• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > 軍用も手がけたチュチマが20万円台のエントリーラインを投入

軍用も手がけたチュチマが20万円台のエントリーラインを投入

 

TUTIMA GLASHÜTTE

チュチマ・グラスヒュッテ

 
フリーガー スカイ

フリーガー スカイ


2019年に発表された新シリーズのフリーガー スカイは、軍用時計をルーツにもつ本格モデルを中心に展開するチュチマ・グラスヒュッテが、そのエントリーラインとして投入したベーシックな3針モデルだ。印象的なグラデーション文字盤やミラネーゼブレスを採用するなど、カジュアルな雰囲気が高められ、デイリーユースとして使い勝手の良いデザインに仕上がっている。
■ステンレススチールケース&ミラネーゼブレス、ケース径41mm。10気圧防水。自動巻き(Cal.330)。各20万9000円

 

戦略価格で展開される本格実用腕時計

 
 近年は自社製ムーヴメントの開発にも乗り出し、これを搭載したドレス系モデルが愛好家から高い評価を得るなど高級時計ブランドとしてのイメージを定着させているチュチマ・グラスヒュッテ。
 しかし、その根底にある時計作りに対する考え方はいまも昔も変わらない。実際、2018年末に同社のディター・デレケイトCEOが来日した際に行ったインタビューでも次のように語っている。
 
「ミニッツリピーターなどの高級ラインはブランドの技術力を示すために開発したもので、我々のメインビジネスは、あくまでもミリタリークロノグラフをはじめとする堅牢で実用的なコレクションなのです。これは今後も変わりません」
 
 そしてこの言葉が嘘ではないことを証明するように、2019年にも魅力的な本格実用時計をリリース。そのひとつがここで取り上げるフリーガー スカイである。
 
 本作の魅力のひとつが、同社がこれまでに手がけたミリタリーウオッチのDNAを継承しつつ、カラーグラデーション文字盤やミラネーゼブレスなどを採用し、カジュアルな雰囲気に仕上げられた点だろう。
 優れた実用性はそのままにファッション性をプラスすることでデイリーユースとして、より使いやすいデザインとなっているのだ。
 

トレンドも意識したカラーがチョイスされグリーン、ブルー、グレー、レッドの4色で展開されるフリーガー スカイ。文字盤の色は中央から外側にかけて黒く落としているため、派手すぎず着けやすいことに加えて、実際のサイズ(41mm径)より引き締まって見える

 
 さらに特筆はその価格設定だ。同社ではフリーガー スカイをエントリーラインと位置付け、実用重視の本格的な作り込みでありながら、20万円台という価格に抑えたのである。本格機械式腕時計を探しているなら、ぜひチェックしてもらいたい1本だ。
 
 

エントリー機ながら作りは本格派


搭載する自動巻きムーヴメントは、38時間のパワーリザーブを備えるCal.330。ローターにセットされたブランドロゴは18金製で、見た目にアクセントを与えている。またネジ込み式の裏ブタが採用されており、防水性も10気圧防水だ

 

ミラネーゼブレスは重厚感ある造形となっているが、動きがしなやかなためフィット感は抜群。時計をしっかりとホールドし、快適な装着感を実現している

 
 
 

定番のフリーガーにも新色が登場!


軍用パイロットウオッチに範をとった定番のフリーガーに、グリーングラデーション文字盤を採用した新色が登場。オレンジを差し色に効かせ、優れた視認性とデザイン性を両立させた点がポイントで、こちらの価格も20万円台とお手頃だ。
■(レザー仕様)Ref.6105-29。21万2300円。(ブレス仕様)Ref.6105-30。25万800円。ステンレススチールケース。ケース径41mm。10気圧防水。自動巻き(Cal.330)

 
 
文◎堀内大輔(編集部)/写真◎水橋 崇行
 
 

問い合わせ:モントレックス TEL.03-3668-8550
http://www.montrex.co.jp/tutima.html

 

2019.11.25 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

ドイツ最強(!?)、衝撃・磁気・水に強い腕時計“DAMASKO(ダマスコ)”の実力を探る

金属加工会社を母体に、先進技術を取り入れた時計作りを展開するドイツ屈指の技術系時計ブランド、ダマスコ。まだまだ知名度は低いが、その強靭で実用性に優れた時計が目の肥えた時計好きから支持を集めている。今回はその実力を探っていこう。

TOPICS  

軍用も手がけたチュチマが20万円台のエントリーラインを投入

近年は自社製ムーヴメントの開発にも乗り出し、これを搭載したドレス系モデルが愛好家から高い評価を得るなど高級時計ブランドとしてのイメージを定着させているチュチマ・グラスヒュッテ。しかし、その根底にある時計作りに対する考え方はいまも昔も変わらない。実際、2018年末に同社のディター・デレケイトCEOが来日した際に行ったインタビューでも次のように語っている。

NEW MODEL  

11/23・24の両日。GPHGで受賞を果たしたドイツの独立時計師、ステファン・クドケ氏の来日イベントを開催!

ドイツの独立系時計ブランド“KUDOKE”の創始者、ステファン・クドケ氏が来日する。そして今週末には11月23日(土)に日本橋三越本店 本館6階 ウォッチギャラリー、24日(日)は伊勢丹新宿店 本館5階 ウォッチ シェルマンにて、その来日を記念したトークイベントが開催される。

TOPICS  

1億円のハイブリッド車、ポルシェ918スパイダーに採用されたアシッドグリーンがアクセント!

ポルシェデザインから、11月に発売が開始された注目の最新作を紹介しよう。クロノタイマー フライバックとモノブロック アクチュエータークロノタイマー フライバックの2種類のフライバック機能付きクロノグラフがベースの派生モデルである。

NEW MODEL