• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > BLOG > @kikuchiのドイツ時計見聞記 > “ドイツ・グラスヒュッテ”で製造された時計のロゴの周りには、なぜ町の名前が必ず表示されるのか?

“ドイツ・グラスヒュッテ”で製造された時計のロゴの周りには、なぜ町の名前が必ず表示されるのか?

 

“ドイツ・グラスヒュッテ”で製造された
時計のロゴの周りには、
なぜ町の名前が必ず表示されるのか?


 
 スイス製高級時計の文字盤に小さく表示されている「SWISS MADE」。どこ製の製品であるかを示すいわゆる原産地証明なのだが、よく6時位置にルーペを使わないとわからないほどの小さな文字でプリントされていることが多い。
 
 しかし、これを表示するためには、時計にスイス製ムーヴメントが使われていることと、そのムーヴメントに関しては、製造コストの60%以上がスイス国内で支払われていること、という基準がスイス連邦法で定められている。つまり、これにのっとって時計が製造されていなければならない決まりがあるのだ。
 
 そして、このスイスメイド表記と同じぐらいの厳しい基準を有した原産地証明を文字盤上に独自に表示している時計産地がある。それがドイツのチェコ国境沿いにある小さな町“グラスヒュッテ”である。
 

モリッツ・グロスマンのロゴの下にあるのがグラスヒュッテ製であることを示す原産地証明

 
 メイド・イン・ジャーマニーといえどもドイツの時計メーカーのほとんどは、スイス製のエボーシュ(汎用ムーヴメント)が使われている。それに対して、グラスヒュッテにある時計メーカーはムーヴメントを自社で製造できるほどの高い技術力を備えたところが多い。そのためにあえてグラスヒュッテ製を名乗るうえでの基準を設けているのだ。
 
 そしてこれにはもうひとつ理由がある。それはドイツ国内ではグラスヒュッテという地名は珍しいことではなく、同じ地名が複数存在するらしい。そのためアドルフ・ランゲが興した歴史ある時計産業の地としてのグラスヒュッテと、他の地域とを明確に区別する狙いもあるようだ。
 

右から下へ順に、Aランゲ&ゾーネ、ミューレ・グラスヒュッテ、グラスヒュッテ・オリジナル、ウニオン・グラスヒュッテ、ノモス・グラスヒュッテ、ヴェンペ、ブルーノ・ソンレー、モリッツ・グロスマン、チュチマ・グラスヒュッテ

 
 各社の文字盤上のロゴ部分を拡大した写真を見てほしい。現在グラスヒュッテにある時計メーカー9社は、すべてブランドロゴの近くに“GLASHÜTTE”の文字が表示されているのが確認できるだろう。つまり、これがグラスヒュッテ製の時計であることを示す証明なのである。もちろん、「メイド・イン・ジャーマニー」の文字も文字盤の6時位置に小さく表示されているが、それよりも重視されていることがわかる。
 
 ではどのような基準となっているかというと、グラスヒュッテでの手間と作業が、ムーヴメントを含む時計自体の製造原価の50%以上を占めることである。つまり、グラスヒュッテに本拠を構え、時計を組み立てているだけでは基準を満たさず、それをクリアするためには、ムーヴメントがたとえスイス製のエボーシュであっても、50%以上の手間のために改良などの何らかの作業をしなければならないということだ。
 
 ちなみに、このグラスヒュッテの時計メーカー9社のうち、日本で展開しているのは次の7社。A.ランゲ&ゾーネ、グラスヒュッテ・オリジナル、モリッツ・グロスマン、ミューレ・グラスヒュッテ、ノモス・グラスヒュッテ、チュチマ・グラスヒュッテ、ヴェンペ(アルファベット順)である。
 
 

菊地 吉正

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらにはアンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。GERMAN WATCH.jp編集長。

2021.02.06 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【芸術性と機能性の融合】“ノモス グラスヒュッテ”の最新スポーツモデル“アウトバーン・ディレクターズカット”の魅力に迫る!【ドイツ時計を深掘り】

 “ノモス グラスヒュッテ”は様々な時計ブランドが林立する、ドイツ時計の聖地とも言われるグラスヒュッテに本拠地を置くウオッチメゾンである。 東西ドイツ統一後の1990年、ローランド・シュベルトナーが創業したノモス グラス […]

NEW MODEL  

【ドイツ時計を深掘り】日本に再上陸を果たした “ボッチア チタニウム”の魅力を再考する!

 1991年に誕生したボッチア チタニウムは、数々のドイツ軍用時計を手がけた名門チュチマが立ち上げたアナザーブランドだ。ブランドの特徴は、すべての時計に不純物をほとんど含まない純度99.0~99.7%のチタニウム素材“ピ […]

TOPICS  

【ドイツ時計を深掘り】“ブラウン”その洗練された造形美にせまる!

 家電ブランドとして、世界的な知名度を誇るブラウン。家電や、時計に見られる洗練された造形美は、1955年に同ブランドのデザイナーに採用され、すぐにインハウスデザインチームの中心となったプロダクトデザインの巨匠“ディーター […]

NEW MODEL  

【ドイツ時計の世界が体感できる】“フォーチュン タイム ウオッチ コンシェルジュ”が阪急メンズ東京にオープン!

 1890年京都にて時計製造業として創業し、時代に先駆けて優れた生活文化を紹介し続けている会社“大沢商会”。  同社は、その時計事業においては、ヨーロッパを主体に海外のブランドウオッチの輸入販売からファッションブランドウ […]

INFORMATION