• facebook
  • twitter
  • instagram
HOME > WHAT’S NEW > INFORMATION > 日本未上陸の傑作ドイツ時計<C.H.ヴォルフ>

日本未上陸の傑作ドイツ時計<C.H.ヴォルフ>

GENESIS CARPE DIEM

 
 

C.H. WOLF

C.H.ヴォルフ

 

グラスヒュッテメーカーでは珍しいスポーティデザイン


 
 ドイツ時計の一大産地であるグラスヒュッテ。ドレスデンの南部にある非常に小さな街だが、ここには大小様々な時計ブランドが密集している。C.H.ヴォルフもまた、この地に腰を据えるウオッチメーカーだ。
 
 C.H.ヴォルフの原点は1860年代まで遡る。創業当初は教会や学校に設置される大型クロックを製造していたが、時代の流れとともに腕時計作りへとシフトチェンジ。近年はモータースポーツからインスピレーションを得た、無骨なコレクションを展開している。シンプル、またはドレッシーなモデルが多いグラスヒュッテメーカーのなかでは特異な存在と言えよう。
 
 もちろん、厳格なグラスヒュッテ規格を満たした本格派であることも見逃せない。これは“グラスヒュッテ市内での作業がムーヴメント原価の50%以上であること”が絶対条件であり、品質の高さの裏付けにもなっているのだ。
 

Racematic Orange

Racematic Orange

疾走感のあるレーシーデザインが魅力の限定モデル。ブラックPVDを施したチタンケースやカーボン調の文字盤、大胆にパンチングされたレザーストラップなど、男らしいデザインが目を見張る。
■TI(ブラックPVD加工、45㎜径)。防水性不明。自動巻き(Cal.CHW 3916A)。限定50本。8,950ユーロ(日本円で約115万円)

Melkus Motorsport

Melkus Motorsport

スポーツカーメーカー“マルケス”の伝説的な名車“MELKUS RS 1000”へのオマージュモデル。ダッシュボードをモチーフにした判読性の高い文字盤が魅力で、クルマ好きにはたまらない仕上がりと言えよう。
■SS(45㎜径)。防水性不明。手巻き(Cal.CHW 306)。3,750ユーロ(日本円で約48万円)

 

本国サイト https://www.c-h-wolf.de/en/

 

2018.06.27 UPDATE

RECOMMENDED

 2008年に創業したモリッツ・グロスマン。ドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテにおいて、最も新しい時計メーカーでありながら、いまやドイツを代表する高級時計メーカーのひとつとして確固たる存在感を示している。

SPECIAL  

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネは、往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、徹底したハンドメイドにこだわっている。

SPECIAL  

ドイツ南西部に位置するシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方に興り、この地域の時計産業を牽引したユンハンス。同社への本社取材レポートをお届けする。

SPECIAL  

2016年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの新ベースムーヴメント、Cal.36。同社はこのムーヴメント開発にあたり、四つの原則を掲げたという。

SPECIAL  

LATEST ARTICLE

ランゲのスタッフが着けているモデルは?

今回は少し趣向を変えて、A.ランゲ&ゾーネの本社スタッフが実際に着用している時計を紹介。

TOPICS  

ノモスがバウハウス100周年の特別モデルを発表

来年2019年は、バウハウスの誕生100周年というアニバーサリーイヤーだ。これを記念し、ノモスからタンジェントをベースにしたバウハウス100周年のスペシャルエディションが発表された。

NEW MODEL  

独立系ドイツ時計、ステファン・クドケ氏のKaliber 1への想い

クドケと言えば、文字盤全面に繊細なエングレーブを施したスケルトンウオッチがコレクションの大半を占める、ドイツ時計メーカーのなかでもかなり個性的な独立系ブランドである。そんなクドケのオーナーであるステファン・クドケ氏が、去る8月24日に初来日を果たした。

NEW MODEL  

A.ランゲ&ゾーネがイギリスのクラシックカーイベントに初協賛

イギリスで年1回行われている“コンクール・オブ・エレガンス”というイベントをご存じだろうか。これは、希少な名車を愛する人々およびコレクターが世界中から集う、クラシックカーの一大イベントである。

TOPICS