• facebook
  • twitter
  • instagram
WHAT’S NEW

【日本橋三越ワールドウォッチフェア】20ブランドが一堂に集う“ドイツ時計フェア2020”を同時開催中!

東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日。今年はそれからちょうど30年目となる。そこで現在開催中の第23回日本橋三越ワールドウォッチフェアでは10月27日(火)まで「ドイツ時計フェア2020」も同時開催している。

INFORMATION  

【実機レビュー】これで普段使いにもイケる!|ジンの人気シリーズに待望の41mmモデル

ジンを代表するダイバーズウオッチのUシリーズ。海水に強い耐性をもつ鋼鉄、Uボート・スチールを採用することでも知られる本シリーズに2020年、41mmサイズが投入された。

NEW MODEL  

日本橋三越本店のA.ランゲ&ゾーネ ショップが国内4番目のブティックに

東京・日本橋の三越本店の時計売場のA.LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)のコーナーが、9月1日(火)より、さらなる特別な体験やサービスを提供できる国内4番目のブティック店舗となった。

INFORMATION  

【いま時計界ではコレがトレンド!?】古豪チュチマも2020年モデルにグラデーション文字盤を次々投入!

伝統的なドイツ軍用時計のDNAを受け継ぐ実用モデルを軸に、多様なラインナップを展開するチュチマ・グラスヒュッテ。同社が2020年に投入した新作で、そのラインナップはより多彩でデザインに富んだものとなった。

TOPICS  

【希少な最新作を見れるチャンス!】A.ランゲ&ゾーネが新作巡回展示&塗り絵コンテストを開催中

4月25日に全世界でオンライン発表され、A.ランゲ&ゾーネ初のアクティブ・エレガンス ウオッチのさらなる1ページを切り開く話題作となったオデュッセウスのホワイトゴールドモデル。通常、店頭に並ぶことがない希少なこの最新作が日本国内のブティック3店舗で巡回展示される。

INFORMATION  

全11ブランドが一堂に揃う「ドイツ時計フェア2020」を、銀座三越 6階 GINZA ステージにて開催!

東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日。2020年はそれからちょうど30年目という節目の年を迎えるアニバーサリーイヤーだ。そこで銀座三越 6階 GINZA ステージでは、それを記念した催しとして「ドイツ時計フェア2020」を本日7月15日(水)~7月28日(火)までの14日間の日程で開催する。

INFORMATION  

【動画】GERMAN WATCH.jpの編集長が語る!「ドイツ時計産業の意外な歴史」について

現在、日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリーにて開催中の“ドイツ時計フェア2020”。東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日からちょうど30年目になったことを記念して、17ものドイツブランドが参加。腕時計からクロックに至るまでドイツ時計が一気に見られるという、まさに時計好きには見逃せない催しだ。

INFORMATION  

ジェットセッター必見。35のタイムゾーンに対応するワールドタイムモデル

時差を計算することなく、2つのタイムゾーンの時刻を読み取ることができるグラスヒュッテ・オリジナルのワールドタイムモデル、セネタ・コスモポリト。2018年に発表され好評を得た本モデルに、今年の新作としてスタイリッシュなミッドナイトブルー文字盤を採用したニューモデルが登場した。

NEW MODEL  

日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリーで17ブランドが一堂に集う「ドイツ時計フェア2020」を開催!

東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日。今年はそれからちょうど30年目になるアニバーサリーイヤーだ。そこで日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリーではそれに先立って、本日6月17日(水)から7月7日(火)までの21日間、「ドイツ時計フェア2020」を開催する。

INFORMATION  

【2020年新作時計速報】ジン(Sinn)

ハイスペックな本格派モデルを展開するドイツの時計ブランド、ジン。そんなジンから4月29日に発表されたばかりの2020年の新作速報をお届けしよう。

NEW MODEL  

1 / 1412345...10...最後 »