• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > TOPICS > 伝統と革新を追求するドイツの古豪チュチマ・グラスヒュッテのいま

伝統と革新を追求するドイツの古豪チュチマ・グラスヒュッテのいま

 

TUTIMA GLASHÜTTE

チュチマ・グラスヒュッテ

 

 

伝統と革新を追求するドイツの古豪チュチマ・グラスヒュッテのいま


 
 古くからの時計ファンのなかには、ドイツの古豪、チュチマに対して“軍用時計メーカー”というイメージをもっている人は多いだろう。
 実際に第2次世界大戦時にフライバッククロノグラフの傑作キャリバー59を手がけたほか、1984年にはNATO空軍にRef.798が制式採用されるなど確かな実績があり、現在はこれらのDNAを受け継ぐ実用コレクションをラインナップの軸として展開している。
 

チュチマの歴史を語るうえで欠かせないミリタリー クロノグラフ Ref.798。1984年にNATO空軍に制式採用されたモデルで、以降、同社では本作のDNAを受け継いだコレクションを中心に展開した

 
 そんな同社はいま、新生チュチマ・グラスヒュッテとしてさらなる高みを目指している。
 きっかけは2008年に、悲願だった創業地グラスヒュッテへと帰還を果たしたことだ。これを機に同地で新たな生産体制を敷いたチュチマ・グラスヒュッテは、自社製ムーヴメントの開発にも乗り出したのである。
 また、これと同時にコレクションのブラッシュアップと刷新も図られた。
 
 ここで取り上げるのが、まさに新生チュチマ グラスヒュッテを象徴するコレクションである。
 グラスヒュッテの伝統技法と長年培った同社の優れた時計製造技術を融合したドレスラインの“パトリア”。そして軍用時計のDNAを継承しつつも、現代的なアプローチにより独創性を引き出した“ザクセン ワン”。いずれも、既存のイメージとは一線を画した意欲作に仕上がっている。
 

パトリア・アドミラル ブルー

完全自社製の手巻きムーヴメントCal.Tutima 617を搭載するパトリア初のステンレススチール仕様。グラスヒュッテ様式と呼ばれる伝統のスタイルを踏襲し、美しく仕上げられたムーヴメントもさることながら、高品質なブルーエナメル文字盤や鏡面仕上げを施したケースなど、外装のクオリティも極めて高い。それでいて価格をミドルレンジに抑えており、コストパフォーマンスの高さが際立つ1本だ。
■Ref.6610-01。SSケース、レザーストラップ。ケース径43mm。5気圧防水。手巻き(Cal.Tutima 617)。76万7800円

 

ザクセン ワン クロノグラフ

四方のエッジを立てたクッションケースや鋭角な先端をもつ針など、新生チュチマ グラスヒュッテの独自性を象徴する意匠に仕上げられたザクセン ワン。搭載するのは、かつてミリタリー クロノグラフに採用したレマニア製のCal.5100をもとに、独自に再設計したモジュールを加えたCal.Tutima 521である。2019年に待望の日本初上陸を果たしたコレクションだ。
■Ref.6420-05。SSケース&ブレス。ケースサイズ43mm。20気圧防水。自動巻き(Cal.Tutima 521)。70万4000円

 
 帰郷から10年でより強固な生産体制も整ったチュチマ グラスヒュッテ。伝統と革新を追求する同ブランドの新章はまだはじまったばかりだ。
 
 
文◎堀内大輔(編集部)
 
 

問い合わせ:モントレックス TEL.03-3668-8550
http://www.montrex.co.jp/tutima.html

 

2020.02.03 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

日本橋三越本店のA.ランゲ&ゾーネ ショップが国内4番目のブティックに

東京・日本橋の三越本店の時計売場のA.LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)のコーナーが、9月1日(火)より、さらなる特別な体験やサービスを提供できる国内4番目のブティック店舗となった。

INFORMATION  

【いま時計界ではコレがトレンド!?】古豪チュチマも2020年モデルにグラデーション文字盤を次々投入!

伝統的なドイツ軍用時計のDNAを受け継ぐ実用モデルを軸に、多様なラインナップを展開するチュチマ・グラスヒュッテ。同社が2020年に投入した新作で、そのラインナップはより多彩でデザインに富んだものとなった。

TOPICS  

【希少な最新作を見れるチャンス!】A.ランゲ&ゾーネが新作巡回展示&塗り絵コンテストを開催中

4月25日に全世界でオンライン発表され、A.ランゲ&ゾーネ初のアクティブ・エレガンス ウオッチのさらなる1ページを切り開く話題作となったオデュッセウスのホワイトゴールドモデル。通常、店頭に並ぶことがない希少なこの最新作が日本国内のブティック3店舗で巡回展示される。

INFORMATION  

全11ブランドが一堂に揃う「ドイツ時計フェア2020」を、銀座三越 6階 GINZA ステージにて開催!

東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日。2020年はそれからちょうど30年目という節目の年を迎えるアニバーサリーイヤーだ。そこで銀座三越 6階 GINZA ステージでは、それを記念した催しとして「ドイツ時計フェア2020」を本日7月15日(水)~7月28日(火)までの14日間の日程で開催する。

INFORMATION