• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > 【2020年新作時計速報】ジン(Sinn)

【2020年新作時計速報】ジン(Sinn)

Sinn

ジン

 

人気シリーズのサイズ展開など
選択肢がいっそう豊富に

 
 ハイスペックな本格派モデルを展開するドイツの時計ブランド、ジン。
 そんなジンから4月29日に発表されたばかりの2020年の新作速報をお届けしよう。
 


 

U50シリーズ

 
 海水耐性が優れているだけでなく、残留磁気を帯びずに反磁気性があり、さらに表面硬度が非常に高いといった特徴がある、ドイツ最新鋭の潜水艦Uボートの鋼鉄Uボート・スチールをケース素材に採用したジンのダイバーズウオッチ“Uシリーズ”に新作“U50”が登場した。
 
 Uシリーズで一貫して採用されてきた視認性に優れた文字盤デザインや、耐傷性の高い独自のテギメント・テクノロジーを施した回転ベゼル、そしてシリーズ名が示すとおり50気圧(500m)という高い防水性能を有する点など、高スペックを誇る本作。
 
 その最大の特徴と言えるのが、シリーズで初めて直径41mmのケースを採用した点だ。高スペックがゆえに、定番のU1でも44mm径とビッグサイズで展開されてきたUシリーズに、待望の小径版が登場したというわけである。加えてU50では厚みも11.5mmと、U1より2.8mmも薄くなっている。普段使いにも適した装着感を実現した本格ダイバーズウオッチだ。
 
 width=

■U50.S。Uボート・スチール(41mm径/11.5mm厚。ブラック・ハード・コーティング)。500m防水。自動巻き(Cal.SW300-1/42時間パワーリザーブ)。予価41万円+税(2020年夏発売予定)

 
 

1739シリーズ

 
 実用を追求した本格時計のイメージの強いジンだが、ジャーマンエレガンスを追求したクラシックなモデルも展開している。
 2つ目の新作は既存のクラシックライン“1736”(36mm径)に、新たに加わった39mm径ケース仕様“1739”だ。
 
 半分浮いたように取り付けられたアップライドインデックスやユニークなフォルムの針など、エレガントな中にも絶妙なセンスが光る意匠は以前のままに、1739では新たに高級感あるブラック文字盤仕様が追加され、選択肢が増えている。
 
 他方、エレガントさを追求しつつも、そこはジンの時計。独自のテクノロジーも盛り込み、実用的なスペックを実現している。
 そのひとつがリューズに採用されているD3システムで、これはケース、リューズ、チューブという3ピースになっている従来の構造を、チューブレスにしてパーツを減らし、防水性に対するリスクを下げた独自のテクノロジーだ。高い技術力でケースとの密封性を高め、横からの衝撃や湿気の浸透から時計を守る信頼性の高い構造となっている。
 

■1739.ST.I.S。SS(39mm径/9.1mm厚)。10気圧防水。自動巻き(Cal.SW300-1/38時間パワーリザーブ)。予価32万円+税(2020年夏発売予定)

 
 

556.RS

 
 ジンの代表的な特長を備えた入門モデルとして、高い品質とコストパフォーマンスを誇る556シリーズにもニューモデルが登場している。
 秒針を従来のホワイトからレッドペイントに変更し、判読性を高めた“556.RS”だ。
 
 時計の必要最小限の機能である時・分・秒とデイト表示のみに特化したシンプルな文字盤のなか、レッド秒針が絶妙なアクセントとなり、ファッション性がアップ。
 それでいて価格は既存モデルと同じ20万円というお値打ちな設定のままというのもうれしい。
 

■556.I.RS。SS(38.5mm径/11mm厚)。20気圧防水。自動巻き(Cal.SW200-1/38時間パワーリザーブ)。予価20万円+税(2020年夏発売予定)

 
 

問い合わせ:ホッタ TEL.03-6226-4715 https://sinn-japan.jp

2020.04.29 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【新たなノウハウをグループにもたらす】テンプス・アルテがドイツのウオッチメーカー“ストーヴァ”社を傘下に収める

ラング&ハイネや、ウーレン・ヴェルケ・ドレスデンなどを擁するテンプス・アルテグループの傘下に、ドイツの有名ウオッチメーカー“ストーヴァ”が新たに加わることがわかった。

TOPICS  

【ドイツ勢も充実】伊勢丹新宿店で開催中の“WATCH COLLECTOR’S WEEK”は7月20日まで!

「WATCH AND FIND」をテーマに、自分にとって“本当に良い時計”との新たな出合いを提供する場として、現在、伊勢丹新宿店で “WATCH COLLECTOR’S WEEK(ウォッチ コレクターズ ウィーク)”が開催中だ。

INFORMATION  

【自分だけの1本が手に入る】ノモス グラスヒュッテが6月2日よりカスタムオーダーフェアを実施!

ノモス グラスヒュッテは1990年、ドイツ時計の聖地とも呼ばれるグラスヒュッテで創業した。92年のファーストモデルの発表から、伝統的な機械式時計と高いデザイン性を融合したモノづくりで、数々のデザイン賞を受賞し、現在ではドイツを代表する時計メーカーのひとつとなっている。

CAMPAIGN  

【メタルブレスも選べる】“ノモス”が好みのベルトをセレクトできるカスタムオーダーフェアを開催

ノモス・グラスヒュッテの魅力的なコレクションが一堂に楽しめるフェアが銀座三越新館4階ウォッチ/プロモーションにて、本日3月24日(水)から3月30日(火)まで開催される。

CAMPAIGN