• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > SPECIAL > 2020年新作速報! ポルシェ・デザインの人気クロノグラフにブルー文字盤が登場!

2020年新作速報! ポルシェ・デザインの人気クロノグラフにブルー文字盤が登場!

 

Porsche Design

ポルシェデザイン

 


2020年新作速報!
ポルシェ・デザインの人気クロノグラフにブルー文字盤が登場!


 
 1919コレクションのフライバック機能搭載クロノグラフとして2018年に登場したポルシェ・デザインの1919 クロノタイマー・フライバック。最初にブラウン文字盤がリリースされ、19年はブラック文字盤、そして20年モデルとして、今回ブルー文字盤が新たに追加された。
 
 ポルシェ・デザインの1919コレクションといえば、大きく空洞になった独特のラグを備えたチタンケースを採用する。まるで高い空力特性を備えたポルシェ911を彷彿とさせる非常に洗練されたデザインが魅力のコレクションだ。
 
 なかでも今回新色が発表されたこのクロノタイマー・フライバックは、1972年にポルシェ911の産みの親、フェルディナント・アレクサンダー・ポルシェが発表した同社初のクロノグラフウオッチ“クロノグラフ I”のDNAを受け継いでいる。
 

Ref. 6023.6.04.006.07.2。Ti(42mm径、ケース厚14.90mm)。10気圧防水。自動巻き(Cal. WERK 01.200、毎時2万8800振動、約48時間パワーリザーブ)。96万8000円



 
 しかも搭載するクロノグラフ機構には、瞬時にクロノグラフ秒針や積算計の針をゼロにリセットして、再計測が行えるフライバック機構も装備する。まさにスポーツカー好きにふさわしい高機能クロノグラフウオッチというわけだ。
 
 タテ目の2カウンターには12時位置が30分、6時位置が12時間のクロノグラフ積算計を備え、9時位置にはスモールセコンド(秒表示)ではなく、ファンクション・インジケーターとして扇状の小窓内を目盛付きディスクが回転する。
 

シースルーバックからはフライバッククロノグラフのメカニカルな機構が確認できるうえに、ブラックのローターがレーシーな雰囲気を醸し出す



 実はこれ、役目としては時計が動いているかを確認するためのものなのだが、あえてスモールセコンドをやめてインジケーターとしたのには視認性へのこだわりがあるようだ。
 
 つまり、文字盤という狭いスペースにインダイアルが多いと煩雑になるため、9時位置をデザイン的にスッキリさせることでクロノグラフ機能の判読性を優先させたというものだ。デザイン性と機能性を両立させた点はさすがである。
 
 今回、文字盤に採用されたブルーも深く落ち着いた色合いが使われているため、ちょっとしたファッションの差し色としても合わせやすい。
 
 
文◎菊地吉正(編集部)
 
 

問い合わせ:ノーブルスタイリング TEL.03-6277-1600 
noblestyling.com

2020.03.26 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

世界100本限定。ドイツ・シャウボーグウォッチの新作は愛好家のツボを押さえた1本!

シャウボーグウォッチのコレクションのなかでも、伝統的なスタイルと丁寧な作り込みを追求し、機械式腕時計の醍醐味を比較的リーズナブルな価格で味わえるのが“クラソコ”に、2020年、100本のリミテッドエディションが発表された。

NEW MODEL  

グラスヒュッテ・オリジナルが ”ゴールデンバランス”ウオッチアワードを受賞

グラスヒュッテ・オリジナルが、2020年も再び“ゴールデンバランス”ウオッチアワードで1位を獲得する快挙を成し遂げた。

TOPICS  

伝統と革新を追求するドイツの古豪チュチマ・グラスヒュッテのいま

古くからの時計ファンのなかには、ドイツの古豪、チュチマに対して“軍用時計メーカー”というイメージをもっている人は多いだろう。実際に第2次世界大戦時にフライバッククロノグラフの傑作キャリバー59を手がけたほか、1984年にはNATO空軍にRef.798が制式採用されるなど確かな実績があり、現在はこれらのDNAを受け継ぐ実用コレクションをラインナップの軸として展開している。

TOPICS  

国内3店舗目となるA.ランゲ&ゾーネのブティックが大阪・梅田にオープン

2020年2月5日、A.ランゲ&ゾーネの国内3店舗目となるブティックが大阪の阪急うめだ本店 6階ウォッチギャラリー内にオープンする。

INFORMATION