクロノグラフがベースの派生モデルである。

NEW MODEL  

ギナーン、ツェッペリンらも出店。恒例のドイツフェスティバルが開催!

日独交流150周年を迎えた2011年以降、文化やグルメを通じて両国の交流を図ることを目的に毎年開催されている“Deutschlandfest(ドイツフェスティバル)”が、今年も東京にある青山公園にて11月1日(金)から4日(月)の、計4日間開催される。

INFORMATION