• facebook
  • twitter
  • instagram
SPECIAL

2020年新作速報! ポルシェ・デザインの人気クロノグラフにブルー文字盤が登場!

1919コレクションのフライバック機能搭載クロノグラフとして2018年に登場したポルシェ・デザインの1919 クロノタイマー・フライバック。最初にブラウン文字盤がリリースされ、19年はブラック文字盤、そして20年モデルとして、今回ブルー文字盤が新たに追加された。

SPECIAL  

世界でたった1本を所有する贅沢! モリッツ・グロスマンのワンオフピース。

強いこだわりをもつ時計愛好家にとって、いわゆる自分仕様でほかに存在しない唯一無二のユニークピースを所有することは究極のよろこびなのではないだろうか。

SPECIAL  

世界限定100本のミリタリーモデルが何と約40万円! “ヴェンペ”の最新作

第2次世界大戦時にドイツ軍向けの軍用時計を製造し納入していた歴史をもつヴェンペ(WEMPE)。その現代版コレクションであるツァイトマイスター アビエイターシリーズに、世界限定100本というスペシャルエディションが登場する。

SPECIAL  

ユンハンス【2020年新作第1弾】はブラック&ホワイト仕様のマックス・ビル

2020年2月、ドイツで行われた時計・宝飾の見本市“インフォルゲンタ”にて、ユンハンスが定番シリーズ“マックス・ビル”のニューモデルを発表した。

SPECIAL  

【実機レビュー】何と文字盤をも自製するドイツの高級ブランド“グラスヒュッテ・オリジナル”。その限定モデルを着けてみた!

ドイツ製高級腕時計の聖地とも称されるドイツ東部に位置しチェコとの国境近くにある小さな街“グラスヒュッテ”。人口2000人足らず、歩けば20〜30分で回り終わってしまうほどの小さな街にもかかわらず、名だたる高級時計メーカーが10社以上もが林立する。ドイツ時計産業の一大中心地なのである。

SPECIAL  

“モリッツ・グロスマン”が日本市場に思いを込めて投入した四つの限定モデルとは!

“モリッツ・グロスマン”といえば、2015年2月、文京区小石川の播磨坂(はりまざか)沿いの閑静な住宅街の一角に、いきなり世界初の直営第1号となるブティックを出店して大いに話題を呼んだドイツの高級時計ブランドである。

SPECIAL  

手作りながら80万円台! アカデミーも認めたドイツ人独立時計師“ステファン・クドケ”が生み出す、魅惑のスケルトンウオッチとは!

独立時計師のステファン・クドケ氏が展開するドイツの時計ブランド“クドケ(KUDOKE)”。2018年には自身初となる自社製手巻きムーヴメント、カリバー1を完成させ、それを搭載したクドケ1と、続く第2弾のクドケ2を19年に発表。同年にはこれら2モデルの創造性と技術力が高く評価され、独立時計師創作家協会(AHCI、通称アカデミー)から、準メンバーに選出された。

SPECIAL  

オールブラックの腕時計を世界で初めて作ったのはポルシェ・デザイン!?

ドイツの人気スポーツカーブランド、ポルシェ。その創業者にしてその代名詞でもあるクルマ“911”のデザイナーとしても知られるフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェが、1972年にドイツで立ち上げたのがポルシェ・デザインである。

SPECIAL  

洗練された雰囲気そのままに。WGケースを採用したハイエンドなクロノスコープ

無駄のないシンプルなデザインが魅力となった“ミニマルウオッチ”の筆頭に挙げられるのが、ドイツのユンハンスが展開する“マックス・ビル バイ ユンハンス”シリーズだろう。

SPECIAL  

A.ランゲ&ゾーネの新時代を象徴するニューファミリー“オデュッセウス” 【Vol.04】

これまで3回にわたってA.ランゲ&ゾーネのニューファミリー“オデュッセウス”の実力を探ってきた。その最終回として、使用感など含めて実際に手にしてみた筆者の所感をお届けしたい。

SPECIAL  

2 / 1112345...10...最後 »