• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > SPECIAL > 伝統の技法の妙

伝統の技法の妙

MORITZ GROSSMANN モリッツ・グロスマンのテンプ受けに施された優美な装飾

モリッツ・グロスマンのテンプ受けに施された優美な装飾。緩急針の先端が示す目盛りまでが彫金で仕上げられているのが特徴的だ

 
 

伝統の技法を駆使した

ハンドエングレーブの魅力


 

機能や堅牢さだけでは語れない
ドイツ時計の隠れた魅力

 

 ドイツ時計と聞くと、無骨で堅牢な軍用時計か、機能的でクレバーな印象のバウハウスデザインが頭に思い浮かぶかもしれないが、ドイツ時計には軍用時計やバウハウスなど近代に形作られた特徴とは異なる装飾的特徴が存在している。それがドイツ宝飾産業の伝統を継承する高度なハンドエングレービングの技術だ。
 
 もちろん、彫金はドイツ時計だけに見られる技法ではなく、スイスの時計ブランドにも採用されているが、その多くが特殊な旋盤を使うことで規則的な模様を盤面に彫り込むギョーシェ装飾。ハンドエングレーブによる装飾を採用することもあるが、その数はドイツ時計に比べると意外なほど少ない。
 
  そんなハンドエングレーブを時計製作に取り入れた代表的な例が、グラスヒュッテの時計ブランドに多く見られるムーヴメントの受け板やテンプ受けのフリーハンドで仕上げた装飾だ。
 
 グラスヒュッテでは、ゴールドシャトン、角穴車のサンバースト仕上げ、受け板のグラスヒュッテストライプなど、ムーヴメントの付加価値を高める伝統的な装飾がいつくもあるが、ハンドエングレーブによる装飾もそのひとつ。一説にはA・ランゲ&ゾーネの創業者であるフェルディナンド・アドルフ・ランゲの時代からのグラスヒュッテの伝統とされており、往時の懐中時計にも、一定のクラスのムーヴメントにはテンプ受けにエングレービングを施したモデルを確認することができる。
 
 現在も多くのグラスヒュッテブランドが高級機のムーヴメントにエングレービングを施しているが、この装飾は下書きをせずに仕上げることが多く、ひとつとして同じものがないのが特徴。彫金師ごとに独特のクセや特徴が反映されるまさに工芸品なのだ。手彫りならではの繊細かつ力強い質感が時計に工芸品的な美観と付加価値を加えている。
 
 耐久性を高めるために受け板でパーツを固定する4分の3プレートなど、基本的には機能を重視する構造を採用しつつ、機能を損なわない部分に技術を駆使した装飾を施す点も、職人の国らしい仕様といえるだろう。
 
 グラスヒュッテのブランドに見られるムーヴメントの装飾が伝統を受け継ぐエングレービングならば、その技法と美しさを突き詰めて独自に発展させたのがクドケに代表される文字盤にハンドエングレーブを施す手法だ。
 
 クドケは有名ブランドで複雑機構の開発に携わった経験を持つ時計師のステファン・クドケが2007年に創業した新興ブランド。独創的なスケルトンウオッチが特徴だが、特筆すべきなのがその製作スタイル。クドケでは、糸ノコを使って手作業でパーツを肉抜きしたスケルトンムーヴメントに、ハンドエングレービングで装飾を施しているのだ。
 
 そもそもハンドエングレービング自体が失敗の許されない高度な技術を要する技法だが、細く肉抜きされたパーツとなると、その難しさは格段に増してくる。わずかに縁を残しながら適度な深さで彫り込んだ装飾、面取りされたパーツなど、細部を見るほどに、手作業にこだわる職人気質の作りと、ハンドエングレーブの魅力に目を奪われるはずだ。(文◎船平卓馬)

 
 

ほかにもある作り手の個性を感じる彫金モデル

 

クドケ
セクタースケルトンダイアル ジャパンリミテッド

 
自作のスケッチに基づきマイクロスコープを使用しながら彫りこんだ文字盤と、ローズゴールドメッキプレートに5本のビュランを使い分けながら彫金を施したムーヴメント。クドケの真骨頂でもある二つの“彫り”が融合した力作。
■SS(42mm径)。5気圧防水。手巻き(Cal.ユニタス6498ベース)。102万6000円/問い合わせ:シェルマン  TEL.03-5568-1234
www.shellman-online.jp

シャウボーグ
ウニカトリウム ART1ハンドメイド

 
1998年に創業された独立系ブランド、シャウボーグの個性的なエングレーブモデル。肉抜きされた個性的なスケルトンデザイン、手の込んだエングレーブに加え、文字盤側をシルバー、裏側をゴールドに仕上げるツートーンのデザインが面白い。
■Ref.UNIKATORIUM-ART1。SS(42mm径)。手巻き(Cal.SW-07)。5気圧防水。41万400円/問い合わせ:ユーロパッション  TEL.03-5295-0411
www.europassion.co.jp/schaumburg

マイクロスコープでパーツを拡大しつつムーヴメントの受けの彫金を施すステファン・クドケ氏。木製の台にワックスを塗り、その上にパーツを固定して彫金を施す。彫金を施すパーツと指の大きさと比較すれば、いかに繊細な作業なのかが実感できる


 
 

MORITZ GROSSMANN モリッツ・グロスマン

芸術性を高める
手作業の精緻な仕上げ

MORITZ GROSSMANN
モリッツ・グロスマン
アトゥム・エナメル ジャパンリミテッド

 
代表コレクションのひとつであるアトゥムをベース、名窯ドンツェ・カドランに特別オーダーしたグランフー・エナメルダイアルを搭載した日本限定モデル。ローズゴールドケースの色味に合わせたクリーム・エナメルの文字盤は、銅板の上に釉薬を塗って高温で何度も焼成する古典的な技法で製作されたもの。その釉肌は独特の艶と色合いを備え、工芸品のような雰囲気を漂わせる。
■Ref.MG-000811。K18RG(41mm径)。3気圧防水。手巻き(自社製Cal.100.1)。日本限定7本。442万8000円/問い合わせ:モリッツ・グロスマン ブティック TEL.03-5615-8185 www.grossmann-uhren.com

シースルーバックからは、洋銀製3分の2プレートを採用した自社製手巻きムーヴメント、Cal.100.1が楽しめる。幅広のグラスヒュッテストライプ模様やポリッシュされたゴールドシャトンに加え、ハンドエングレービングされたブランド名も工芸品的な魅力を際立たせている

 

クドケ HR1-リング

彫金の魅力を凝縮した
独創的スケルトンウオッチ

KUDOKE
クドケ
HR1-リング

 
自社でローズゴールドのメッキを施したムーヴメント、美しいブルースチールの長短針の組み合わせが特徴のHR1をベースに、リング状のインデックスを組み合わせることで工芸品的美観と視認性を両立。糸鋸でパーツを抜いて成形し、マイクロスコープを使用しながら形の違う5本のビュラン(彫刻刀)、リューター(切削工具)を使い分けて彫金を施したムーヴメントは芸術作品と評してもさしつかえない存在感を漂わせている。
■SS(42mm径)。5気圧防水。手巻き(Cal.UNITAS6498ベース)。97万2000円/問い合わせ:シェルマン  TEL.03-5568-1234 www.shellman-online.jp

ビュランによる彫金とリューターによる研磨処理を組み合わせるのがクドケの特徴。繊細かつ力強い立体彫りによる装飾はもちろんだが、角の丁寧な面取りに加え、サイドにも研磨処理を施すことでスケルトンムーヴメントの質感が格段に高められている

2018.04.01 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

コスモポリタンに捧げるアニバーサリーコレクション第5作

A.ランゲ&ゾーネから、ランゲ1誕生25周年を祝うアニバーサリーモデルの第5作が発表された。ホワイトゴールドケースに収めブルースチール針を添えて、25本限定で製作されるランゲ1・タイムゾーンだ。

NEW MODEL  

A.ランゲ&ゾーネとヴェンペの事業提携25周年記念モデルが発表

A.ランゲ&ゾーネがヴェンペとの事業提携25周年を記念して特別モデルを発表した。この特別モデルの詳細ならびに両社の深い繋がりに関する公式リリースを以下に転載する。

NEW MODEL  

ユンハンス・話題の新作を見てきた!

以前、本サイトにて先行公開したマックス・ビル バイ ユンハンスのバウハウスアニバーサリーモデルのサンプルが日本に届いた、という連絡をいただいたので早速実機を拝見してきた。

NEW MODELNEW MODEL  

ジン バーゼルワールド2019発表モデル Part2

  SINN ジン    ジンのバーゼルワールド2019発表の新作のなかから、5月にローンチを控えるリミテッドモデルを紹介。     特別感あるカラーリングが 特徴となったリミテッ […]

NEW MODEL