• facebook
  • twitter
  • instagram
WHAT’S NEW

伝統と革新を追求するドイツの古豪チュチマ・グラスヒュッテのいま

古くからの時計ファンのなかには、ドイツの古豪、チュチマに対して“軍用時計メーカー”というイメージをもっている人は多いだろう。実際に第2次世界大戦時にフライバッククロノグラフの傑作キャリバー59を手がけたほか、1984年にはNATO空軍にRef.798が制式採用されるなど確かな実績があり、現在はこれらのDNAを受け継ぐ実用コレクションをラインナップの軸として展開している。

TOPICS  

国内3店舗目となるA.ランゲ&ゾーネのブティックが大阪・梅田にオープン

2020年2月5日、A.ランゲ&ゾーネの国内3店舗目となるブティックが大阪の阪急うめだ本店 6階ウォッチギャラリー内にオープンする。

INFORMATION  

ドイツ最強(!?)、衝撃・磁気・水に強い腕時計“DAMASKO(ダマスコ)”の実力を探る

金属加工会社を母体に、先進技術を取り入れた時計作りを展開するドイツ屈指の技術系時計ブランド、ダマスコ。まだまだ知名度は低いが、その強靭で実用性に優れた時計が目の肥えた時計好きから支持を集めている。今回はその実力を探っていこう。

TOPICS  

軍用も手がけたチュチマが20万円台のエントリーラインを投入

近年は自社製ムーヴメントの開発にも乗り出し、これを搭載したドレス系モデルが愛好家から高い評価を得るなど高級時計ブランドとしてのイメージを定着させているチュチマ・グラスヒュッテ。しかし、その根底にある時計作りに対する考え方はいまも昔も変わらない。実際、2018年末に同社のディター・デレケイトCEOが来日した際に行ったインタビューでも次のように語っている。

NEW MODEL  

SPECIAL

“モリッツ・グロスマン”が日本市場に思いを込めて投入した四つの限定モデルとは!

“モリッツ・グロスマン”といえば、2015年2月、文京区小石川の播磨坂(はりまざか)沿いの閑静な住宅街の一角に、いきなり世界初の直営第1号となるブティックを出店して大いに話題を呼んだドイツの高級時計ブランドである。

SPECIAL  

手作りながら80万円台! アカデミーも認めたドイツ人独立時計師“ステファン・クドケ”が生み出す、魅惑のスケルトンウオッチとは!

独立時計師のステファン・クドケ氏が展開するドイツの時計ブランド“クドケ(KUDOKE)”。2018年には自身初となる自社製手巻きムーヴメント、カリバー1を完成させ、それを搭載したクドケ1と、続く第2弾のクドケ2を19年に発表。同年にはこれら2モデルの創造性と技術力が高く評価され、独立時計師創作家協会(AHCI、通称アカデミー)から、準メンバーに選出された。

SPECIAL  

オールブラックの腕時計を世界で初めて作ったのはポルシェ・デザイン!?

ドイツの人気スポーツカーブランド、ポルシェ。その創業者にしてその代名詞でもあるクルマ“911”のデザイナーとしても知られるフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェが、1972年にドイツで立ち上げたのがポルシェ・デザインである。

SPECIAL  

洗練された雰囲気そのままに。WGケースを採用したハイエンドなクロノスコープ

無駄のないシンプルなデザインが魅力となった“ミニマルウオッチ”の筆頭に挙げられるのが、ドイツのユンハンスが展開する“マックス・ビル バイ ユンハンス”シリーズだろう。

SPECIAL  

BLOG

新潟発! あなたが知らないドイツ時計の普及に挑む!! 【23回】

こんにちは。新潟県でドイツ時計をメインに扱っている南雲時計店、店主の南雲達也です。

新潟発! あなたが知らないドイツ時計の普及に挑む!! 【22回】

こんにちは。新潟県でドイツ時計をメインに扱っている南雲時計店、店主の南雲達也です。