• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > SPECIAL > 【世界で100本限定!】カジュアルな着こなしで格を上げるヴェンペのファッションミリタリー

【世界で100本限定!】カジュアルな着こなしで格を上げるヴェンペのファッションミリタリー

 

WEMPE

ヴェンペ

 
 ドイツの老舗宝飾店であり、長年培った経験と審美眼を生かしてオリジナルの時計ブランドも展開するヴェンペ。
 そのコレクションはクラシカルなデザインが中心となっており、老舗らしい品格のあるモデルが多くラインナップしているが、一方で近年はトレンドカラーを取り入れるなどファッション性も追求したモデルを投入し、ファン層を広げている。
 今回は高いファッション性を兼ね備え、カジュアルな着こなしに合う魅力的な2モデルを紹介したい。
 
 

Model 01
クロノメーターヴェルケ オートマティック アビエイターウオッチ リミテッドエディション


■Ref.WG090005。SS(41mm径、11.7mm厚)。3気圧防水。自動巻き(Cal.CW 4)。世界限定100本。79万2000円

 
 クラシカルなドレスウオッチを多く展開する一方、第2次世界大戦時にドイツ軍向けの軍用時計を製造し納入していたという実績をもつヴェンペでは、過去のアーカイブに範を得たアビエイターウオッチなども展開している。ここで取り上げるのは、その限定仕様として発表されたものだ。
 
 何が特別かいうと、まず“クロノメーターヴェルケ”コレクションとして展開された点である。このクロノメーターヴェルケとは、自社開発したムーヴメントを搭載し、ドイツクロノメーター規格を取得したヴェンペで最上位に位置付けられるコレクションだ。
 

2013年に完成したフルオリジナルの手巻きムーヴメントCal.CW 3の自動巻き版であるCW 4を搭載

 
 そしてもうひとつ、エイジング加工が施され、本物の軍用時計さながらの雰囲気を演出したケースも限定ならではの仕様だ。ダークブラウンの肉厚なカーフスキンベルトとの組み合わせもマッチしており、非常にカッコいい。
 

ケースは41mm径あるが、一方でフェイスがワントーンでまとめられているため実際のサイズよりも引き締まって見える

 
 

Model 02
ツァイトマイスター クロノグラフ セラミック カモフラージュ リミテッドエディション


■Ref.WM690018。CE(44mm径、16mm厚)。5気圧防水。自動巻き(Cal.7753)。世界限定100本。49万5000円

 
 続いて紹介するのは、カモフラージュ柄を文字盤とベルトに採用した、ヴェンペコレクションでも異色のリミテッドエディションだ。ベースモデルはツァイトマイスター クロノグラフで、スタイリッシュな意匠が特徴となった同モデルが、カモフラージュ柄を採用することでカジュアルな趣に一新された。
 
 またケースにブラックセラミックを採用した点もポイントだ。マットな質感で仕上げたセラミックケースは精悍な印象を与えており、大人にもふさわしい雰囲気に仕立てられている。
 

ケースバックにはグラスヒュッテの天文台が刻印されている

 
 カジュアルな着こなしにマッチするため、セカンドウオッチとして活躍してくれるだろう。
 
 なおこの2モデルはいずれも世界限定100本。日本への入荷本数は各1本のみとのことなので周りとも被らないという希少性も魅力のひとつとなっている。
 
 
文◎堀内大輔(編集部)
 
 

問い合わせ:シェルマン日本橋三越 TEL.03-6225-2134 http://www.shellman-online.jp

 

2020.12.25 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【ドイツ時計を深掘り】日本に再上陸を果たした “ボッチア チタニウム”の魅力を再考する!

 1991年に誕生したボッチア チタニウムは、数々のドイツ軍用時計を手がけた名門チュチマが立ち上げたアナザーブランドだ。ブランドの特徴は、すべての時計に不純物をほとんど含まない純度99.0~99.7%のチタニウム素材“ピ […]

TOPICS  

【ドイツ時計を深掘り】“ブラウン”その洗練された造形美にせまる!

 家電ブランドとして、世界的な知名度を誇るブラウン。家電や、時計に見られる洗練された造形美は、1955年に同ブランドのデザイナーに採用され、すぐにインハウスデザインチームの中心となったプロダクトデザインの巨匠“ディーター […]

NEW MODEL  

【ドイツ時計の世界が体感できる】“フォーチュン タイム ウオッチ コンシェルジュ”が阪急メンズ東京にオープン!

 1890年京都にて時計製造業として創業し、時代に先駆けて優れた生活文化を紹介し続けている会社“大沢商会”。  同社は、その時計事業においては、ヨーロッパを主体に海外のブランドウオッチの輸入販売からファッションブランドウ […]

INFORMATION  

【新たなノウハウをグループにもたらす】テンプス・アルテがドイツのウオッチメーカー“ストーヴァ”社を傘下に収める

ラング&ハイネや、ウーレン・ヴェルケ・ドレスデンなどを擁するテンプス・アルテグループの傘下に、ドイツの有名ウオッチメーカー“ストーヴァ”が新たに加わることがわかった。

TOPICS