• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > CAMPAIGN > 【自分だけの1本が手に入る】ノモス グラスヒュッテが6月2日よりカスタムオーダーフェアを実施!

【自分だけの1本が手に入る】ノモス グラスヒュッテが6月2日よりカスタムオーダーフェアを実施!

 

NOMOS GLASHÜTTE

ノモス・グラスヒュッテ

 
 ノモス グラスヒュッテは1990年、ドイツ時計の聖地とも呼ばれるグラスヒュッテで創業した。92年のファーストモデルの発表から、伝統的な機械式時計と高いデザイン性を融合したモノづくりで、数々のデザイン賞を受賞し、現在ではドイツを代表する時計メーカーのひとつとなっている。
 
 そんな同ブランドの2021年新作を含む魅力的なコレクションが展開される日本橋三越本店 本館6階 ウォッチギャラリーで、時計本体とベルトの組み合わせを選べる“カスタムオーダーフェア 2021”が6月2日(水)より開催される。
 

※写真は2021年3月に銀座三越新館4階 ウォッチ/プロモーションにて実施された同フェアの様子

 
 ノモス グラスヒュッテの時計の特徴に“薄い”デザインが挙げられる。スーツ着用時にはシャツの中に収まる点や、厚手のコートやダウンジャケットを羽織る際に時計が衣服に干渉しづらい点など、シーズン問わずに着用できる汎用性の高さも魅力だ。こうした普段使いに最適な時計だからこそ、ベルト選びにもこだわりたい。
 
 様々なデザインの時計に合わせて、メタルブレスレットやコードバン、ベロアレザーやナイロンベルトなど、多彩のベルトのなかから好みのものをセレクトできる同フェアで、ぜひお気に入りの1本を手に入れてもらいたい。
 

タンジェント ネオマティックにブレスレットを組み合わせたカスタマイズの一例。こうしたレギュラーモデルにはない組み合わせも楽しめる

 
 なお、期間中自分だけのカスタマイズができるだけでなく、購入の人には時計裏ブタへのイニシャル刻印の無料サービス、さらにノモスのオリジナルグッズがプレゼントされる。
 
 
<ノモス グラスヒュッテ>カスタムオーダーフェア2021
開催期間:2021年6月2日(水)~6月15日(火)
開催場所:日本橋三越本店 本館6階 ウォッチギャラリー
営業時間:10:00〜18:00(営業時間が変更となる場合がございます)
カスタムオーダー時計お渡し:1〜2カ月後(※時計のサイズによって選べるベルトが異なります。また国内に在庫がないモデルを希望の場合、お取り寄せに時間がかかることがあります)
URL:https://shellman-dearwatchlover.com
 
 
文◎堀内大輔(編集部)
 
 

問い合わせ:シェルマン日本橋三越本店 TEL.03-6225-2134 http://www.shellman-online.jp

 

2021.05.26 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【ドイツ時計を深掘り】日本に再上陸を果たした “ボッチア チタニウム”の魅力を再考する!

 1991年に誕生したボッチア チタニウムは、数々のドイツ軍用時計を手がけた名門チュチマが立ち上げたアナザーブランドだ。ブランドの特徴は、すべての時計に不純物をほとんど含まない純度99.0~99.7%のチタニウム素材“ピ […]

TOPICS  

【ドイツ時計を深掘り】“ブラウン”その洗練された造形美にせまる!

 家電ブランドとして、世界的な知名度を誇るブラウン。家電や、時計に見られる洗練された造形美は、1955年に同ブランドのデザイナーに採用され、すぐにインハウスデザインチームの中心となったプロダクトデザインの巨匠“ディーター […]

NEW MODEL  

【ドイツ時計の世界が体感できる】“フォーチュン タイム ウオッチ コンシェルジュ”が阪急メンズ東京にオープン!

 1890年京都にて時計製造業として創業し、時代に先駆けて優れた生活文化を紹介し続けている会社“大沢商会”。  同社は、その時計事業においては、ヨーロッパを主体に海外のブランドウオッチの輸入販売からファッションブランドウ […]

INFORMATION  

【新たなノウハウをグループにもたらす】テンプス・アルテがドイツのウオッチメーカー“ストーヴァ”社を傘下に収める

ラング&ハイネや、ウーレン・ヴェルケ・ドレスデンなどを擁するテンプス・アルテグループの傘下に、ドイツの有名ウオッチメーカー“ストーヴァ”が新たに加わることがわかった。

TOPICS