• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > TOPICS > 【いま時計界ではコレがトレンド!?】古豪チュチマも2020年モデルにグラデーション文字盤を次々投入!

【いま時計界ではコレがトレンド!?】古豪チュチマも2020年モデルにグラデーション文字盤を次々投入!

 

TUTIMA GLASHÜTTE

チュチマ・グラスヒュッテ

 

いま時計界ではコレがトレンド!?
古豪チュチマも2020年モデルに
グラデーション文字盤を次々投入!


 

 
 伝統的なドイツ軍用時計のDNAを受け継ぐ実用モデルを軸に、多様なラインナップを展開するチュチマ・グラスヒュッテ。
 同社が2020年に投入した新作で、そのラインナップはより多彩でデザインに富んだものとなった。
 
 具体的には19年から採用され、好評を博しているカラーグラデーション文字盤を、“M2”や“フリーガー”といった人気シリーズへ次々と投入したのである。
 なかでも筆者が気になった“グランドフリーガー・エアポート・クロノグラフ”と“M2クロノグラフ”の2モデルを紹介したい。
 
 

Close Up 01
グランドフリーガー・エアポート・クロノグラフ

■Ref.6406-02。SS(43mm径)。20気圧防水。自動巻き(Cal.310)。49万5000円

 
 まずはグランドフリーガー・エアポート・クロノグラフから紹介しよう。
 本作で特筆は、現代的なデザインとなった既存のエアポートに、鮮やかなブルーグラデーション(グリーン仕様もあり)を組み合わせたことで、本格的なスペックを備えつつも、ファッションとしても楽しめる仕上がりとなっている点だ。
 
 またそのブルーの色味も決して派手すぎず、カッコいい。
 単色のブルーカラーではポップになりすぎてしまうところ、本作では外周部分を黒になじませることで実用時計らしい硬派な雰囲気をプラスしているのだ。そのためビジネスからカジュアルファッションまで幅広いコーディネイトに合うだろう。
 さらに、新たにセラミック製ベゼルを採用し、耐傷性も向上。優れた実用性とファッション性を融合した1本だ。
 
 

Close Up 02
M2クロノグラフ

■Ref.6450-04。TI(46mm径)。30気圧防水。自動巻き(Cal.521)。59万1800円

 
 もうひとつのM2クロノグラフは、チュチマがかつて手がけた伝説的な軍用時計の後継機であり、そのDNAを色濃く受け継いだモデルの最新形だ。
 こちらも新たにグラデーションカラーの文字盤が採用されているのだが、注目すべきはほかにもある。
 従来モデルでは、12時位置にあった24時間表示と9時位置のスモールセコンドを、あえて廃してデザインとコストの両面でスリム化を図った意欲作でもあるのだ。
 
 文字盤がすっきりとしたことで視認性を高めたことはもちろん、オレンジの差し色を用いることで、いい感じにレトロ感も演出されている。
 1970年代のヴィンテージモデルを彷彿とさせる仕上がりだ。
 
 
 古豪ブランドとしてのアイデンティティーを保ちつつも、新境地を感じさせる魅力的な新作が揃うチュチマ・グラスヒュッテから目が離せない。
 
 

まだある。注目のグラデーション文字盤モデル


 

M2コーストライン

 1984年にチュチマが開発したNATOクロノグラフのDNAを継承するM2コレクションのなかでも、現代的なカラーを取り入れるなどしてカジュアル感を強調したのがコーストラインだ。
 2020年はその新色として3針モデルにモスグリーン仕様が追加された。
 

■Ref.6150-08。TI(43mm径)。30気圧防水。自動巻き(Cal.330)。25万800円

 
 

(左)フリーガー スカイ
(右)フリーガー

 伝統的な軍用時計の名を冠するフリーガー スカイとフリーガーにも新色が追加されている。
 新たに登場したのは、前者が1970年代に見られたライトグレーグラデーション仕様で、後者はグレーグラデーション仕様だ。またフリーガーには、アメリカの老舗タンナーとして知られるホーウィン社製の革ベルトが装着される。
 

■(左)Ref.6105-20。SS(41mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.330)。20万9000円 (右)Ref.6105-31。SS(41mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.330)。20万3500円

 
 
文◎堀内大輔(編集部)
 
 

問い合わせ:モントレックス TEL.03-3668-8550
https://tutima-japan.com/

 

2020.08.17 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【日本橋三越ワールドウォッチフェア】20ブランドが一堂に集う“ドイツ時計フェア2020”を同時開催中!

東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日。今年はそれからちょうど30年目となる。そこで現在開催中の第23回日本橋三越ワールドウォッチフェアでは10月27日(火)まで「ドイツ時計フェア2020」も同時開催している。

INFORMATION  

【実機レビュー】これで普段使いにもイケる!|ジンの人気シリーズに待望の41mmモデル

ジンを代表するダイバーズウオッチのUシリーズ。海水に強い耐性をもつ鋼鉄、Uボート・スチールを採用することでも知られる本シリーズに2020年、41mmサイズが投入された。

NEW MODEL  

日本橋三越本店のA.ランゲ&ゾーネ ショップが国内4番目のブティックに

東京・日本橋の三越本店の時計売場のA.LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)のコーナーが、9月1日(火)より、さらなる特別な体験やサービスを提供できる国内4番目のブティック店舗となった。

INFORMATION  

【いま時計界ではコレがトレンド!?】古豪チュチマも2020年モデルにグラデーション文字盤を次々投入!

伝統的なドイツ軍用時計のDNAを受け継ぐ実用モデルを軸に、多様なラインナップを展開するチュチマ・グラスヒュッテ。同社が2020年に投入した新作で、そのラインナップはより多彩でデザインに富んだものとなった。

TOPICS