• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > SPECIAL > 【世界にひとつだけのアートな時計が手に入る】クドケがカスタムオーダーの受け付けを開始

【世界にひとつだけのアートな時計が手に入る】クドケがカスタムオーダーの受け付けを開始

KUDOKE

クドケ

 
 2007年にドイツ人のステファン・クドケ氏が、ドイツのフランクフルトで立ち上げた時計ブランド“クドケ”。現在はドイツ東部の古都ドレスデン近郊の街に工房を構えており、創業以来、手仕事にこだわった時計作りを続けている。しかもデザインからパーツの切り出し、組み立て、彫金など、すべての工程をほぼひとりで行っているというから驚きである。そのため生産量は年間70本程と限られるが、その出来栄えは美術工芸品と言える趣きだ。
 2018年には手作りで仕上げる自社製ムーヴメントの開発にも取り組み、19年に発表したデイナイト表示を搭載した“クドケ2”が、時計界のアカデミー賞と言われるジュネーブ時計グランプリ(GPHG)で部門賞を獲得。さらに21年には世界に30数名しかいない独立時計師協会(アカデミー)の正会員に選ばれるなど、今後の活躍がますます期待される時計師である。
 
 そんなクドケのコレクションには、スケルトン加工した時計に彫金を施した“クンストヴェルク(ドイツ語で芸術品の意味)”と、自社製ムーヴメントを搭載して手仕事にこだわった“ハンドヴェルク(ドイツ語で手工業の意味)”の2つがある。
 

クドケ1
アンスラサイトダイアルとシルバーの時分針が与えられ、シックな雰囲気を高めたクドケ1のニューバージョン。9時位置にレイアウトされたスモールセコンドや、往年の懐中時計を彷彿とさせるインフィニティーハンドなど、随所にクラシカルなディテールを盛り込んだ上品な意匠が魅力となっている。
■SS(39mm径)。5気圧防水。手巻き(Kaliber 1)。110万円

 
 このハンドヴェルクコレクションで、なんと、文字盤や針の色、ケースの素材や裏面のムーヴメントへの彫金の入れ方などを選べるカスタムオーダーの受け付けが開始された。これを記念して2022年1月19日(水)より、銀座三越6Fのシェルマンでフェアも開催される。

ムーヴメントの彫金オプションの一例。受けの一部を抜いたスケルトン仕様となっているほか、受け全面に繊細なエングレーブが施されている(追加料金66万円)

 

レギュラーモデルにはないサーモンピンクダイアル(追加料金16万5000円)への変更も可能だ。なお基本価格はクドケ1が110万円、クドケ2が132万円となる

 
 ハンドヴェルクコレクションでは、3針モデルの“クドケ1”(110万円)と、デイナイト表示を備えた“クドケ2”(132万円)が展開されている。カスタムオーダーに対応しているのは、この2モデルでケース素材(ローズゴールドもしくはホワイトゴールドが選択可能)と文字盤(サーモン)、さらにムーヴメントの装飾など好みで変更できる。クドケでは “個人のための時計こそが真のラグジュアリー”という理念を掲げており、まさにこれを体現したというわけだ。なおカスタムオーダーは、注文確定後に製作を開始するため、納品まで6カ月ほど要するとのことである。
 

サーモンダイアル(追加料金:16万5000円)
※クドケ1・クドケ2で対応。針は、シルバーポリッシュ、ブルースチール、ローズゴールドメッキの中から選択可能

 

ゴールドケース(追加料金:K18RG/クドケ1・121万円、クドケ2・132万円 K18WG/クドケ1・143万円、クドケ2・154万円)
※クドケ1・クドケ2で対応。価格は金価格に応じて変更の可能性あり

 

①ムーヴメントへのスケルトン加工(追加料金:27万5000円)

 

②ムーヴメント全面への彫金(追加料金:38万5000円)

 

③ ①+②コンビ加工(追加料金:66万円)

 

④テンプ受けへのイニシャル彫金(追加料金:6万6000円)

 
※ムーヴメントパーツに施す電気メッキの色も選択が可能(ホワイトロジウム、ブラックロジウム、イエローゴールド、ローズゴールド)
 
 この機会に、独立時計師による世界にひとつだけのアートな時計を手に入れてみてはいかがだろうか。
 
 
Independent Watchmaker “KUDOKE” Custom Order Fair
~Encounter between Art and Watchmaking~(アートと時計制作の出会い)
 
■期間:2022年1月19日(水)〜25日(火)
■場所:東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越6F インターナショナルコレクターズ/シェルマン
■問合せ番号: 03-6228-6911
 
 

シェルマンの創業50周年を記念したスペシャルモデルが登場


クドケ2 シェルマン50周年リミテッドエディション
■TI(39mm径)。5気圧防水。手巻き(Kaliber 1 in version 24H)。限定1本。159万5000円

 

 
 クドケに関連するトピックがひとつある。同ブランドの日本代理店でもあるシェルマンが創業50周年を迎えたことを記念し、特別なエングレーブが施されたモデルが製作されたのである。既存モデルでは外装にステンレススチールを用いるが、これがチタンに改められているほか、アイコンであるデイナイト表示にクドケ夫妻の顔をエングレーブ。限定1本のユニークピースだ。
 
 
文◎堀内大輔(編集部)
 
 

問い合わせ:シェルマン日本橋三越 TEL.03-6225-2134 https://shellman-dearwatchlover.com

 

2022.01.17 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

【ドイツ時計を深掘り】A・ランゲ&ゾーネの最新直営店がオープン!

 1845年、グラスヒュッテに時計産業を興したアドルフ・ランゲ。彼が興したA・ランゲ&ゾーネは、いまなおグラスヒュッテの市街地にあり、ドイツで最も優れた時計を作っている。しかしその歴史は必ずしも順風満帆とはいえな […]

INFORMATION  

【3万円台のシンプル時計】”リリエンタールベルリン“ミニマルデザインのソーラーウオッチが登場【ドイツ時計を深掘り】

 大胆で個性的かつトレンドを意識した、ユニークなデザインの時計を多数発表し、数々の賞を受賞しているドイツのウオッチメーカー“リリエンタール ベルリン”。  そんな同ブランドが、クラウドファンディングサイト“Makuake […]

NEW MODEL  

【芸術性と機能性の融合】“ノモス グラスヒュッテ”の最新スポーツモデル“アウトバーン・ディレクターズカット”の魅力に迫る!【ドイツ時計を深掘り】

 “ノモス グラスヒュッテ”は様々な時計ブランドが林立する、ドイツ時計の聖地とも言われるグラスヒュッテに本拠地を置くウオッチメゾンである。 東西ドイツ統一後の1990年、ローランド・シュベルトナーが創業したノモス グラス […]

NEW MODEL  

【ドイツ時計を深掘り】日本に再上陸を果たした “ボッチア チタニウム”の魅力を再考する!

 1991年に誕生したボッチア チタニウムは、数々のドイツ軍用時計を手がけた名門チュチマが立ち上げたアナザーブランドだ。ブランドの特徴は、すべての時計に不純物をほとんど含まない純度99.0~99.7%のチタニウム素材“ピ […]

TOPICS