• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > BLOG > @kikuchiのドイツ時計見聞記 > ドイツ時計 実機でインプレッション【4回】

ドイツ時計 実機でインプレッション【4回】

ヴァイスヴァーサのイメージ

 
 

この手作り感がニンクリッツ最大の
魅力でありほかにない味だ


 今回は、前から気になっていたトーマス・ニンクリッツを取り上げる。
 
 このブランドは、時計修復のエキスパートとして、アンティークウオッチから置き時計、さらには町の時計塔の復旧まで手掛けてきた時計師トーマス・ニンクリッツがライフワークの一端としてスタートした。そのため、そのどれもがハンドメイド。そして古典的で、かつとても味わい深い。
 
 そして最大のウリはムーヴメント。ETA社の手巻きムーヴメントであるユニタス6498-1をベースに、19世紀の懐中時計のようなグラスヒュッテ様式を取り入れた仕様に手作業でチューンナップされている。時計修復のエキスパートらしい様々な改良がふんだんに盛り込まれていて、まさに手作り感満載なのである。
 
 今回インプレッションさせていただいたこのヴァイスヴァーサは、同ブランドのなかでも特にユニークな仕様で実におもしろい。その最大の理由はムーヴメントの表裏を逆にセットしている点にある。上の写真を見ていただきたい。文字盤として見えている部分は、実のところ一般的な時計においてはスケルトン仕様になった裏ブタ側から見られるムーヴメントのプレートとテンプ周りということになる。
 
 つまり、普段なら時計を外して裏返しにしないと見られないはずの、ムーヴメントに施されたグラスヒュッテ様式の4分の3プレートや青焼きネジ留めのゴールドシャトン、スワンネンック緩急針、そしてテンプの動きまでもが装着しながら常に見られるというものだ。文字盤の一部分をスケルトン化してテンプの動きだけを見せる仕様とは比べ物にならないほど大胆かつユニークな仕様なのである。
 
ヴァイスヴァーサ1

 
 しかしその反面、見た目にはかなり個性的に映ることも確か。ただ、時計単体で見るのと実際に着けてみるのとでは意外にもちょっと見え方が違った。もしかすると普段シースルーバックから見慣れている光景だからかもしれないのだが、個性的な外見も、着けてみると強く気にするほどの違和感はそれほど感じられない気がする。
 
 個性的な仕様とはいえあくまでもベースは古典。ちょっとファッションに個性をプラスしたい人にはおもしろい時計なのではないだろうか。そして何と言っても、見る人の視線を釘付けにすることは確実。きっと自然と会話も弾むに違いない。
(写真◎笠井修)
 
ヴァイスヴァーサ2

(写真左)4分の3プレートの表面に装飾されたグラスヒュッテストライプは縦縞が一般的だがニンクリッツは円形を採用。輪列の軸受けを18金の輪で固定し、それを青焼きネジで止めた高級仕様、通称ゴールドシャトンもアクセントを添える。そしてプレートにはブランド名やシリアルナンバー(画像を加工して消してます)すらハンドエングレーブされるなど手作り感満載。(写真右)ちょっと写真ではわかり難いがハンドエングレービングが施されたテンプ受けやスワンネック緩急針など、まさに19世紀の懐中時計を彷彿とさせるムーヴメントが見られるのは大きな魅力のひとつ。ただ、これらはすべて手作りゆえに微妙に個体差があることを、念のため記述しておきたい

 
ヴァイスヴァーサ3

7時位置にセットされた時刻表示のオフセンターダイアル。かなりの小スペースながらその中央部分には凹凸をあしらった装飾が施されるなど、細かなところまでこだわっていることが見て取れる。ただ、これはあくまでも僕の私見にすぎないが、そのオフセンターダイアルを囲うようにセットされた金属の円筒形プレートは、高さをもっと低くてもよかったように感じた

 

ヴァイスヴァーサ4
トーマス・ニンクリッツのすべてのコレクションに採用されているのがこの2段になったステップベゼル。古典的な雰囲気を強調するディテールで全体の雰囲気をやわらげている
ヴァイスヴァーサ5
普通の時計であれば文字盤に隠れているため見ることができないムーヴメントの日の裏側がシースルー仕様の裏ブタから見られるというのも不思議な感じがする。ちなみに写真右下にある針は1分間で1回転する。つまり、本来であれば表側にあるはずの秒針というのもおもしろい

 

INFORMATION


ブランド名 THOMAS NINCHRITZ/トーマス・ニンクリッツ
モデル名 ヴァイスヴァーサ
ケース素材 ステンレススチール
ベルト素材 レザー
サイズ 42㎜
防水性 日常生活防水
ムーヴメント 手巻き(Cal.TN203/ユニタスETA 6498-1ベース)
税込み価格 78万8400円
問い合わせ シェルマン TEL.03-5568-1234
www.shellman-online.jp/
ヴァイスヴァーサの正面

 

 

菊地 吉正

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

 
時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」、近年では女性向けウオッチマガジン「ワッタイム」と、時計関連の雑誌を次々に生み出す。また、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のプロデューサーとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。GERMAN WATCH.jp編集長。

2018.12.20 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【ドイツ時計を深掘り】日本に再上陸を果たした “ボッチア チタニウム”の魅力を再考する!

 1991年に誕生したボッチア チタニウムは、数々のドイツ軍用時計を手がけた名門チュチマが立ち上げたアナザーブランドだ。ブランドの特徴は、すべての時計に不純物をほとんど含まない純度99.0~99.7%のチタニウム素材“ピ […]

TOPICS  

【ドイツ時計を深掘り】“ブラウン”その洗練された造形美にせまる!

 家電ブランドとして、世界的な知名度を誇るブラウン。家電や、時計に見られる洗練された造形美は、1955年に同ブランドのデザイナーに採用され、すぐにインハウスデザインチームの中心となったプロダクトデザインの巨匠“ディーター […]

NEW MODEL  

【ドイツ時計の世界が体感できる】“フォーチュン タイム ウオッチ コンシェルジュ”が阪急メンズ東京にオープン!

 1890年京都にて時計製造業として創業し、時代に先駆けて優れた生活文化を紹介し続けている会社“大沢商会”。  同社は、その時計事業においては、ヨーロッパを主体に海外のブランドウオッチの輸入販売からファッションブランドウ […]

INFORMATION  

【新たなノウハウをグループにもたらす】テンプス・アルテがドイツのウオッチメーカー“ストーヴァ”社を傘下に収める

ラング&ハイネや、ウーレン・ヴェルケ・ドレスデンなどを擁するテンプス・アルテグループの傘下に、ドイツの有名ウオッチメーカー“ストーヴァ”が新たに加わることがわかった。

TOPICS