• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > NEW MODEL > 【実機レビュー】これで普段使いにもイケる!|ジンの人気シリーズに待望の41mmモデル

【実機レビュー】これで普段使いにもイケる!|ジンの人気シリーズに待望の41mmモデル

 

Sinn

ジン

 

【実機レビュー】これで普段使いにもイケる!
ジンの人気シリーズに待望の41mmモデル


 

SINN[ジン]
U50

 

■型番:U50
■ケース素材:Uボート・スチール
■ケース径:41mm(ケース厚11.15mm)
■防水性能:50気圧防水
■ムーヴメント:自動巻き(Cal.SW300-1/毎時2万8800振動/パワーリザーブ42時間)
■機能:時・分・秒表示、デイト表示、特殊結合方式の逆回転防止ベゼル
■国内定価:38万5000円
 
 

普段使いを想定した適度なサイズ感を実現

 

 ジンを代表するダイバーズウオッチのUシリーズ。海水に強い耐性をもつ鋼鉄、Uボート・スチールを採用することでも知られる本シリーズに2020年、41mmサイズが投入された。
 
 これまでUシリーズでは、44mm(もしくは47mm)の大型サイズが標準だった。
 本格スペックと精悍なデザインが魅力的な本シリーズだが、特に日本人ユーザーにとって44mmいうサイズは大きく感じる人も多く、普段使いを想定した場合、諦めてしまっていた人も少なからずいただろう。
 
 それだけに小径版の登場を待ちわびていたファンは多いはずだ。また径だけでなく、厚みも11.15mmまで抑えられたため、装着感は格段に向上している。
 もちろん、小径版だからといって既存モデルより性能面で大きく劣るということはない。特殊結合方式により取り付けられた逆回転防止ベゼル、そのベゼルの表面を硬化させたテギメント加工など、独自テクノロジーが駆使された点は従来に同じだ。
 他方、防水性だけは従来に劣っている。しかし、それでも50気圧防水と普段使いとしては十分過ぎるほどの性能を備える。
 ハイスペックを実現しつつ、ファンの期待に応えたモデルと言えるだろう。
 
 

【着けてみました】

 

重量感があるUボート・スチールだが、径が小さくなったことに加え、厚みのあるシリコンベルトを採用しているため安定感がある。またリューズも手の甲に当たらないよう4時位置に配置されているため、装着感は既存モデルに比べて格段にいい

 
 

【Detail Check】

 

○ 【ぶつけやすい部分を強化】
特殊結合方式によって固定されたベゼルには、耐傷性の高いテギメント加工も施される。最もぶつけやすい部分だけに安心感がある

 

○ 【必須級のエクステンション機能】
バックルには、ダイバーズウオッチでは必須とも言えるエクステンション機能を装備する。こうした部分ももちろん本格仕様である

 
 

【Variation】

 

Uシリーズの小径版の登場を待っていた日本人ファンは想定以上に多かったようで、バリエーションとなる上の2モデル(右/U50.SDR。39万6000円。左/U50.S。45万1000円)の初回入荷分はすでに流通在庫のみ。次回の入荷は冬以降とのことだ

 
 
文◎堀内大輔(編集部)/写真◎笠井 修
 
 

問い合わせ:ホッタ TEL.03-6226-4715 https://sinn-japan.jp

2020.10.21 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【芸術性と機能性の融合】“ノモス グラスヒュッテ”の最新スポーツモデル“アウトバーン・ディレクターズカット”の魅力に迫る!【ドイツ時計を深掘り】

 “ノモス グラスヒュッテ”は様々な時計ブランドが林立する、ドイツ時計の聖地とも言われるグラスヒュッテに本拠地を置くウオッチメゾンである。 東西ドイツ統一後の1990年、ローランド・シュベルトナーが創業したノモス グラス […]

NEW MODEL  

【ドイツ時計を深掘り】日本に再上陸を果たした “ボッチア チタニウム”の魅力を再考する!

 1991年に誕生したボッチア チタニウムは、数々のドイツ軍用時計を手がけた名門チュチマが立ち上げたアナザーブランドだ。ブランドの特徴は、すべての時計に不純物をほとんど含まない純度99.0~99.7%のチタニウム素材“ピ […]

TOPICS  

【ドイツ時計を深掘り】“ブラウン”その洗練された造形美にせまる!

 家電ブランドとして、世界的な知名度を誇るブラウン。家電や、時計に見られる洗練された造形美は、1955年に同ブランドのデザイナーに採用され、すぐにインハウスデザインチームの中心となったプロダクトデザインの巨匠“ディーター […]

NEW MODEL  

【ドイツ時計の世界が体感できる】“フォーチュン タイム ウオッチ コンシェルジュ”が阪急メンズ東京にオープン!

 1890年京都にて時計製造業として創業し、時代に先駆けて優れた生活文化を紹介し続けている会社“大沢商会”。  同社は、その時計事業においては、ヨーロッパを主体に海外のブランドウオッチの輸入販売からファッションブランドウ […]

INFORMATION