• facebook
  • twitter
  • instagram
WHAT’S NEW

ノモスが新作アウトバーンの発売記念して7月21日(土)よりフェアを開催

バーゼルワールド2018でノモスが発表した新作のなかでも話題を集めたのが、著名なプロダクトデザイナーとのコラボレーションで生まれたアウトバーンだ。7月21日(土)より本作の発売を記念したフェアが開催される。

CAMPAIGN  

A.ランゲ&ゾーネのトゥールビヨンモデルに特別エディションが登場

ドイツ時計の最高峰と称されるランゲ&ゾーネのコレクションのなかでも目を引くのが、特許技術によって秒単位の正確さで時刻合わせができるトゥールビヨンモデル“1815トゥールビヨン”だ。2018年7月、この1815トゥールビヨンに特別エディションが発表された。

NEW MODEL  

ドイツ時計の魅力を再考する<ストーヴァ>

ストーヴァから2015年に発表された新しいコレクション“ラナ”は、世界的な工業デザイナーであるハルトムット・エスリンガー氏とヨルク・シャウアー氏との出会いによって生まれた。

TOPICS  

ドイツ時計の魅力を再考する<ミューレ グラスヒュッテ>

もともとは精密計測機器の製造メーカーに端を発するミューレ グラスヒュッテ。“時計はあくまで計測器である”という基本コンセプトのもと行われる、ドイツ時計らしい質実剛健な作りは、2014年に発表されたM29 クラシック クライネセクンデにも継承されている。

TOPICS  

SPECIAL

外装クオリティに見る、ヴェンペのこだわり

前回の記事では、ヴェンペのコレクションのひとつツァイトマイスターに搭載される、ムーヴメントの品質に対するこだわりについて、主に書かせていただいた。今回は、同コレクションの外装面のクオリティについて触れてみたい。

SPECIAL  

生粋のドイツ時計 モリッツ・グロスマン物語 第3回 「手作業で行われる時計製造の拠点」

ドイツ時計メーカー、モリッツ・グロスマンにスポットを当てた「モリッツ・グロスマン物語」。第3回目は、素晴らしい時計が生み出される、手作りの製造現場を見ていきたい。

SPECIAL  

ランゲ最上級モデルに搭載されるチェーンフュジー機構

A.ランゲ&ゾーネのコレクションのなかでも、複雑な機構と高い精度を備えた最上級モデルだけに与えられている称号が“プール・ル・メリット(Pour le Mérite)”だ。この最上級モデルに、唯一共通して採用されている機構がある。それが、チェーンフュジー(鎖引き)と呼ばれる機構だ。

SPECIAL  

独立時計師“マルコ・ラング” のウオッチメイキング②

前回は、独立時計師“マルコ・ラング”の人物像に迫った。今回は、彼が貫く “ザクセン時計芸術”とはいったいどのようなものなのかについて掘り下げたい。

SPECIAL  

BLOG

ドイツ時計 実機でインプレッション【2回】

GERMAN WATCH.jp編集長によるブログ「ドイツ時計 実機でインプレッション」。2回目の今回は、質実剛健の4文字熟語がピッタリなジンにしては、ちょっと趣が違い柔らかな印象の新作、910.SRSを取り上げたい。

ドイツ時計 実機でインプレッション【1回】

新作だけに限らず現行の定番モデルなども含めて、ちょっと気になる時計について、今後は少しずつインプレッションさせていただこうと思う。その1回目は、入荷が始まったハンハルトの新作、パイオニア ワンについて。