• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > BLOG > @kikuchiのドイツ時計見聞記 > 【東西ドイツ統一30周年特別連載】ドイツ時計の真髄|[第2回]近代化を推し進めたシュヴァルツヴァルト地方

【東西ドイツ統一30周年特別連載】ドイツ時計の真髄|[第2回]近代化を推し進めたシュヴァルツヴァルト地方

 第1回では、ドイツ時計産業の発展には、南部の“シュヴァルツヴァルト地方”とチェコ国境沿いにある小さな山あいの街“グラスヒュッテ”という2大産地が大きく寄与したものの、その内容はまったく異なるものだったと紹介した。そこで今回は、前者のシュヴァルツヴァルト地方について詳しく見ていきたい。
 

 


 
 シュヴァルツヴァルト地方は、別名を“黒い森(ブラック・フォレスト)”と呼ばれるほど、森林資源が豊富だった。そのためこの森林資源を有効活用して1600年代前半からケースや歯車などに木をふんだんに使用した木製クロックの製造が盛んに行われていたのである。日本の江戸時代初期に当たるため、歴史的にみてもかなり古くから産業が興ったことがわかる。
 
 そして、これを一躍有名にしたのが、1700年代前半に誕生した通称“鳩時計(正式にはカッコウ時計と言う)”だ。これが世界的な大ヒットを呼び、1800年代初めには、何とこの地に680以上もの大小クロックメーカーと500人以上の時計行商人が存在し、クロックを背負ってヨーロッパ中に売り歩いたと言われほど当時活況を呈していたのである。つまり、この地にいまなお老舗の高級クロックメーカーがあるのはこのような背景があったのだ。
 
 そして、この地でクロック製造の近代化を推し進めたのが、1861年に創業したユンハンスなのである。ユンハンスはいまでこそクロックよりもマックスビルなどバウハウスデザインで人気のウオッチメーカーだが、もともとはクロックメーカーだった。
 

1903年のユンハンスの工場。当時3000人が勤務した巨大な企業だった

 
 ユンハンスは従来の木製クロックではなく、木製のケースに金属の振り子、そしてチャイムを持つ最新のクロックを発明。南北戦争後のアメリカにそのクロックを大量に輸出して、大きな成功を収めている。そして1900年代前半には3000名の従業員を抱えて、年産300万個のクロックを生産するまでに成長したのである。
 
 このユンハンスの大躍進は、やがてこの地にクロックのパーツを作るサプライヤーを多く生み出した。そして、このサプライヤーの存在に刺激されるように、1800年代後半から1930年代にかけて、今度はウオッチのメーカーがこの地に誕生する。日本でよく知られる代表的なメーカーを挙げると、1882年に設立されたハンハルト、1920年代半ばのラコと27年のストーヴァ、そしてラコの兄弟会社でムーヴメントメーカーのドゥローヴェ(33年)だ。
 

第2次世界大戦時に爆撃機のナビゲーター用に作られた航空時計“通称Bウオッチ”。ラコはもちろん、グラスヒュッテのA.ランゲ&ゾーネやヴェンペも軍管理下のもとでまったく同じものを製造した

 
 そしてこれら3社は、第2次世界大戦において軍用時計製造という重要な任を担うことになる。ラコとストーヴァはA.ランゲ&ゾーネとともに、ドイツ軍のサプライヤーとなり、空軍向けの通称Bウオッチを製造。ハンハルトは38年にドイツ初の腕時計型クロノグラフを開発、これも空軍に採用された。一方のユンハンスは90%を信管の製造に当てた(これは後々の同社の基幹産業になる)。
 
 西ドイツ圏だったシュヴァルツヴァルト地方の時計産業は、戦後急成長を遂げた西ドイツ経済に伴って需要も回復、50年代のラコはドゥローヴェとともに1400人もの従業員を抱え、月産8万個ものムーヴメントを製造。ユンハンスはクロノメーターを年に1万本も製造するなど、クロノメーターの生産数としてはロレックス、オメガに次ぐ第3位にまで躍進した。
 

ラコが1950年代後半に開発した電磁テンプ式ムーヴメントのプロトタイプ

 
 しかし、60年代になるとラコとドゥローヴェはタイメックスに買収され、ハンハルトも腕時計の製造を中止するなど、シュヴァルツヴァルト地方の時計産業はクロックを中心とした小規模なものへと縮小してしまう。
 
 ただユンハンスは違った。63年から自社ムーヴメントからETAベースに切り替え、同時に機械式時計に早くから見切りをつけた同社は、67年に電磁テンプを持つキャリバーW600を開発。70年にはクォーツムーヴメントを完成させ、72年のミュンヘンオリンピックでは公式計時を担当する。85年には世界初の電波時計“メガ1”を完成させ、世界中から注目を浴びた。
 

世界初の電波時計、ユンハンスの“メガ1”

 
 このユンハンスはもちろん、現在は、2004年にストーヴァ、ラコは10年にそれぞれ創業地であるシュヴァルツヴァルト地方のフォルツハイムで復活を遂げている。
 
 第3回は、いまやドイツ高級時計の聖地とも言われるグラスヒュッテについてお届けする。
 
『パワーウオッチ9月号(No.113)の記事より』
 
 

菊地 吉正

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。GERMAN WATCH.jp編集長。

2020.10.19 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【日本橋三越ワールドウォッチフェア】20ブランドが一堂に集う“ドイツ時計フェア2020”を同時開催中!

東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日。今年はそれからちょうど30年目となる。そこで現在開催中の第23回日本橋三越ワールドウォッチフェアでは10月27日(火)まで「ドイツ時計フェア2020」も同時開催している。

INFORMATION  

【実機レビュー】これで普段使いにもイケる!|ジンの人気シリーズに待望の41mmモデル

ジンを代表するダイバーズウオッチのUシリーズ。海水に強い耐性をもつ鋼鉄、Uボート・スチールを採用することでも知られる本シリーズに2020年、41mmサイズが投入された。

NEW MODEL  

日本橋三越本店のA.ランゲ&ゾーネ ショップが国内4番目のブティックに

東京・日本橋の三越本店の時計売場のA.LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)のコーナーが、9月1日(火)より、さらなる特別な体験やサービスを提供できる国内4番目のブティック店舗となった。

INFORMATION  

【いま時計界ではコレがトレンド!?】古豪チュチマも2020年モデルにグラデーション文字盤を次々投入!

伝統的なドイツ軍用時計のDNAを受け継ぐ実用モデルを軸に、多様なラインナップを展開するチュチマ・グラスヒュッテ。同社が2020年に投入した新作で、そのラインナップはより多彩でデザインに富んだものとなった。

TOPICS