• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > INFORMATION > 日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリーで17ブランドが一堂に集う「ドイツ時計フェア2020」を開催!

日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリーで17ブランドが一堂に集う「ドイツ時計フェア2020」を開催!

 
 

日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリーで
17ブランドが一堂に集う「ドイツ時計フェア2020」を
開催!


 東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日。今年はそれからちょうど30年目になるアニバーサリーイヤーだ。そこで日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリーではそれに先立って、本日6月17日(水)から7月7日(火)までの21日間、「ドイツ時計フェア2020」を開催する。
 
 今回の開催にあたっては、我々編集部も構成に協力、ブランド解説やフォトギャラリーなどのお手伝いをさせていただいた。全17ブランドと、クロックから腕時計まで一度にこれだけのブランドを見られるのは、ほかではほとんどないこと。時間があればぜひ一度立ち寄ってもらいたい。
 
 

■開催概要

・開催期間:6月17日(水)から7月7日(火)
・開催場所:日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリー
・ 問い合わせ先:03-3241-3311
・ 参加ブランド(アイウエオ順)
【腕時計】A.ランゲ&ゾーネ、ヴェンペ、クドケ、グラスヒュッテ・オリジナル、ダマスコ、トーマス・ニンクリッツ、D.ドルンブルート&ゾーン、ノモス・グラスヒュッテ、ヘンチェル、ポルシェデザイン、モリッツ・グロスマン、ユンハンス、ラング&ハイネ 
【クロック】ウルゴス、エルウィン・サトラー、キニンガー、ヘルムレ
 
 

6月20日(土)からインスタライブを配信

 
 なお、6月20日(土)15:00からは、業界初のドイツ時計専門誌「ドイツ腕時計」を4号にわたって出版した、当サイト、総編集長の菊地吉正が「ドイツ時計に個性をもたらした2大産地の存在」をテーマに、ドイツ時計の歴史についてのインスタライブが「日本橋三越本店公式Instagram」で行われる。
 
 

菊地 吉正

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa プロフィール

 
 時計専門の出版社、シーズ・ファクトリーの代表兼総編集長として「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。2013年にはMOOKとして業界初のドイツ時計専門誌「ドイツ腕時計」を刊行。出版した第1〜4号はすべてドイツ国立図書館にドイツ語に翻訳されて収蔵されるなど高い評価を得た。なお2018年からは紙からデジタルに移行、ドイツ時計専門のWEBマガジン「GERMAN WATCH.jp」として情報発信を続けている。
 また近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらに1940〜60年代の雰囲気を再現した時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」も自らが立ち上げるなど、出版だけでなく時計に特化した関連事業を幅広く展開している。

 
 
文◎松本由紀(編集部)
 

2020.06.17 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【希少な最新作を見れるチャンス!】A.ランゲ&ゾーネが新作巡回展示&塗り絵コンテストを開催中

4月25日に全世界でオンライン発表され、A.ランゲ&ゾーネ初のアクティブ・エレガンス ウオッチのさらなる1ページを切り開く話題作となったオデュッセウスのホワイトゴールドモデル。通常、店頭に並ぶことがない希少なこの最新作が日本国内のブティック3店舗で巡回展示される。

INFORMATION  

全11ブランドが一堂に揃う「ドイツ時計フェア2020」を、銀座三越 6階 GINZA ステージにて開催!

東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日。2020年はそれからちょうど30年目という節目の年を迎えるアニバーサリーイヤーだ。そこで銀座三越 6階 GINZA ステージでは、それを記念した催しとして「ドイツ時計フェア2020」を本日7月15日(水)~7月28日(火)までの14日間の日程で開催する。

INFORMATION  

【動画】GERMAN WATCH.jpの編集長が語る!「ドイツ時計産業の意外な歴史」について

現在、日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリーにて開催中の“ドイツ時計フェア2020”。東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日からちょうど30年目になったことを記念して、17ものドイツブランドが参加。腕時計からクロックに至るまでドイツ時計が一気に見られるという、まさに時計好きには見逃せない催しだ。

INFORMATION  

ジェットセッター必見。35のタイムゾーンに対応するワールドタイムモデル

時差を計算することなく、2つのタイムゾーンの時刻を読み取ることができるグラスヒュッテ・オリジナルのワールドタイムモデル、セネタ・コスモポリト。2018年に発表され好評を得た本モデルに、今年の新作としてスタイリッシュなミッドナイトブルー文字盤を採用したニューモデルが登場した。

NEW MODEL