• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > INFORMATION > ギナーン、ツェッペリンらも出店。恒例のドイツフェスティバルが開催!

ギナーン、ツェッペリンらも出店。恒例のドイツフェスティバルが開催!

 
 日独交流150周年を迎えた2011年以降、文化やグルメを通じて両国の交流を図ることを目的に毎年開催されている“Deutschlandfest(ドイツフェスティバル)”が、今年も東京にある青山公園にて11月1日(金)から4日(月)の、計4日間開催される。
 

 
 まずは当サイトでブログ新潟発! あなたが知らないドイツ時計を執筆いただいている南雲氏が代表を務める南雲時計店の出店ブースへ。
 ギナーンのクロノグラフモデルを試着させていただいた。

 
 注目はやはりドイツプロダクトらしい質実剛健な意匠。大戦時、ドイツ空軍に納められた名機、Sinn-155から脈々と続く実戦クロノグラフの継承機だけに、実用性と堅牢さの高さは抜群だ。
 また逆リューズ仕様という点も見逃せない(右リューズ仕様もあり)。本機では操作性を追求し大振りなリューズを備えるが、着用時にも手の甲に当たらないため、装着感も快適である。なお価格は34万9000円。
 

ギナーンのほか、ドゥゲナの取り扱いも

 
 
 さらに今回から初参加のブランドも。
 

 
 ドイツの飛行船ZEPPPELIN(ツェッペリン)号をモチーフにしたクラシカルな腕時計ブランド、ツェッペリンと、1920年設立という長い歴史を持ち、今日は“バウハウス”に敬意を表したコレクションを展開するDUFA(ドゥッファ)だ。
 

ツェッペリンのロングセラー、100周年記念モデル。価格は5万5000円(+税)

 
 ドイツのおいしい食べ物、ベンツやポルシェなどの車の展示のほか、ドイツの楽器を使ったパフォーマンスやドイツ人アーティストによるステージ披露など、ドイツの文化がギュッと凝縮された本イベント。この3連休に足を運んでみてはいかがだろう。
 
【イベント概要】
イベント名 :ドイツフェスティバル 2019
期間 :2019年11月1日(金)~11月4日(月・祝)
11月1日(金)15:00~21:00
11月2-3日(土、日)11:00~21:00
11月4日(月)11:00~20:00
場所 :都立青山公園 東京都港区六本木七丁目23
 
 
文◎堀内大輔(編集部)
 
 

2019.11.01 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【2020年新作時計速報】ジン(Sinn)

ハイスペックな本格派モデルを展開するドイツの時計ブランド、ジン。そんなジンから4月29日に発表されたばかりの2020年の新作速報をお届けしよう。

NEW MODEL  

チュチマ・グラスヒュッテ 2020年新作第1弾

ドイツの伝統的なパイロットウオッチのDNAを受け継ぐ実用時計コレクションを展開する古豪チュチマ・グラスヒュッテ。同社から発表された2020年の新作第1弾が、伝統的なグランドフリーガーを現代的にリデザインしたエアポートシリーズのニューカラーだ。

NEW MODEL  

A.ランゲ&ゾーネ【2020年新作速報】話題作オデュッセウスに早くもニューモデルが登場!

型コロナウイルスの影響で、オンラインで実施されることになった“Watches & Wonders 2020”。そこで発表されたばかりのA.ランゲ&ゾーネ新作速報をお届けする。

NEW MODEL  

第10回ウォルター・ランゲ・ウォッチメイキング・エクセレンス・アワード受賞作決定

優れた時計師の育成を目的に、A.ランゲ&ゾーネが2010年より主催するコンテスト”ウォルター・ランゲ・ウォッチメイキング・エクセレンス・アワード”。その第10回目のアワードで、東京のヒコ・みづのジュエリーカレッジに在籍する篠原那由他氏の作品が栄冠に輝いた。

INFORMATION