• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > アイアンアニーが日本上陸

アイアンアニーが日本上陸

D-AQUI
D-AQUI ポインテック 30周年アニバーサリーモデル
■Ref.5902-2。SS(43㎜径)。5気圧防水。手巻き(Cal.ETA 6498)。世界限定300本。25万9200円(予価)

 

ポインテック社から第4のブランドがデビュー

 

 ユンカースやツェッペリンなど日本でも知られるドイツ時計を手がけているのが、ポインテック社だ。
 2018年は、同社が創業30周年を迎える節目の年であり、その記念としてハウスブランドとなる新ブランド、IRON ANNIE(アイアンアニー)がデビューした。ブランド名の由来は、ルフトハンザが所有するユンカース航空機のJu 52 D-AQUI(ダキ)。この愛称が“アイアンアニー”なのである。

 
ポインテック社のバーゼルワールドブース

ポインテック社のバーゼルワールドブース

 
 さて気になるそのラインナップだが、これまでのポインテック社製品同様、ドイツの航空機などがモチーフに、古典的なディテールを取り入れたデザインが特徴だ。
 ここで取り上げているのは、創業30周年を祝うアニバーサリーモデルにして、アイアンアニーのコレクションでトップにラインナップされる“D-AQUI ポインテック 30周年アニバーサリーモデル”。11時位置にパワーリザーブインジケーターを持つ、手巻きムーヴメントを採用する。ケースサイドのコインエッジ装飾や玉ねぎ型のリューズなど、古典的な雰囲気に仕上げられた、300本限定のモデルだ。
 

アイアンアニーの裏

裏ブタはシースルー仕様のスクリューバックでムーヴメントを見ることができるほか、裏ブタ外周には“LIMITED EDITION”の文字があしらわれている

 
 アイアンアニーは6月より日本でも順次取り扱いが開始されるので、ぜひチェックしてもらいたい。

 

問い合わせ:元蔵 TEL.03-3957-2827 http://www.motokura.co.jp/

2018.06.11 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

クドケ初の自社ムーヴメント搭載モデル“クドケ 1”が完成

クドケが2018年に完成させた初の自社ムーヴメント、カリバー1。このムーヴメントを搭載した新作“クドケ 1”がいよいよ発売される。

WHAT’S NEW  

マルコ・ラング氏が来日。国内の正規取り扱い店への巡業も

ノーブルスタイリングがラング&ハイネ(LANG & HEYNE)の取り扱いを開始してから、まもなく1年を迎えるにあたり、ラング&ハイネ総帥のマルコ・ラング氏が1年ぶりに来日し、取り扱い各店を巡回するトランクショーの開催が決定した。

TOPICS  

ドイツ時計の伝統と革新を探る<3/4プレート>

グラスヒュッテ時計の個性として知られる、通称3/4プレート。これはムーヴメントの4分の3を覆う、一体型の受けのことだ。ではなぜ、こういう形になったのか、疑問に感じたことはないだろうか。今回は、このグラスヒュッテ時計の象徴するディテールである、3/4プレートにスポットを当てる。

TOPICS  

ジンの注目作がいよいよ発売開始!

ジン2018年新作のハイライトである103.SA.B.Eが発売開始

WHAT’S NEW