• facebook
  • twitter
  • instagram
WHAT’S NEW

日本橋三越本店のA.ランゲ&ゾーネ ショップが国内4番目のブティックに

東京・日本橋の三越本店の時計売場のA.LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)のコーナーが、9月1日(火)より、さらなる特別な体験やサービスを提供できる国内4番目のブティック店舗となった。

INFORMATION  

【いま時計界ではコレがトレンド!?】古豪チュチマも2020年モデルにグラデーション文字盤を次々投入!

伝統的なドイツ軍用時計のDNAを受け継ぐ実用モデルを軸に、多様なラインナップを展開するチュチマ・グラスヒュッテ。同社が2020年に投入した新作で、そのラインナップはより多彩でデザインに富んだものとなった。

TOPICS  

【希少な最新作を見れるチャンス!】A.ランゲ&ゾーネが新作巡回展示&塗り絵コンテストを開催中

4月25日に全世界でオンライン発表され、A.ランゲ&ゾーネ初のアクティブ・エレガンス ウオッチのさらなる1ページを切り開く話題作となったオデュッセウスのホワイトゴールドモデル。通常、店頭に並ぶことがない希少なこの最新作が日本国内のブティック3店舗で巡回展示される。

INFORMATION  

全11ブランドが一堂に揃う「ドイツ時計フェア2020」を、銀座三越 6階 GINZA ステージにて開催!

東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日。2020年はそれからちょうど30年目という節目の年を迎えるアニバーサリーイヤーだ。そこで銀座三越 6階 GINZA ステージでは、それを記念した催しとして「ドイツ時計フェア2020」を本日7月15日(水)~7月28日(火)までの14日間の日程で開催する。

INFORMATION  

SPECIAL

振り子式自動巻き機構をもつドイツ時計“ハマティック”、その2020最新作に施された“black-or”とは。

ドイツ・グラスヒュッテの高級時計ブランド“モリッツ・グロスマン“。同社初となる自動巻きモデル“ハマティック”について、その革新的なメカニズムを以前取り上げたが、今回2020年新作モデルとして、そのハマティックのブラック文字盤を備えたホワイトゴールド仕様が新たに発表されたので紹介したい。

SPECIAL  

【Watches & Wonders 上海 新作】A.ランゲ&ゾーネのアニバーサリーエディションが魅力的すぎる!

リシュモングルーブを中心に全11ブランドが出展する展示会“Watches & Wonders”が、本日9日より上海でスタートした。この展示会で多くのブランドが新たな2020年モデルを披露しているが、なかでも筆者が気になったのはA.ランゲ&ゾーネから発表された“F. A.ランゲへのオマージュ”である。

SPECIAL  

【実機レビュー】これが自動巻き? なんと振り子式を採用した革新的機構、その驚きの仕組みとは!?

2008年にドイツ・グラスヒュッテに設立したモリッツ・グロスマン。手作りされた美しい手巻きムーヴメントで愛好家に知られるが、同社初にして、一般的なローターの回転式ではなく振り子式の自動巻き機構を採用するかなり独創性に富んだキャリバー106.0を開発。それを搭載するハマティックのデリバリーが本格的に開始されたということで、今回あらためて実機を見させていただいた。

SPECIAL  

【最速実機レビュー】ヴェンペの新コレクション“アイアンウォーカー”はなかなかいいぞ!

ヴェンぺ(WEMPE)というブランドをご存じだろうか。140年以上もの歴史をもつ、ヨーロッパやアメリカでは特に有名なドイツの老舗高級宝飾店である。

SPECIAL  

BLOG

新潟発! あなたが知らないドイツ時計の普及に挑む!! 【27回】

こんにちは。新潟県でドイツ時計をメインに扱っている南雲時計店、店主の南雲達也です。

ドイツ時計 実機でインプレッション【9回】|ジン 158

往年の名機をオマージュしたモデルがジンから限定リリースされたので紹介しよう。