• facebook
  • twitter
  • instagram
WHAT’S NEW

ドイツを代表するライカ社が腕時計を発表

カメラの製造で有名なライカ社が腕時計市場に参入。ベーシックなL1と第2時間表示付きのL2の2モデルを発表した。

NEW MODEL  

トーマス・ニンクリッツの伊勢丹メンズ館限定モデルが登場

ドイツ発の本格機械式時計ブランド、トーマス・ニンクリッツのフラグシップモデルである“グランドセコンド”。この日本特別注文モデルに、伊勢丹メンズ館限定モデルが登場する。

NEW MODEL  

バーゼルワールド2018<シャウボーグ②>

オーナーが生粋の時計愛好家であるという事実は、シャウボーグの時計作りにも大きな影響を与えている。なかでも特徴的なウオッチメイキングが、通常よりも彫り込みを深くすることで立体的な印象を際立たせた独創的なエングレーブだろう。

NEW MODEL  

ドイツ時計の魅力を再考する<A.ランゲ&ゾーネ>

2017年、1815コレクションに加わった1815 アニュアルカレンダーは、“決して立ち止まらない”を信条とするA.ランゲ&ゾーネらしいモデルだ。

TOPICS  

ストーヴァの新作を携えシャウアー氏が来日

去る6月8日・9日に、ストーヴァを率いるヨルク・シャウアー氏が来日を果たした。今回の目的は、同ブランドにとって重要なマーケットのひとつである日本での新作披露だ。

TOPICS  

ノモスが国内初のレディースフェアを開催

ノモス グラスヒュッテが2018年に発表した新作テトラ プチ フォー。この発売を記念して、国内初となるレディースフェアが開催される。

CAMPAIGN  

昔ながらの製造方法で生み出す高品質ミラネーゼブレス

近年のヴィンテージデザイン人気が後押しして、再び注目度が高まっているミラネーゼだが、実はこれを製造できる企業は世界でも数少ない。ドイツの“シュタイプ”は、伝統的な製造技法を現代まで守り続け、高品質なミラネーゼブレスを製造する貴重な企業のひとつだ。

TOPICS  

ラング&ハイネ初の角形、ゲオルク

2018年のバーゼルワールドで発表されたブランド初のトゥールビヨンモデル、アントンが話題を集めたラング&ハイネ。このアントンのベースであり初の角形モデルが、17年発表のゲオルクである。

TOPICS  

アイアンアニーが日本上陸

ユンカースやツェッペリンなど日本でも知られるドイツ時計を手がけているポインテック社が、創業30周年を迎える。そして、その記念としてハウスブランドとなる新ブランド、IRON ANNIE(アイアンアニー)がデビューした。

WHAT’S NEW  

バーゼルワールド2018<シャウボーグ>

時計コレクターでもあるオーナーが、毎年、エンドユーザーに近い感性を発揮。ツウ好みの個性的なコレクションを展開するシャウボーグ。2018年のバーゼルワールドでも、ほかのジャーマンウオッチブランドとはひと味異なる、個性的な新作をした。

NEW MODEL  

1 / 512345